ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!The World's End

●「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! The World's End」
2013 イギリス Universal Pictures,Working Title Films.109min.
監督:エドガー・ライト  脚本:サイモン・ペッグ、エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、パディ・コンシダイン、マーティン・フリーマン、エディ・マーサン、  
    ロザムンド・パイク、ピアース・ブロスナン他
e0040938_12274883.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
この映画については私の★はあまり信用しないで。なぜなら本作は指向性の極めて
強い映画で、作っている人、出ている人をよく知っていて、このようなテイストを好む映画ファンに
取ってはとても面白いことでしょう。サイモン・ペッグとニック・フロストの「宇宙人ポール」は
私にもよく分かり、面白く笑えたのだが、今回は、「え!?何これ?」という「分からない感」が
先行してしまった。 まあ、大人がバカやっている映画を、分かっていて作っているのだから
画面から漂う「おバカ感」を味わえばいいのであるが、宇宙人が登場したあたりから、どうも
ついていけなくなってしまった。どうしても、12軒のパブを回ってビールを飲むという、そこから
して「おバカ」な目的のため、宇宙人に体を奪われてしまった街の人と戦うはめになるという、
なんともシュールで、形而上的な表現が展開されれる。一件「おバカ」に見えていて、実は
「深い」映画なのかもしれない。ただ私にはその感想には至らなかった。単なるおバカ映画、
としか・・・。どこかイギリスの「おバカ」な匂いはしましたけど。

でも、観ちゃったんだよね、最後まで。ラストカットの意味合いも考えてみたのだけれど、
よく分からなかった。深刻に意味を求めるのは馬鹿げていると思ったので、考えてみる
のは止めたけど。 5人の叔父さんになった男ども、それと紅一点のサムも、宇宙人と
戦うときはやたらと格闘が強いんだよなあ。「アヴェンジャーズ」みたいだよ。

映画「ゴーン・ガール」でオスカーのミニーになったロズムンド・パイクの存在が、この映画を
締めている感じがした。

監督と主演級二人の作品を好む人は、面白いのじゃないでしょうか?
e0040938_1228534.jpg

<ストーリー>
“1晩に5人で12軒のハシゴ酒”に挑戦するアラフォーの酔っぱらいたちが、街を操る何者かと
戦いを繰り広げるSFコメディ。監督・脚本は、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
エドガー・ライト。
出演は、共同脚本も務める「スター・トレック」のサイモン・ペッグ、「宇宙人ポール」のニック・フロスト。

20年前の学生時代、一晩で12軒のパブをめぐる“ゴールデン・マイル”を成し遂げられなかった
ゲイリー(サイモン・ペッグ)は、リベンジするため当時の仲間アンディ(ニック・フロスト)ら4人を
集め、イギリス郊外の街ニュー・ヘイヴンに舞い戻ってくる。
やがて街の様子がおかしいことに気づくが、実は街の人々は何者かによって操られていたのだ。
自由を取り戻すため、そして世界を救うため、12軒目のパブ“ワールズ・エンド(世界の終わり)”を
目指して、酔っぱらいたちのどうしようもない戦いが幕を開ける……。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/22970431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-04-19 23:20 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)