ケープタウン Zulu

●「ケープタウン Zulu」
2013 フランス・南アフリカ Eskwad,Pathé and more.107min.
監督・(共同)脚本:ジェローム・サル
出演:オーランド・ブルーム、フォレスト・ウィテカー、コンラッド・ケンプ、ジョエル・カイエンベ他

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
真面目な刑事とダメなんだけど切れる刑事のバディものはこれまでもたくさんあったと
思うのだが、本作もそれらと同じような雰囲気かな、と主演二人に興味があって
観始めた。原題のZuluとは、主人公の一人、アリ(ウィテカー)の出身部族ズールーの
名前。未だに人種差別の色合いが残る南アフリカで、ズールー族出身の警部
アリと、女好きな上だらしないものの、切れる刑事ブライアン(ブルーム)がコンビを
組んで、子供を実験台にする新種の麻薬と見せかけた製薬会社の新薬実験の闇を
解明するアクションサスペンス。

悪が二段重ねになっていて、麻薬取引のボスと子分たち、そしてその背後にいる
黒人だけ抹殺する薬を結球していた博士と製薬会社。

映画は、アリが少年の頃、アパルトヘイトがちがちの南アで、アリの父が「タイヤネックレス」
(体にタイヤをはめられて火を放たれる)というリンチで目の前で殺され、アリも
警察犬に追いかけられて、ちんちんに噛み付かれ、男性機能がダメになってしまう、という
衝撃のシーンから始まる。

そして現代に移り、公園で有名な元ラグビー選手の娘の惨殺体が発見されるところから物語が
始まる。娘の遺体から未知の麻薬の成分が発見されたことから、二人の刑事は、ヤクの売人を
追う。二人にはダンという奥さんがガンの刑事も加わる。
やがて、一人の黒人の男が容疑者として浮上、彼を追ううちに、浜辺に使われていない
建物を見つける・・・次第に一味を追い詰めていく二人。

ズールー族の警部、アリは、捜査に協力する母親まで巻き込まれて惨殺されるにおよび、
過去の父のこと、自分の体のこと、そして母まで、と、温厚なアリもついに切れる。
ショットガンを持って、黒幕と判明した博士の元へと赴く。
飛行機でやってきたアリに対して、その身を案じたブライアンはクルマで追いつく。
(え?飛行機で来るようなところにクルマで来ちゃうわけ?とは感じたけど)

ブライアンは、復讐に燃えるアリに対し、それはやっちゃだめだ、と止めるが、アリは
ブライアンを殴り、一人で敵陣に乗り込む。ショットガンをぶっ放しながら、博士を
追い詰める。ブライアンも助けに入る。一人砂漠に逃げた博士を追うアリ。銃で撃たれた
傷がある。しかし、ついに博士を捕らえ、殴り殺してしまう。
ブライアンがヘリから探すと、そこには息絶えたアリの姿があった・・・。

割と地味な感じだけど、重さを持ったいい感じで、暴力シーンは手首がちょん切られたり
死体の映像がリアルだったり、結構衝撃的ではあるが、南アフリカを舞台にしたなかなか
よく出来たバディものだと感じた。しかしながら、背後に居た博士が研究していた医薬品が
ちょっと先端すぎて、泥臭さが少し失われたかな、という気がした。それと一緒に捜査する
内勤警官のジャネットのPC力が半端ないのが、ちょっとな、というところもあった。

出演者はウィテカーもブルームも良かったですよ。すぐ切れるブルームが最後にアリを
諌めるところは、なんだかな、の感じもしたのですけどね。

<ストーリー>
南アフリカで繰り広げられる非情な犯罪組織と刑事たちの緊迫の攻防を、「ロード・オブ・
ザ・リング」シリーズのオーランド・ブルーム主演で描くサスペンス・アクション。
共演は「ラストキング・オブ・スコットランド」「大統領の執事の涙」のフォレスト・ウィテカー。
監督は「アントニー・ジマー」「ラルゴ・ウィンチ」のジェローム・サル。
 
 南アフリカのケープタウン。ある日、元人気ラグビー選手の娘ニコールの惨殺死体が
発見される。捜査の指揮に当たるのはズールー族出身の刑事アリ・ソケーラ。
彼が率いる捜査チームには、私生活に問題を抱えた白人刑事ブライアン・エプキンがいた。
酒と女に溺れ、妻にも見捨てられた彼だったが、刑事としてはアリがもっとも信頼を置く部下
だった。やがて捜査を進める2人の前には、最新の銃器で武装した凶暴なギャングが立ち
はだかる。
さらに、事件の背後に潜む麻薬を巡る想像を絶する深い闇が次第に明らかとなってくるが…。
(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/23414050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-07-11 23:10 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)