キングスマン Kingsman:The Secret service

●「キングスマン kingsman:The Secret Service」
2014 イギリス Twentieth Century Fox,Marv Films,Cloudy Productions.129min.
監督:マシュー・ボーン  原作:マーク・ミラー「キングスマン:ザ・シークレット・サービス」
出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、サミュエル・L・ジャクソン、ソフィア・デブラ他
e0040938_11154973.jpg

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
率直に面白かった。相当に「え~!そんなことが・・」な作りだが、イギリスっぽくて好きだ。
乾燥しているけど暴力表現は過激なので日本ではR15+に指定されている。
善人側も悪人側もやることが「加減無く、容赦もない」痛快感がある。アクションはキレッキレで
スピードに溢れ気持ちがいい。(悪趣味なシーンもあるけど)
ストーリーは単純、アクションは痛快。勧善懲悪と、古き良きスパイ映画の王道を今日的に
映像化した。しかし、最近の007やM:Iのように過激なカーアクションやVFXばりばりの特撮が
あるわけではなく、どこか終始人間臭いのが逆に感じが良い。異色のスパイ映画として
お勧め出来る作品である。エンドで配役の字幕が出てすぐに席を立つと、肝心のオチを観ない
ことになってしまうのでご注意です。

ダブル主人公と言って良い構造なんだろう。コリン・ファースのスパイ?こりゃミスキャストじゃ
ないか?と思ったけれど、意外やイギリス紳士としての立ち振舞が要求されるエージェントには
ピッタリだった。で、コリンが後半割りと呆気無くストーリーから消え、その代わりに出てくるのが
エージェントとして育てられてきたタロン・エガートン(新人)演じるエグジーだ。彼も、どこか
ボンボン顔でスパイの厳しさがある顔つきじゃないけど、これもまた逆にいい味が出ていた。
彼らをマイケル・ケインやサミュエル・L・ジャクソンらの芸達者が脇を固める。膝から下がバネで
先っぽがナイフになっている武芸達者なサミュエルの女アシスタント(用心棒)の存在も
スパイ映画には欠かせない存在。

理論や構造を説明しないエージェントの武器も楽しい。イギリス紳士必携の傘に仕込まれた
銃や広げると防弾幕になる仕掛け。ダンヒル風のライターの手榴弾、トップハットに隠された
無線マイクなどなど。冗談とシリアスの融合が上手く行っているなと感じた次第だ。
「キック・アス」のマシュー・ボーンらしくテンポも良く、2時間を超える映画だが時間を感じさせない
メリハリもある。 

キングスマンとはロンドンはサビルローにある紳士服店の名前だが、それは表の姿、実は
プライベートな情報機関「キングスマン」の本部基地なのだ。そこを舞台に、人類が増えすぎたのが
今の地球の困難の原因だから、人を減らすのが一番という一見納得の理論を振りかざし
人類同士を争わせる信号を出す携帯のSIMカードを開発、無料で配布したヴァレンタインという
IT長者と、キングスマンの戦いを描く。
e0040938_11164581.jpg

<ストーリー>
「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーが再びタッグを組み、
「英国王のスピーチ」の名優コリン・ファースを主演に迎えて贈る痛快バイオレンス・スパイ・
アクション。
どこの国にも属さない世界最強の諜報機関の紳士スパイが、労働者階級の不良青年を
スカウトして一流スパイに育て上げていくさまと、彼らが世界を混乱に陥れる巨大な陰謀に
立ち向かっていく姿を、過激なバイオレンス描写を織り交ぜつつ、ユーモラスかつ
スタイリッシュなアクション満載に描き出す。
共演は新人のタロン・エガートンのほか、マイケル・ケイン、サミュエル・L・ジャクソン、
マーク・ストロング。

 高級テーラー“キングスマン”で仕立て職人として働く英国紳士のハリー。その正体は、
どの国家にも縛られることなく秘密裏に正義を遂行する国際的なスパイ組織“キングスマン”の
エース・エージェント。
ある日、エージェントの一人が何者かに殺害され、その欠員を補充するためハリーは、
貧困地区で無軌道な生活を送っていた若者エグジーをスカウトする。彼の父はキングスマンの
エージェントで、17年前、その犠牲的行為でチームを救い、命を落としたハリーの恩人だった
のだ。
こうしてエグジーは、父の後を継ぐべくキングスマンの過酷な新人試験に身を投じていく。
一方ハリーは、天才IT富豪のリッチモンド・ヴァレンタインが水面下で進めていた恐るべき
陰謀の謎を追っていくが…。」(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。

※2016年(平成28年)7月4日 再見(@WOWOW録画)
上記の感想は外れていない。全く面白い映画だ。シネコンで観てからまだ1年経過していないが
WOWOWで放映されたので、もう一度観てみた次第。やっぱり面白い映画はいつ観ても
面白い。特に活劇は。先が分かっていても。ジェームズ・ボンドシリーズもそうなんだよね。
3度めもあるかも知れない。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/23673105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-09-13 12:30 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)