ディス/コネクト Disconnect

●「ディス/コネクト Disconnect」
2012 アメリカ LD Entertainment,Liddell Entertainment,and more.115min.
監督:ヘンリー=アレックス・レビン
出演:ジェイソン・ベイトマン、ホープ・デイヴィス、フランク・グリロ、アンドレア・ライズボロー他
e0040938_1128222.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
WOWOWでの鑑賞。地味めなスタッフ、キャスト、ストーリーサマリーを読んでもピンと
来なかったので見送っていたところ、奥様が面白かったから観たら、と薦めてくれたので
鑑賞に及んだ次第。

本国での評価も高く、アルトマンばりの群像劇が面白かった。PCとネットに支配された
生活から派生するトラブルを通してリアルな人間関係を見つめなおす、といった塩梅の
ストーリーだ。
弁護士と音楽オタクの息子、その息子をFBを使ってからかい自殺未遂に追い込む
二人の同級生。その片割れのサイバー犯罪担当の元警官だった父親。
幼い子を失い、妊活もままならずお互いの心が冷え込む元海兵隊の夫と、チャットに
救いを求める妻。性犯罪を取材する女性テレビリポーターと、取材対象となる18歳の
男の子。主に3つの物語が同時に進行し、繋がるところが繋がって一つに物語となり
大団円を迎える。

それぞれのストーリーにPCやSNS、匿名のチャット、ハッキング、またスマホ依存、
など現代社会のサイバー依存の闇が描かれていく。偽名をかたったFBで、裸の
写真をばら撒かれ自殺未遂を引き起こす、チャットをしているうちにPCを乗っ取られ
銀行口座が空になる、ポルノサイトのチャットに絡む性犯罪をリポートしようとする
女性テレビ記者と匿名取材の対象となる男の子のやりとり、などなどすべてサイバー
空間から引き起こされる事件が、やがてリアルな対面となり、現実的、人間的な
解決を迫られていくさまが、テンポよく描かれていく。よく出来た脚本だと思う。
自らの生活に照らしあわせて、自分も危ないなあ、と思う人も多いのではないか。

大団円では、人間的絆の中で、現実的な解決により、サイバーなトラブルから抜け出て
いくことになる。必ずしもハッピーエンドではないところが軽さを抑えた感じになっていて
良かったと思う。明るい映画ではないが、実生活に照らしあわせてシンパシーを
感じる作品といえる。
e0040938_11281953.jpg

<ストーリー>
「日常生活におけるネットやスマホへの依存が強まる中、もっとも身近な家族ですら互いに
何も分からなくなってしまった現代社会のコミュニケーション不全が招く悲劇をスリリングに
描き出した群像ドラマ。
出演はジェイソン・ベイトマン、ホープ・デイヴィス、ポーラ・パットンほか。
監督はアカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた「マーダーボール」で注目され、
本作が劇映画デビューとなるヘンリー=アレックス・ルビン。

 同級生のイタズラとは知らずに、SNSで知り合った女性相手に自分のはずかしい画像を
送ったばかりに、その画像をネット上にばらまかれてしまった内気な少年ベン。彼はショックの
あまり自殺未遂をして意識不明に。
その父親で仕事中毒の弁護士リッチは、自殺の原因を突き止めるべく調査に乗り出す。

一方、加害少年の父親で元刑事のマイクは、ネット専門の探偵をしていた。彼のもとには
ネットでカード詐欺に遭ったハル夫妻から捜査の依頼が持ち込まれる。妻がチャットにはまり、
知らぬ間に個人情報を盗まれていたのだ。

さらに、リッチが顧問弁護士をするローカルTV局の女性レポーター、ニーナは、違法ポルノ
サイトの取材に成功し、全国ネットでも放送され注目を集めるが…。」(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2015-09-14 22:55 | 洋画=た行 | Comments(0)