カリフォルニア・ダウン  San Andreas

●「カリフォルニア・ダウン San Andreas」
2015 アメリカ Warner Bros.,Village Roadshow Pictures,New Line Cinema 114min.
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドゥエイン・ジョンソン、カーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ヨアン・グリフィズ他
e0040938_16142428.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
VFXの出来を確認すべく、シネコンに行きました。連休中で小さい小屋にも関わらず
空いていた。VFXに金を回したので脚本や配役に金が回らなかったのだろうか、B級チックな
キャスティング(学者のポール・ジアマッティは安定していて良かったけど)と、
これもB級な脚本、ストーリーでお話的にはチープな作品だったのですが、
VFXはお見事でした。ロサンゼルスとサンフランシスコを大地震と津波で壊すわ壊すわ。

3D上映もしていたのですが、日に1度、しかも夕方しかやっていないので、2Dで鑑賞。
しかし、これみよがしの3D向け画像に、ちょっと失敗したなか、と感じてしまいました。
割引でも2200円を払うストーリーではなかったので、まあいいかな。

巨大地震と巨大津波が破壊しつくすのは主にサンフランシスコなのですが、当地に住んで
いらっしゃる方は嫌だろうなあ。ものすごくリアルなので。もちろん現存するビルなんかも
ガンガン倒壊するし、津波でひっくり返ったタンカーが波の勢いでゴールデンゲートブリッジを
破断するし、SFジャイアンツの球場、AT&Tボールパークも崩れちゃうし。観ている方は
息つく暇もなく、これでもか、これでもか、と脅かされます。しんどいですなあ。

物語はまああります、というくらいに考えてみた方が頭に来なくて済むのでは?主役の
ドウェイン・ジョンソンはスーパーマンでかっこいいし、家族はみんな助かるし、ご都合主義と
いうそしりはあえて分かっていて、主役の巨大地震や津波が引き立つようにしたのかもね。
だって、主人公のLA消防局の救難救助隊ヘリのレイ・ゲインズ(ジョンソン)たら、家族しか
助けないんだもの。しかも、ヘリでLAからSFまで飛んじゃうし、途中でヘリが墜落しちゃうし、
ベイエリアでは飛んできた固定翼の飛行機をオートパイロットにして元妻とふたりでダイビング
して球場に飛び降りちゃうし、おいおい、人のいなくなった飛行機は何処に墜落するんだよ!と
思わず突っ込みもいれたくなるというものです。

個人的には大好きな街、サンフランシスコの知っている映像がふんだんに出てくるのは
嬉しいのですが、それらが無残になってしまうのは悲しい。東京だって同じことが起きるわけで
備えあれば憂いなしなのだけど。
VFXは細かいところまできっちりと出来ていて、ビルの崩壊とか、津波の描写、ヘリの墜落、
金門橋の破断などなどリアルで驚きました。さすがは制作費1億1000万ドル!
大筋はB級なのですが、脅かすためのシーンは細かいところで凝っていて、駐車場の崩落や
フーバーダムの崩壊に地震研究者が巻き込まれるところ、建築中のビルが津波に襲われる
ところとかは迫力満点で力が入ります。

まあ、肩肘張らずに驚きのVFXを堪能し、地震に対する備えを再認識する機会となれば
よろしいでしょう。原題の”サン・アンドレアス"は、カリフォルニア州を南北に縦断する断層帯の
名称で、これが大地震を引き起こします。過去にも大地震を引き起こしています。
これではなんだか分からないので邦題を付けるについて日本の配給会社は苦労したのでしょうね。
でもどうせ何だか分からないのなら「サンアンドレアス」でも良かったかもね。
e0040938_16144545.jpg

<ストーリー>
 「ワイルド・スピード SKY MISSION」のドウェイン・ジョンソン扮する救難ヘリ・パイロットが、
巨大地震に見舞われたカリフォルニアで人命救助に奔走するディザスター・ムービー。
共演はカーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ジアマッティ。
監督は「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」のブラッド・ペイトン。

 ロサンジェルスの消防局で救難ヘリのパイロットとして活躍するレイ・ゲインズ。仕事に
追われるあまり家族を顧みず、いまや妻エマとの関係はすっかり冷え切ってしまっていた。
そんなある日、ネバダ州で大地震が発生、レイも救助活動へと向かう。ところが今度は、
カリフォルニア州を縦断する巨大なサンアンドレアス断層が動き、巨大地震が一帯を襲う。

ちょうどLA上空を飛行中だったレイは、高層ビルに取り残されたエマを電話で屋上へと
誘導し、間一髪で助け出す。さらに、最愛の娘ブレイクを救出するため、サンフランシスコへと
急行するレイだったが…。」(allcinema)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/23707221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-09-21 11:40 | 洋画=か行 | Trackback | Comments(0)