フランキーとアリス Frankie & Alice

●「フランキーとアリス Frankie & Alice」
2010 カナダ Access Motion Pictures,Reality Pictures In Motion and more.101min.
監督:ジェフリー・サックス
出演:ハリー・ベリー、ステラン・スカルスガルド、フィリシア・ラシャド、チャンドラ・ウィルソン他
e0040938_14122247.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
ハリー・ベリーが製作総指揮の一角に加わり、カナダで作り上げた実話に基づく話。
タイトルだけでは何か分からないが、DVDに付けられたサブタイトル「多重人格ストリッパー」
という言葉は身も蓋もないし、映画の面白さを削ぐ、と感じた。ネタバレだし。

映画の冒頭に「実話に基づく」とクレジットされるが、観ているうちにそんなことは忘れて
いた。まさに「事実は小説より奇なり」だ。脚色されているとはいえ、内容は驚異であった。
ひところこの「多重人格」ものは流行したので、ネタがバレると新鮮味という点では割引き
かもしれないけど。ハリー・ベリー、それこそ体当たりの演技だったけど、映画全体としては
IMDbの6,5というのは妥当だな、と感じた。標準的な仕上がり、といえよう。つまり見て
損はない作品だろう。

構成として、多重人格になる切っ掛けとなった過去の事故の映像が示され伏線とされ、
ストリッパーとしての主人公に切り替わる。フランキーと呼ばれる彼女が、男としけ込む時、
卒倒し、別人格が現れ、傷害を加えてしまい、警察➤病院へ、という手順。
そこで研究医オズ(スカルスガルド)との出会いがある。彼は臨床医ではないので、最初
警察から回されたヤク中みたいなストリッパーを診るのを嫌がったが、次第にフランキーに
興味を持ち、多重人格と診断し、どうしたら人格統合できるか、悩むのだった。
その過程が、冒頭の映像の伏線回収として提示され、「彼女の過去に一体何があったのか」を
追うのだ。

オズの診断によれば、フランキー、「天才」「白人の人種差別者アリス」と3人が同居して
いるらしい。次第に「アリス」の占める割合が大きくなりオズは危機感を抱く。そうこうして
いるうちに病院の精神科主任医師が主治医の断りもなくフランキーを退院させてしまう。
オズはフランキーの行方を追う。その過程で、「ピートさん」という男性は誰か、また
彼女の過去に禁じられた白人との恋愛と祝福されない出産があったことが明らかと
なってくる。フランキーがアリスと会ってみたいというので、当時は珍しかっただろう、ビデオ
の前で、催眠をかけ、アリスを出現させる。後でそれを観たフランキーも自分がなぜ
多重人格になっているのかが次第に分かって来て、フラッシュバックで現れる光景にも
意味が付いていることが明らかとなるのだ。また「アリス」という名前は誰の名前だったのか
も明らかとなる。その過程の映像化が一番の見どころだろう。冒頭から物語が動き出す
までが少し「かったるい」かな。

音楽も少女時代のフィフティーズから成人してからの70年代ポップスと、カーラジオから
流れる音楽、またオズ医師が追求する精神科領域でのジャズの効能なども上手く
使われていて興味深かった。
e0040938_14124418.jpg

<ストーリー>
自分の中に別人格を持つ解離性同一性障害に苦しむ女性の実話を基に「チョコレート」の
ハル・ベリーが自らプロデューサーを務め主演するヒューマンドラマ。
監督は「アレックス・ライダー」のジェフリー・サックス。共演は「エクソシスト ビギニング」の
ステラン・スカルスガルド、『スティール・マグノリア』のフィリシア・ラシャド。

1970年代初期のアメリカ。他のダンサーたちにとって憧れの存在、No.1ストリッパーの
黒人女性フランキー(ハル・ベリー)はある日、いつものように仲間たちと夜遊びに繰り出し、
そこで出会った男性と一夜限りの関係をかわそうとしていた。
しかし彼女のキャラクターが急変し、男性に怪我を負わせて家を飛び出してしまう。

錯乱状態のまま警察に保護されたフランキーは、その言動の異常さから病院へ移送。
誰もがドラッグのせいだと思っていた中、サイコセラピストのオズ(ステラン・スカルスガルド)
だけが彼女に興味を持ち、オズの研究としてフランキーは本格的な診察を受けることになる。

やがて、オズによってフランキーの驚愕の病が明らかになった。彼女の中には、アリスという
人種差別主義の白人女性の人格が存在していたのだ。フランキーが記憶をなくすたびアリスは
事件を起こし、その間の記憶はない。日に日にアリスは力を増していき、フランキーの存在を
凌駕しかけていく中、フランキーはオズとともにこの病を克服すべく封印された過去と向き合う
決心をする……。(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2015-10-01 22:55 | 洋画=は行 | Comments(0)