ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 The Bag Man

●「ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 The Bag Man」
2014 アメリカ Cinedigm,Tin Res Entertainment.109min.
監督:デヴィッド・クロヴィック 原作:ジェームズ・ルッソ
出演:ジョン・キューザック、レベッカ・ダ・コスタ、ロバート・デ・ニーロ、クリスピン・グローヴァー他
e0040938_11533934.jpg

<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
いやはや、とんでもない映画を観てしまった。ジョン・キューザックもデ・ニーロも出演作を
もう少し考えないと・・・orz。マネージメント会社の問題だろうけど。
原作があるからストーリーを捻じ曲げるわけには参らないのだろうけど、なんか状況は
わからないままだわ、明確にしておいたほうがいい部分は明らかにならないわ、
物理の法則を無視した展開は異常だし、展開に都合のいい女の立場は、白けたなあ。
これが本邦劇場公開映画初登場のダ・コスタのビッチぶりが、ある意味半端無かった。
最初のうちはなかなかおもしろい映画かも、と思わせたが、しばらくしてグダグダになって
来て、ラストの展開あたりは、もう笑っちゃったよ。

出だしは自家用ジェットの中。やばい仕事の依頼主がドラグナ=デ・ニーロ。中身を絶対に
見てはいけないバッグを大金と引き換えに運ぶ役目を受けたのはジャック=キューザック。
指定されたモーテルで客引きをしている女レブカ=ダ・コスタという布陣。
明確にした方がいいと思ったところは、ドラグナの商売。レブカの本当の出自。

ラスト辺りでドラグナがモーテルは自分の所有で取引に使っていたのだ、とジャックに言って、
建物を爆破するシーンがあるが、もう少し、モーテルの女衒の男二人やレブカ、それに
車いすに乗るモーテルの支配人、ら「モーテルに居た全員が全部自分の仕込み」、ということを
匂わせておいたほうが良かったのではないか。そうすると、レブカも当然ドラグナに送り
こまれた女であることが分かり、なんでまたあんなにマーシャルアーツに優れているわけ?
というのが判然とするわけだけどなあ。そこまでちゃんと観ているうちに分かれ、ということ
なんだろうか。(^^ゞ
ドラグナのゲームに付き合って殺された、冒頭の殺し屋(ジャックの手に銃弾を打ち込んで
殺されトランクに押し込まれていた)、モーテルに居た偽FBIの二人、ドラグナの
ボディーガードの黒人の太っちょ、モーテルの支配人にして、最後にはジャックに
スコップで殴り殺される男らこそいい迷惑だったといえるなあ。

結局、ジャックもレブカもお互いに惹かれてしまったことが、ドラグナの描くシナリオを
崩してしまい、ジャックは死なず、レブカはボスを裏切り、二人で大金をせしめてどこかへ
消えた、という結論になるわけだ。しかし、バッグに入っていた生首、時間が立てば恐ろしい
死臭がするだろうに、とか、最後にレブカがバッグに入れる金塊、女の片手であんなに
軽々と掴めるほど金のインゴットは軽くないぞ、とか、プライベートジェット、デカすぎじゃね?
とか、レブカ、3発も食らってよく生きているなあとか、突っ込みどころ満載だ。やれやれ。
バッグの中身こそ、客にわからないままで良かったんじゃないかなあ。

ドラグナも自分がひょっとしてジャックに殺されるかもしれない、とか言っちゃって、自分が
不治の病にかかっているとか言い出すのかと思えばそうでもないし。よく分からん・・・。
e0040938_11575854.jpg

<ストーリー>
殺し屋のジャック(ジョン・キューザック)はボスのドラグナ(ロバート・デ・ニーロ)から新たな
使命を帯びる。“黒い鞄を、ドラグナの指示を待ちながら目的地に運び届けること。ただし、
中身は決して見てはならない。”

ジャックは指定されたオアシスモーテルに向かうが、その途中、ドラグナの手下らしき男に
襲われる。辛うじて相手を射殺したものの、ジャックも左手に重傷を負い、何とか指示された
13号室にチェックイン。だが、手当てのために町に出て戻ると、誰かが部屋に侵入した形跡
が残っていた。ジャックは浴室で、娼婦風の若いモーテルの女性客(レベッカ・ダ・コスタ)が
うずくまっているのを発見。レブカと名乗るその美女は、同じくモーテルに泊まっている小男と
大男の奇妙な2人組に捕らえられているという。懇願されたジャックはやむなく彼女を匿うが、
2人の前に次々と刺客が現れる。鞄の中に入っているものは一体何なのか?彼に課された
使命とは?そして、誰を信じればいいのか? 2人を待ち受けるのは、衝撃のラスト……。」
(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/23742586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-10-04 22:50 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)