マイ・ボディガード My Bodyguard

●「マイ・ボディガード My Bodyguard
1985 アメリカ 20th Century Fox Film Co, Market Street Pro., Melvin Simon Pro.97min.
監督:トニー・ビル
出演:クリス・メイクピース、アダム・ボールドウィン、マット・ディロン、ジェニファー・ビールス他
e0040938_15173877.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
ザ・青春ドラマ、というような良質な映画で、内外の評価も高い。Rotten Tomatoesでは
8,6もある。確かに悪い映画ではないけど、そこまで高い評価を与えるかな、という感じを
個人的にはした。

ホテルのマネージャーを父に持つクリフォードは私立中学から公立へと転校してきた。
そこにはボス、ムーディー(マット・ディロン)とその取り巻きの悪い奴らが、のさばっていて
クリフォードはイジメの対象に。クリフォードが行くことになったクラスにはリンダーマン
(アダム・ボールドウィン)という背がでかく、「弟を殺した」などという不穏な噂が付きまとう
男子もいた。
クリフォードら弱い男の子は、殺人鬼リンダーマンから守ってやるから、といってカツアゲに
合い、クリフォードもそう言われるが断り、リンダーマンと仲良くなりボディーガードに
なってもらう。しかし、一度は上手く行ったが、リンダーマンはもういやだぞ、といって離れて
いく。クリフォードは、リンダーマンにつきまとい、仲良くなろうと努力をするのだが・・・。

というようなストーリー。クリフォード少年とリンダーマンの心の交流を描くのだが、リンダーマンは
噂ほどの悪ではなく(タバコとかすっちゃうけど)、かつて事故により父親の銃で弟を殺してしまい
そのトラウマが消えていなかったのだ。リンダーマンはクリフォードのことを金持ちのボンボンと
しか見ていなかったが、クリフォードが無邪気に彼に接近してくるので、次第に重い口が開き
友情が芽生えてくる。

リンダーマンは結構非暴力だったりして本当は心優しい男だったのだ。クリフォードとリンダーマンの
友情は固いものになり、ムーディーが雇った用心棒もやっつけ、クリフォードはムーディーとの
タイマンでも、彼をうちのめし、クラスにも平和がやってきた、というわけだ。

ストーリー的にはどうってことないのだが、描かれ方が爽やかであり、ちょっと子供じみた内容で
また冒頭に出てくるクリフォードらの世話をするばあちゃんが、よく分からない性格でいらっと
来たりする。結局この映画をいつ観たか、という点が本作に対する評価に大きく影響する
のだろうな、と感じた。いい大人になってから観ると、単なる「いい青春ドラマ」にしか見えないが、
多感なころに観ると忘れられない一作になるのだろう。若きマット・ディロンが眩しかった。
e0040938_15175589.jpg

<ストーリー>
クリフォード(クリス・メイクピース)は15歳のナイーブな少年。母親を自動車事故で失っているが、
豪華ホテルの支配人を務める父親ピーチ(マーティン・マル)と変り者のおばあさん(ルース・
ゴードン)と何不自山なく暮らしている。
そしてホテルの従業員たちは皆彼の友だちだ。新学期がはじまりダウンタウンの公立ハイ
スクールに転校したクリフォードは、以前とは異なる学校の様子に驚いた。

転校生のクリフォードは、早速、ムーディー(マット・ディロン)をリーダーとする不良グループに
ニラまれることになり、放課後トイレに引っぱりこまれた。喧嘩は苦手なクリフォードは、何とか
その場からは逃げのびるが翌日から毎日、ムーディたちからイヤガラセを受けるハメになる。
クラスの仲間は誰も助けようとしなかったが、更衣室のロッカーに閉じこめられた時、リンダマン
(アダム・ボールドウィン)に助けられる。彼は2メートル近い無口な大男で、女教師をレイプした
とか、子供を殺害したとかいろいろな噂のある不気味な存在だった。

ある日、ムーディたちに襲われたクリフォードは、再びリンダマンに助けられるが、彼は「もう助
けるのはこれっきりだ」と言ってその場を去った。以後リンダマンの事が気になって仕方がない
クリフォードは、彼を尾行した。途中気づかれはしたが、人なつこいクリフォードの態度に
リンダマンも参り、すべてをうちあけた。
1年前、父親の留守中に銃で遊んでいた弟が誤って発砲し、その弟の死体を発見して以来、
自分の殻に閉じこもってしまったというのだ。クリフォードに心を開き出したリンダマンは、彼に
自分の宝であるオートバイを見せ2人の友情は深まっていった。

そんなある日、ホテルの屋上に住むクリフォードを訪ねたリンダマンが、お金を貸して欲しいと
いって、去って行ったきり、そのまま消息を絶った。再びムーディーたちに狙われたクリフォードは、
いつの間にか戻ってきたリンダマンに助けられるが、今度は、ムーディーと1対1で決闘することに
なった。リンダマンの声援でムーディーの鼻を狙ったクリフォードは見事彼を倒し、晴々とした
表情でクラスの仲間たちの前に立つのだった。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/23800569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-10-22 22:40 | 洋画=ま行 | Trackback | Comments(0)