デビルズ・ノット Devil's Knot

●「デビルズ・ノット Devil's Knot」
2013 アメリカ Worldview Entertainment.114min.
監督:アトム・エゴヤン 原作:マーラ・エヴェリット『デビルズ・ノット』
出演:コリン・ファース、リース・ウィザースプーン、デイン・デハーン、ブルース・グリーンウッド他
e0040938_14372049.jpg

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
個人的には初めて知ったことなのだが、アメリカでは相当有名な猟奇少年殺人事件だという。
今回見終えて、改めて、「ウェストメンフィス3」(逮捕された少年たちを指す)の事をネットで
調べてみたのだが、ドキュメンタリー映画も複数製作され、また日本のテレビの実録ものでも
取り上げられていた。ことほど有名な事件。しかも真相はまだ藪の中だ。

この事件の最大の汚点は、事件の猟奇性ではなく、「真犯人」が仕立てられていく過程の
ずさんさ、いい加減さ、適当さ、そして偏見である。警察、検察、司法、周りの人々それぞれが、だ。
アーカンソー州というのはどんだけダメなところなの?という予見を持ってしまうほどだ。

コリン・ファース、リース・ウィザースプーンという実力派ビッグネームが出ているにも関わらず、
実力を発揮出来ず、起きた事件とその後のアホな捜査、裁判のインパクトのデカさに押しつぶされ、
キャラクターを発揮できずに終わった。

一応犯人が捕まり、彼らは服役したが、彼らは拘留後18年、有罪は認める、アーカンソー州を
悪く言わないなどの条件で司法取引し執行猶予10年で2011年に釈放された。
しかし彼らが私がやりましたと言って秘密の暴露をしたわけでも物証が出たわけでもない。
逆に、彼らが刑務所にいる間に、殺された3人の少年のうちの二人の継父に彼らが犯人では
ないかと思わせる極めて有力な物証が出て、彼らの冤罪はますます濃くなっったといえるのだ。
それでも事態は動かないんだから、恐ろしい。

ずさんな警察の捜査、思い込みの検察、やる気のない裁判官。犯人とされた3人は真犯人では
ないとは言えないけど、あれだけ不完全な捜査裁判の中で「犯人に仕立てられた」としか
いいようがあるまい。本作も、調査員のコリン・ファースは終始逮捕された少年らの無罪を
信じている。そしてリース・ウィザースプーン演じる殺された子供の一人の母親は、ラストに
コリンに対し、「真実が何なのか分からないの。(殺された子供は祖父からもらったナイフを
肌身離さず持ち歩いていたが、殺された付近からは見つからず、なぜか父=継父の二階の
箱から見つかっている。そのナイフをコリンに渡し、継父が犯人かも、と匂わせる)証言する
少女たちはゲーム感覚だし、警察は証拠を失くすし」と。

起きた事件を丁寧に紡いで、冤罪が起きる過程をきちんと見せていたのは良かったが、
事件の前に配役の大きさは吹き飛んでしまい、キャスティングとしてはいいところ無しだ。
観終わっって実にすっきりしない映画であるが、事件そのものがすっきりしないのだから
仕方がない。アーカンソー州の司直のデタラメと、マスメディアと一般人のモラルパニックに
ついて理解できればそれで良いとしたものだろう。

ちなみにタイトルは犯人が裸の子供らの足を結んでいたヒモに由来する「悪魔の結び目」
のこと。
e0040938_14374225.jpg

<ストーリー>
93年にアメリカの田舎町で起きた少年を狙った猟奇殺人事件“ウエスト・メンフィス3事件”。
発生から20年以上経ったいまも真相が明かされていない未解決事件を、カナダの名匠
アトム・エゴヤン監督が映画化したサスペンス・ミステリー。
コリン・ファース、リース・ウィザースプーンら実力派が多数出演し、物語に説得力を吹き
込んでいる。

1993年初夏、ウェスト・メンフィスで児童の猟奇殺人が発生する。少年たちは靴紐で手足を
縛られ、人間の所業とは思えない暴行の痕を残して殺されていた。
地元住民はパニックに陥り、全米のメディアが小さな田舎町に押し寄せた。犯行当日の夜、
現場近くのレストランに血まみれで現れた黒人男性や、児童らの顔見知りだったアイスクリーム
売りの若者(デイン・デハーン)が捜査線上に浮かび上がるが決め手を欠き、報道が過熱する
なか、警察が犯人と断定し逮捕したのは16歳から18歳の若者3人だった。

未成年者の逮捕に激震が広がるなか、私立探偵のロン・ラックス(コリン・ファース)は事件の
成り行きに不自然さを覚え、独自で調査を開始する。一方、被害者の母親のひとり、パム
(リース・ウィザースプーン)も裁判を通して浮上した様々な矛盾に動揺し、人知れず苦悩
していた……。」(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/23926494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2015-12-02 23:40 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)