タイムシャッフル Time Lapse

●「タイムシャッフル Time Lapse」
2014 アメリカ Royal Pictures,Uncooperative Pictures,Veritas Productions.104.
監督・(共同)脚本:ブラッドリー・キング
出演:ダニエル・パナベイカー、マット・オリアリー、ジョージ・フィン、ジョン・リス=デイヴィス他
e0040938_1152233.png

<評価:★★★★★★☆☆☆☆>
<感想>
時間旅行やタイムパラドクス、パラレルワールドものは好んでみるのだが、それでなくても
ややこしい筋となりがちなので、上手いこと整理して楽しく見られるようにしてもらいたいと
願わずにはいられない。

本作は、まるで舞台劇を見るがごとく、舞台の変化も少なく、登場人物も少ない。
低予算でアイデア勝負の映画なのだろう。「未来が映るカメラ」、これが本作のキーポイント。
ただ、思うほど単純な仕掛けではなく、また3人の主人公の若者たちの思惑も絡み、
私みたいなアホは隔靴掻痒の感想となってしまったのだ。映画ブロガーの中には本作を
絶賛する方も見えるが、そこまで深く解読するまでには私は至らなかった。みなさん
凄いなあ!!rottentomatosの評価も結構高い。でも日本では劇場では公開されて
いないんだな。こは如何に? 
私みたいに表層的にサラリと分かるような仕掛けでないと面白くないタイプの客はダメ
なんだろう。一方、こうした仕掛けを深掘りして読み解くことに面白さを見出すタイプの人は
面白いのだろう。「え?そんなに小難しい映画か?」と凡人を不思議に思う方もいらっしゃるだろう
けれど、凡人はそんなもんなんです。

大体の流れは分かりますよ、アパートの管理人を仕事にしながら共同生活する3人の
若者。画家志望のフィン、彼の恋人キャリー、そしてドッグレースにハマって結構やばい
生活をしているジャスパー。 ある部屋に住んでいるジイさんが最近姿を見せない。
気になったキャリーは家に入ってみる。そこには黒焦げになったジイさんの死体と
壁一面に貼られたポラロイド、そして見慣れぬ大きなカメラのような機械が自分たちが暮らす
部屋にレンズを向けて据えられていた。

ここでのキャリーの行動がこんがらがる要素その1。壁にあった不都合な写真を抜き取った
んだよね。壁にあった写真は未来の3人の姿を写したものと、その結果を写したものが
シンクロしているかどうか並べて貼ってあった(と思う)。そこには後でその話が出てくるが
キャリーがジャスパーと浮気している光景もあったので、キャリーは剥がしたわけ。
キャリーはジイさんの家に入ってそこの機械が自分たちの未来の写真を吐き出す装置で
あることを咄嗟に理解し、咄嗟に不都合な写真を回収してしまったの??

で、3人は未来のことが分かる装置の登場に狂喜。特にドッグレースをやっていたジャスパーは
翌日の20時の自分たちの窓辺が映しだされた写真が出てくる仕掛けになっている
わけで、当り番号をカメラに映させ、それと同じ結果が未来に生じることで大金を稼ぐようになってきた。
(意味がよく分かってない・・・orz)
3人は未来を写した自分たちの光景と同じようにしないと、ジイさんのように黒焦げになって
死んでしまうと信じていたのだ。でも、実際ジイさんの死因はそうではなく、なんかの薬品を
浴びたことだったのだけれど。

金を巡り次第に3人の仲がギクシャクしてくる。ジャスパーの賭けの胴元も登場したり、
博士の同僚と思しき女博士が出来てジャスパーに殺されたり、ジャズパーは胴元も用心棒も
殺してしまい、しまいにゃジャスパーとフィンが争いとなり、キャリーは水晶球でジャスパーを
殴り殺す。更に、恋人なのにキャリーはフィンを背後から銃で殺しちゃうのだな。もう何だか
わかりません!! どうやら写真は朝の8時と夜の8時に出てきて、それをキャリーのみ知って
いてこれを利用していろいろと悪さをしたらしんだけど、恋人を殺してどうしようというわけ??
二度見れば分かるのかなあ・・・。
e0040938_11522855.jpg

<ストーリー>
24時間後を映し出すカメラを手にした3人が、それぞれ理想の未来を手に入れようと
駆け引きを繰り広げる。巧みな脚本と登場人物たちの心理戦が見もののSFスリラー。

リメイク版「13日の金曜日」、TVドラマ「THE FLASH/フラッシュ」などで注目の
女優、D・パナベイカーが主演するシチュエーションSFスリラー。
パナベイカー扮するヒロインとその恋人である画家の青年、そしてドッグレースに目が
ない友人の男。登場人物はほぼこの3人、舞台も彼らの部屋と巨大なタイムカメラのある
部屋の2つと、低予算の制約を逆手にとって、3人の思惑が交錯する心理戦を描いてみせた。
監督・脚本は本作が初の長編という新鋭B・キング。再度見たくなる伏線やトリックに注目だ。
(WOWOW)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2015-12-21 23:10 | 洋画=た行 | Comments(0)