ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago

●「ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago」
1965 アメリカ・イタリア Metro - Goldwyn - Mayer,Carlo Ponti Production.197min.
監督:デヴィッド・リーン
出演:オマー・シャリフ、ジュリー・クリスティ、トム・コートネイ、アレック・ギネス、ジュラルディン・チャプリン他
e0040938_17325368.jpg

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
歴史的文芸ドラマがあまり得意でなく、「そうは言ってもこの映画くらいは」と、この
超有名な映画を2016年の鑑賞一作目に選んでみた。今では作れない(作らないだろう)
長い大作だ。
個人的にはイージーリスニングにハマっていた高校生の頃、ポール・モーリアや
101ストリングスなどが演奏する「ラーラのテーマ」がとても印象に残っている。
モーリス・ジャールの作品で、この年のオスカー作曲賞に輝いている。この人、今で
いえばハンス・ジマーやジョン・ウィリアムズばりの多作で、しかもレベルが高く、「アラビアの
ロレンス」などで3回もオスカーを獲っているだな。

そういうわけでテーマ音楽から入ったものの映画そのものは今回まで観ずに来てしまった。
原作が革命ソビエトから睨まれたのも分かるような、革命の人間性を否定したかのような描き
っぷりは、雄大な自然も美しいロケ地にソ連が許可をだすはずもなくスペイン、フィンランド、
カナダで撮影されたものだそうだ。監督デヴィッド・リーンは言わずと知れた文芸大作監督で、
「アラビアのロレンス」「戦場にかける橋」などでオスカーの常連となっている。受賞作品の
音楽は3作ともモーリス・ジャールである。オマー・シャリフとも縁が深い。

原作は未読であるが、ジバゴの生涯というよりロシア革命という「人間性が弄ばれる時代」を
背景にしてラーラの生涯を描いていると言える作りだ。
このラーラを演じたジュリー・クリスティは今も現役の女優さん。デビュー間もない本作で
主役級を任されたのだからよほどリーン監督に見込まれたのだろう。ハリウッド女優とは
違うどこか陰のある美人で、本作でも17歳から初老までを演じる。(あまり若くも老けても見えない
けど) オマー・シャリフはどうしても「アラビアのローレンス」の族長のイメージが強く、中東の
感じを受けてしまうのだが、それも映画が進むにつれて忘れていく。

さて、本作は帝政ロシアからロシア革命を過ぎるまでのロシアにあって、医者で詩人のジバゴと
ラーラという女性の数奇な運命、歴史の中で揉まれていく二人の愛情を描く一大叙事詩とも
いえる作品で、雪景色を中心として描かれるロシア(ではないけど)の風景も美しい。これが
テーマ曲と相まって作品の叙情性も持ち上げていく。 詩人としてかなり有名であるように
描かれるが、どんな詩を書いたのかは明らかにされない。ただし、反革命的な、人間味が濃い
作品であろうことは分かるが。
-------------------------------------
映画は後日談から始まる。ジバゴの義兄エフグラフ(ソ連軍の将軍)が、ラーラとジバゴの
娘をダムの労働者の中から探すという光景。一人の若い女性を前に、ラーラとジバゴの話を
始める。

ジバゴとラーラの出会いは、ラーラの母(ジバゴの亡父の共同経営者で財産を殆ど持って
行ってしまったブルジョワジー、コマロフスキーの愛人であり、母は最近彼の気持ちが娘の
ラーラに行ってしまったのではないか、と悩み自殺に及んだ)の自殺未遂の現場に医者の
助手と訪れた時であり、次は、このコマロフスキーを射殺しようとしに来たクリスマスパーティー
の会場であり、(この時は後に結婚する若き革命家パーシャが彼女を救い出したが)、
後、第一次世界大戦の野戦病院で、志願看護師として働くラーラと医師のジバゴがまたまた
出会い、恋に落ちる。ジバゴは結婚して子供もいる。ラーラもパーシャと結婚しているという
ダブル不倫だったわけだ。そこで別れる。戦争は終わったが革命が置き、赤衛軍に追われ
生まれ育った故郷に移動、しかし、幸せは続かず、ジバゴはパルチザンに捕まり、その間に
一家は追放されてしまう。家に戻ったジバゴはその事実を知るが、ラーラとはまたまた出会う
運命に。ラーラの子供と3人で、雪原の小屋に移動、そこに三度コマロフスキーが登場し、
自分を頼ってくれれば極東経由で逃げられると言われるが断る。が、ラーラと子供は
コマロフスキーと去っていった。ラーラの体にはジバゴの子供が宿っていた。

そして数年後、モスクワで街を歩くラーラの姿を市内電車の中から見つけるジバゴ。慌てて
下車し、後を追うが、持病の心臓病発作で急死してしまう。著名だったジバゴの葬儀にラーラも
やって来た。ジバゴの義兄エフグラフ(ソ連軍将軍)と会って庇護を受けるようになり義兄もラーラを
愛するようになるが、やがてラーラは強制収容所に送られ(自殺した夫の罪に連座させられた)
その後は行方不明になってしまったのだ。

そしてラストシーン。また冒頭のシーンに戻り、その娘はラーラとジバゴの娘らしいと分った。
彼女の背中にはバラライカが。これはジバゴが子供の頃、母の形見として貰ったがその後
自分は弾くことはなかったものの大切にしていた楽器だった。そのものではないが、義兄は
ラーラがバラライカの名人だったと知っていて、血は争えないと、彼女がラーラの娘である事を
確信するのであった。
--------------------------------------
e0040938_17331374.png

分かりやすい人物配置と長い割には分かりやすいストーリー。歴史の荒波に翻弄される
ジバゴとラーラの人生が大自然をバックに迫ってくる。どなたかも指摘されているように
自由な詩人ジバゴ、愛に生きるラーラ、革命を通じて冷血人間と化すラーラの夫パーシャ、
ブルジョワジー、コマロフスキー、それぞれが、革命時ロシアの自由、革命、恋愛、世俗の
メタファーであるということなのだろう。二度目の鑑賞があるか、といえばおそらくは無いだろうが、
一度は見ておくべき映画史の佳作であることは確かであろう。
なかんづく、プロダクションデザインが見事である。

この作品の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/24030320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2016-01-04 22:50 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)