トランスポーター・イグニッション  The Transporter Refueled

●「トランスポーター・イグニッション The Transporter Refueled」
2015 フランス EuropaCorp and more.96min.
監督:カミーユ・ドゥラマーレ (共同)製作、脚本:リュック・ベッソン
出演:エド・スクレイン、レイ・スティーヴンソン、ロアン・シャバノル、ガブルエラ・ライト他
e0040938_17163957.jpg

<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
ホノルルからの帰りの機内での鑑賞。できれば「オデッセイ」とか観たい作品もあった
のだけれど、何故か吹き替えの上に字幕。画面は小さいし、これはシネコンに行かないと
バチが当たると思い、気楽に見飛ばせるものとして選んだ本作。途中で寝落ちすること
3回。こんなに短い作品なのに。

トランスポーターという映画、ジェイソン・ステイサムの出世作らしいが、これまで観る機会が
無かった。というか積極的に観たいとも思わなかった。今回、事情があっての鑑賞だったが
評価にもある通り、ベッソンが共同で本を書いたとはいえ、つまらない映画であった。
Audiファンである私としてはS8が活躍する光景は面白い部分もあったけど、こういう
アクションもストーリーの面白さがあればこそ、である。 ジェイソン・ステイサム版を観ずして
トランスポーターを語るなかれ、というファンも多いかもしれない。一度は観ておくべきかも
しれない。

つまらなさの第一は主人公が危機を乗り越えるところがあまりにもご都合主義であること。
もう、すっかり安心して観ていられるという・・・。Audiも門扉を破っても傷ついてないし。
ラスト、盗んだお金を、仲間の口座に振り込むというシーンは既視感ありあり・・・。
主人公、クールな雰囲気を出し過ぎじゃないか。オヤジさんのほうが人間味があって
いい。女性陣もとりたてていうほどの演技でもないし。まあ暇つぶしの1時間半であった。
e0040938_17172524.jpg

<ストーリー>
プロの運び屋フランク・マーティン(エド・スクレイン)のもとに、妖艶な美女アンナから依頼が
入る。時間通りにフランクが到着すると、3人の美女が彼の愛車アウディS8に乗り込んだ。
そして銃を突き付けられ、人質に取られ猛毒がまわり命の期限が 12 時間に迫った父親の
映像を目にする。
ルールを侵され怒るフランクだが、アンナたちはフランクの特殊部隊時代のライバルだった
カラソフ率いる巨大売春カルテルに命を狙われていた。
流儀や使命、命が脅かされている父の間で揺らぎながら、愛車を駆るフランク。そんな彼に、
裏切りが待ち受ける……。(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/24069626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2016-01-19 14:10 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)