凶悪

●「凶悪」
2013 日本 日活配給 ハピネット、フラミンゴ、カズモ、ディーライツ。128分
監督:白石和彌  原作:新潮45編集部「凶悪-ある死刑囚の告白-」
出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白川和子、吉村実子、小林且弥他
e0040938_14165017.jpg

<評価:★★★★★★★☆☆☆>
<感想>
チカラのある邦画は見るようにしている。では本作を観るキッカケとなったのは何か、と
いうと、1つは事実をベースにした犯罪映画、という好きなジャンルであること。1つは
今注目のピエール瀧がどんな演技をするか、楽しみだったこと。

ピエール瀧に注目したのはごく最近で、昨年NHKテレビで放映された「64(ロクヨン)」で
主人公を演じたが、その渋い演技に打たれ、それ以来いわばファンとなったのだ。
リリー・フランキーもそうだがどちらかというと善人側の配役が多かったんじゃないかと
いう印象で(事実リリー・フランキーはこの年の日本アカデミ賞で助演男優賞を
「そして父になる」で獲得している)、逆に山田孝之の方が悪人に似合った雰囲気じゃ
ないか、と思っていたのだ。ところが本作は、山田は潜在的な凶悪犯罪を暴く、
(ある意味普通じゃない)、雑誌記者。リリー・フランキーが巨悪で、その走狗だった
粗暴犯がピエール瀧、という配置。

う~ん、何だかイメージと違うけど上手く観られるかな、と観始めた。だが、まず登場する
ピエール瀧のキレ芸を観ていると、ヤクザにぴったりだな、と思えてくるし、一見温厚な
不動産業者のおっさん風でありながら、実は嗜虐趣味を持つ極悪人であるリリー・
フランキーも、それなりに見えてくるから不思議だ。

本作は、死刑囚須藤(ピエール瀧)から雑誌社に面会を要請する手紙がくるところから
動きが出始める。つまり、自分は死刑になったのだが、実は一緒に悪いことをしていた
というかむしろ犯罪をリードしていた「先生」こと、木村孝雄がのうのうとシャバで生き
永らえているのが許せん、まだ表に出ていない事件を告白するから、記事にしてくれ、
と、いわゆる「潜在殺人」3件を告白したのだった。

雑誌記者藤井は、編集長の反対を聞き流しつつ、独自で事件の裏付けを始める。
すると、須藤の言っていることはほぼ信頼に足ることが明らかとなってくる。
その結果をまとめて編集長に記事にするように懇願するが、却下される。藤井は
その旨を面会で須藤に告げると、須藤は激怒。
藤井の家庭では認知症の母親を妻(池脇千鶴)が一人で診ているという状況で
仕事ばっかりで家庭を顧みない藤井に妻の我慢も限界で、ついに離婚届けをつき付ける
までになってしまった。「死んだ人間なんてどうでもいい。私は生きているのよ!」と。

映画では、須藤が「先生」木村と、保険金を狙い、須藤の手下らと組んで、家族とグルに
なって、あくまでも事故死、病死に見えるよう、しかし凄惨な手段(過度な飲酒の強要、
その上でのスタンガン責めなど)で、老人を殺し、保険金を家族と山分けにしていたの
だった。そんな事件が3件告白されたのだ。

藤井はまとめ上げた文書を編集長を伴い警察に持っていく。最初は興味がなさそうだった
警察も、あまりに克明な事件概要に動かざるを得なくなり、木村を始め、共謀した家族も
逮捕されたのだった。

映画の冒頭に描かれるのだが、須藤は裏切りを許さない気質で、チンピラに裸足で
鉄橋の上を歩かせ、足にタバコの火を押し当てて、川に転落させて殺したり、
殺しの現場から逃げたチンピラに対し目の前で情婦を犯しかつ共に焼き殺したり、
最後まで信頼していたチンピラもクルマの中で銃で殺したり、保険金狙いで殺した
老人をナタで解体して焼却炉で焼いたり、狂気としか言えない所業を繰り返したのだが、
死刑囚になると、キリスト教に入信し、裁判では上告し、「生きて罪を償う」とかのたまう。

記者藤井は、木村と大差ない極悪人の須藤が、心の平安を求めようとするのが
気に入らなかった。「お前なんかの心に平和が来てたまるか!」とか叫ぶのだった。
確かに、あの狂気の殺人鬼が刑務所に入った途端に善人になってしまう、そして
記者をして他人の罪まで暴いて自分は心の平安を得ようとする、その姿勢に我慢が
ならなくなるのは理解できる。
一方で、家庭を顧みず、(最後には母を施設に預け、離婚も無くなったように描かれるが)
こちらも狂気としか言えない執念で事件を追い続けた藤井も、何かただならなぬ不気味さを
感じてしまうのだ。山田孝之は終始笑顔が無い役柄を例の濃い髭面で演じてはいたが
やはり本作のハイライトはピエール瀧の須藤純次だろう。何を考えているのか分かりやすい
ようでいて、深い闇を抱えている男を上手く演じていたと思う。

映画を見終えて思うことは、須藤の同じ人間がやることか、と思える粗暴凶暴な行動、
「先生」木村の狂気、そして種類は違うけど、記者藤井の狂気。「人間の業の深さ」「深層に
隠された本性の恐ろしさ」に思いを致さざるをえないのだった。
e0040938_1417144.jpg

<ストーリー>
死刑囚の告発が未解決事件の真犯人逮捕につながった、衝撃のベストセラー・
ノンフィクションを、山田孝之主演で映画化した人間ドラマ。
殺人事件を犯しながら、裁きも受けずに生きながらえる悪人。そんな悪人を幅広い
ジャンルで活躍するリリー・フランキーが狂気を携えた演技で見せる。
監督は若松プロダクション出身の白石和彌。

ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚
(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての
告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、
その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生”は
まだ捕まっていないことを訴える死刑囚。
闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、
彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく……。(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
by jazzyoba0083 | 2016-03-25 23:10 | 邦画・新作 | Comments(0)