フォーカス Focus

●「フォーカス Focus」
2015 アメリカ Warner Bros.(Ditributor) Kramer & Sigman Films,Zaftig Films.105min.
監督・(共同)脚本:グレン・フィカーラ
出演:ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ロドリゴ・サントロ、ジェラルド・マクレイニー、B・D・ウォン他
e0040938_12381825.png


<感想>
このところウィル・スミスの作品には落胆を禁じ得なかったので、本作もシネコンには
行かずじまいだった。公開から一年、WOWOWで放映されたので観てみた。

恒例のIMDbとの評価当てっこ、私が6,7、IMDbは6,6だったからいい線行っていた。
つまり、そこそこに面白い、ということで観て損はない感じだ。
今回のウィル・スミスの役どころはクールでスタイリッシュな詐欺師。しかもかなりの人数の
軍団を抱えるまるで企業のボスのような役どころだ。で、スミスに絡んでくるのが、軍団の
見習いとして、ひょんなことから知り合うマーゴット・ロビー。

映画は1部、2部のような珍しい構成になっている。前半は、大きなアメフト大会会場を
舞台とした、一大スリ大会。ニッキー(ウィル)が率いるチームはなんと120万ドルを
ゲットした。その金を預かり、後で皆の口座に振り込む、といってゲームの観戦に
出かけたニッキーとジェス(マーゴット)。二人で他愛の無い賭け事をしていると、
謎のアジア人が「俺も入れてよ」とか言って接近してくる。しかし、ニッキーとそのアジア人は
掛けを次第にヒートアップさせ、仲間と稼いだ120万ドルを全て掛けて、負ける。
ニッキーは、それでも止めず、更に倍にして掛ける。アジア人に「グランドにいる誰か一人の
選手を思い浮かべろ。それをジェスが当てる」というもの。

いきなり振られたジェスはイヤダイヤダと固辞する一方、仲間の金まで手に染めたニッキーを
咎める目線をくれていた。 アジア人が選ぶ、そしてジェスの番。するとフィールドには
ニッキーの仲間ファーハドの姿が!彼の背番号は55。彼女はそれを選び、口にする。
驚くアジア人。「なんで分かるのか!」 かくしてニッキーは120万ドルを倍にして、その場を
離れた。(ここの勝負、アジア人が頭に浮かべた選手の番号は紙に書留めた訳でもないの
にどうしてアジア人は負けた、といったのかよく解らなかったが)

観ている方も、あの冷静なニッキーが無謀な賭けに出るさまを観て、おいおい仲間の金だろ、
大丈夫か、いつものクールなニッキーはどこに行った?とハラハラする仕掛け。
が、実はニッキーは、数日前からこのアジア人(ヴェガスでもハイローラーとして知られる
大金持ちのギャンブラー)に目をつけ、この掛けを計画していたのだ。彼に色んな場面で
55という数字を刷り込み、(これがなかなか愉快だけど、そこまで出来るか?という側面も)
双眼鏡でフィールドを覗くと、見えた55という番号を啓示としてチョイスするという心理学に
基づく詐欺行為だったわけだ。ニッキーは用意周到に詐欺を仕掛けていたのだ。
そういうことだったのね!!

ニッキーとジェスは師弟の関係を超えて、愛し合っているように見えたが、大会会場からの
帰り道、ニッキーはジェスに8万ドルの分前を与え、「ご苦労さん、じゃあな」と言って去って
行ってしまった。おいおい、なにこれ、と驚くジェスだった。

さてそこから3年後。舞台はアルゼンチン、ブエノスアイレス。F1の爆音響くサーキットだ。
ここでも、ニッキーは長い間時間を掛けた詐欺を仕組んでいた。
F1マシンの走行性能を上げるシステムについて、あるチームに接近し、その偽物を
一番のライバルチームに売りつける、というもの。しかし、そのチームのオーナ主催の
パーティーに行って狂言を打つ予定が、入ってびっくり、オーナーのガリーガの愛人風の
存在にジェスの姿が!三年ぶりに出会う二人だったが、ジェスは今は幸せよ、とか
知らない人のフリしておいて、とかいう。

さて、そこからニッキー、ジェス、オーナーのガリーガ、がリーガの参謀にしてガードの
オーゥエンスが絡んだ、騙し騙されの陰謀合戦が繰り広げられる。 びっくりなのは
オーゥエンスがニッキーを撃つところ。これにはびっくり。そしてジェスのホントの役目。
みんな騙されていたのだな。観客も含め。オヤジの登場にも唖然!!
この辺りは大どんでん返しの打ち合いみたな感じだ。

観ている人は一緒に騙されて驚くというのがこの映画の正しい見方だ。オヤジの登場の
伏線は前半からぬかりなく散りばめられていた、またニッキーとジェスの恋の行方は
お互いを信じられない、という状況を乗り越えられることが出来るのか、そのあたりの
作りも上手いことやった感じ。

そんなこと出来るの??というツッコミもできようが、ここは素直に騙しに身を委ねて楽しむ
べきだろう。なかなか清々しいエンディングだし。
ウィル・スミスは、このように製作側に入らないほうがいい作品になるんじゃないか。俳優に
徹したほうがいいと感じた。
e0040938_12384299.jpg

<ストーリー>
視点《フォーカス》を操ることで相手を手玉にとる犯罪のプロ、ニッキー(ウィル・スミス)は、
30人もの熟練詐欺師を束ね、カジノや高級ホテル、ストリート、フェスティバルなど様々な
場所であらゆる手段と華麗なる手さばきで大金を稼いでいた。
そんなある日、ニューオーリンズで未熟な女詐欺師ジェス(マーゴット・ロビー)と出会った
ニッキーは、彼女に最高の詐欺師になりそうな可能性を見出し、犯罪のプロとして育てる
べくノウハウを伝授する。
しかしジェスがメキメキと上達していく中、二人は恋に落ち、やがて師弟関係を超えた関係と
なってしまう。だが恋愛は枷になり腕を鈍らせると判断したニッキーは大きなヤマに勝った後、
ジェスに大金を渡し突然の別れを告げ、忽然と彼女のもとを去ってしまうのだった……。

数年後、ニッキーはブエノスアイレスのモーターレース会場に一世一代のプロジェクトをしか
けていた。そこに現れたのは、以前とは見違えるほど美しくゴージャスになったジェス。
彼女はニッキーのライバルチームに属し、男を手玉に取る女詐欺師に成長していた。
かつて愛した女の登場で揺れ動くニッキー。大金が蠢く会場で果たして最後に笑うのは
誰なのか……。(Movie Walker)

この映画の詳細はこちらまで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/24258788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2016-03-28 22:50 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)