セッション Whiplash (再見)

●「セッション Whiplash」(再見)
2014 アメリカ Bold Films,Blumhouse Productions,Right of Way Films.107min.
監督・脚本:ディミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノア、オースティン・ストウェル他
e0040938_14554640.jpg

<評価:★★★★★★★★★☆>
<感想>
WOWOWのオスカー受賞作品特集で鑑賞。昨年の個人的評価も高かった作品なので
再度観て見ようと。
やはり力のある作品だった。若い監督らしいビートの効いたカメラワーク、編集。アップと
手持ちカメラを多用した緊張感ある映像。初見の感想は、こちらをご参照頂きたいが、基本は変わらない。
ただ、再び書くが大学時代にジャズドラムを叩いてきた私としては、フレッチャー教授のやりたい
ことは分かるものの、チャーリー・パーカーが猛烈な練習だけで、あの演奏を獲得した、とは
思えないのだ。

パーカーにしろマイルズにしろロリンズにしろ、ジャズの世界を変えた、と言われる人たちは
もちろん想像を絶するような練習もしただろう、しただろうが、練習量が彼らと並ぶミュージシャンは
他にも居たと思う。何が違うか、彼らは天才なんだ。「モノが違う」とでもいうのか。

フレッチャーに天才を見抜く力量があるのなら、学生たちを追い込むのもいいだろう。
寸分狂わぬテンポ、ピッチ、キーを要求するのも良いだろう。だが、学院の生徒全部が例えば
パーカーと同じ時間練習しても、パーカーにはなれないのだ。優れたスタジオミュージシャンには
なれるだろうけど。でも、明日のジャズを背負って立つ人材になれるのか、といえば必ずしも
そうとはいえない。優れたジャズメンの中にはウェス・モンゴメリーのように楽譜も読めなければ
正式なジャズ教育を受けたことすらない天才名人もいるのだ。

フレッチャーがアンドリューの中に、JVCジャズフェスティバルで、自分のバンドの
他のメンバーを道連れにしても構わないから、アンドリューに敢えて恥をかかせ、彼の中の
天才を引っ張りだそうとしたのか。そうだとしたら他のメンバーこそいい面の皮だ。
楽譜さえ与えてない曲の演奏を指示したこと、「密告したのはお前だな」といったこと、
失敗したアンドリューに「終わったな」と言ったことなど、フレッチャーによるアンドリューに対する
復讐としか思えないのだ。だから、ラスト、フレッチャーがにたりと笑ったことに対し、
アンドリューは笑顔を返してはいけない、と思うのだが・・・・。アンドリュー自身も高慢ちきな嫌な
奴であったことも確かなのだが。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/24275975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2016-04-02 22:10 | 洋画=さ行 | Trackback | Comments(0)