リオの男 L'homme de Rio

●「リオの男 L'homme de Rio」
1964 フランス・イタリア Dear Film Produzion and more. 113min.
監督・(共同)脚本:フィリップ・ド・ブロカ
出演:ジャン=ポール・ベルモンド、フランソワーズ・ドルレアック、ジャン・セルヴェ、アドルフォ・チェリ他
e0040938_14233986.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>

東京五輪が開催された1964年の作品。マンガ「ゴリラ」「ルパン三世」や映画「インディ・ジョーンズ」
シリーズなど、その後のコミカルテイストの諸作品に大きな影響を与えたといわれる。
古い映画ではあるが、ベルモンドのキャラクターが生きた佳作である。パリからリオ・デジャネイロに飛び、
空に、陸に、海にと、テンポの良い追跡劇が繰り広げられる。スタントを排したというアクションや
人を喰ったようなコミカルなシーンも、荒唐無稽な映画の代表選手のようであり、心地よい。
アクションシーンで泥だらけになったその直後に、新しめの同じ衣装で登場するなど、大らかな作りの
時代の映画でもあった。一体同じ服を何着用意したのだろうか。
VFXを使わないほとんどロケの構成だが、今見ると逆に新鮮で手作り感満載で、主人公は死なない、
と分かっていてもハラハラするところがいい感じだ。

婚約者のフランソワーズ・ドルレアックは、カトリーヌ・ドヌーヴのお姉さんで、この映画の3年後、
25歳の若さで交通事故で亡くなっている。「ロシュフォールの恋人たち」では姉妹共演を果たした。
美しい人だったのに残念なことだった。
ツッコミどころ満載の映画であるが、リアリティを追求した映画ではなく、あり得ないだろう、と
いうところを主人公が果たして行くというところを肩の力を抜いて楽しむタイプの作品。
まさか、50年後にここで五輪が開催されるとは誰も思っていなかった、開発前の美しいリオと
首都機能を移転した人工都市、ブラジリアの人工的な美しさも味わい深い。

本作に続く「カトマンズの男」など、荒唐無稽感が加速しているという続編も機会があれば見てみたい。
e0040938_14241083.jpg
<ストーリー:結末まで触れています>
航空兵アドリアン(ジャン・ポール・ベルモンド)は八日間の休暇に胸をふくらませてパリへやってきた。
パリには、フィアンセのアニェス(F・ドルレアック)が待っているのだ。そのころパリでは博物館の
守衛が殺され、アマゾンの小像が盗みだされていた。調査が開始され、考古学者カタラン教授
(ジャン・セルヴェ)が呼びだされた。教授の話によると、この小像は、三年前教授とビレルモザ氏、
およびブラジルのディ・カストロ氏の三人が奥地探検を行ない発見したもので、三人は三個の小像を
それぞれ一個ずつ保管し、カタラン教授は自分の像を博物館に寄付したのだった。

またビレルモザ氏は探検後死に、現地リオのある場所に像の一つをかくしていた。この事件を知った
ビレルモザ氏の娘アニェスは、さっそく現場にかけつけた。アニェスは小像の秘密を知っていたのだ。
しかし、そんなときカタラン教授が、何者かに連れ去られ、さらにアニェスまでが誘拐されてしまった。
ちょうど、そこにきあわせたアドリアンは、連れ去られるアニェスの姿を見つけ、必死に後を追った。

アニェスを連れた男は飛行機でリオに飛んだ。アドリアンも、とっさの機転で、飛行機に乗りこみ、
そのまま後を追った。リオに着いたアドリアンは、土地の少年の助けを得て、アニェスをとりもどした。
小像のありかを知るアニェスの手引でアドリアンは小像をみつけだした。が、それもつかの間、
例の男たちが現れ小像を奪われた。
残る一つは、カストロ氏が持っているのだ。アニェスとアドリアンはブラジリアに向った。そして途中、
二人は“敵”にかこまれたカタラン教授をみつけ、救出に成功した。しかしこのカタラン教授こそが、
この事件の主謀者だったのだ。カタランは二人のすきをみて、カストロを殺害し、小像を奪い、さらに
アニェスをもさらって逃走した。目的地に着いたカタランは、財宝の所在を知ると夢中で発掘した。
追ってきたアドリアンは、そのすきにアニェスを助けだした。その時、森林をゆさぶる大爆発が起った。
カタランは財宝とともに生埋めになり、アドリアンはアニェスと共に森林を脱出した。(Movie Walker)

この映画の詳細はhttp://movie.walkerplus.com/mv13315/こちらまで。


by jazzyoba0083 | 2016-11-20 23:10 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)