バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2 Back to the Future Part Ⅱ

●「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2 Back to the Future Part Ⅱ」
1989 アメリカ Universal Pictures,Amblin Enterrtainment,U-Drive Productions.108min.
監督:ロバート・ゼメキス 製作:スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル
音楽:アラン・シルベストリ
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソン
   エリザベス・シュー、ジェームズ・トルカンほか。
e0040938_17071690.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
前作(第一作)から、ゼメキス、スピルバーグ、ケネディ組には未来と過去のアイデアもあったのに
間違いない。故に前作のラストで"To Be Continued" とクレジットしたのだった。それから4年経過し、
2と3を一気に製作し、二年続きで公開した。大体、後続の作品は一作目を超えられないケースが多い
ものだが、本作ははじめからアイデアが練られていたため、またゼメキスとスタッフのニヤリとする
ような工夫が埋め込まれ、最高に楽しい「続き」の作品となった。PartⅠは、3作を通して最高の
出来だと評価するが、その全てが伏線となった続編が面白くないわけがない。観客は「そうだったんだ」
という確認を、片頬を上げてニヤリとしながら観るのだ。

本作を含めⅠ~Ⅲは、何回も観ているのだが、このブログを始める前の鑑賞であったため、今回鑑賞を
機に改めて書いてみている。なぜ観たのか、といえば、やはりトランプとカブス、だろう。そして
一昨年(2015)が、未来として設定されている本作の時代だったので、いろいろ騒がれたシーンの
確認をしたかったのだ。
「シューレースが自動で締まるナイキシューズ」「ホバー・ボード」「カブスの優勝」「トランプそっくりの
ビフとそのシークエンス」などだ。

2015年の世界では、自動車は残念ながら空を飛んでいない。自動でサイズが変わる服も着ていない。
逆に、ファクスより上等な手段はある。一方で腕時計型の天気予報装置、ジョーズ19のホログラム
CMなど、現代に置き換えても通用するファクターはあり、大枠としては従来型の未来社会の描写では
あるものの、ガジェットとして上記のような製品や出来事は予言性に満ちていて、とても面白く、
ストーリーに上手く絡ませてある。「ホバー・ボード」はPartⅢでも大活躍する。
また、ドクが部品を「メイド・イン・ジャパンだぞ」と言うように、また未来のマーティーの息子の
勤務先の上司が富士通であるように、日本が登りっ調子で、そのプロダクツがアメリカでも多いに
評価されていた良き時代が窺い知れる、という面白さもある。

ストーリーとしてはPartⅠを超えられるものではない。(それが残念なわけではない)特にラストの
例のダンスパーティーのシークエンスでは、PartⅠの裏側を別アングルから確認できるという
お楽しみがある。全体としてはビフ対マーティ+ドクという構図であるが、タイムパラドクスを理解
するのにいささか悩ましくなる、未来、現在の行ったり来たりは、若干うるさかった感じだ。

そして、ラスト、開拓時代の過去のドクからの手紙が、ウエスタンユニオンの電報配達係の手に
よって(70数年間開けられていない電報があり、それがこの日のこの場所を指定していた)届け
られ、デロリアンはなんと1800年代に飛んでしまっていて、それがPartⅢであり、1990年に
公開される、と告げて終わる。なんともPartⅢの封切りが待ち遠しいことか、とファンの期待を
煽る出来である。

未来と過去を行ったり来たりでタイムパラドクスの理解が悩ましいが、PartⅠが、過去と現在を、
PartⅢが過去と現在というふうに両者が確認出来る世界を描いたとすれば、PartⅡは未だ見ぬ世界を
楽しい想像をもって描いているわけで、前作の「もう一つの物語」的側面も含め大いに楽しめる
作品となっている。
e0040938_17073685.jpg
<ストーリー>
85年の世界に戻ってきたマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、未来の世界から
ドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)の訪問をうけ、未来の自分の子供の身が危ないと知らされ、
恋人のジェニファー(エリザベス・シュー)と共に、2015年の世界にやって来る。

年老いたビフ・タンネン(トーマス・F・ウィルソン)の孫グリフ(トーマス・F・ウィルソン)に
いじめられる息子のジュニア(マイケル・J・フォックス)を助け、悪の道に足を踏み入れることを
とどまらせたマーティは、安心して85年の世界に戻ろうとするが、その間に、マーティがちょっとした
悪戯心で手にしたスポーツ年鑑を、ビフが盗み過去の世界へ旅したことを誰も知らない。
果たして戻ったマーティは、閑静な住宅地だったヒル・バレーがすっかり荒廃の地と化してしまって
いるのに愕然とする。おまけに父のジョージ(クリスピン・グローヴアー)は12年前に何者かによって
殺され、未亡人となったロレイン(リー・トンプソン)は、何と今や全米一の大金持ちとなっている
ビフと再婚していた。どうやらビフは、55年のダンスパーティの日に、未来からやって来たビフから
スポーツ年鑑を手渡され、これを基にスポーツ賭博で大もうけをしたらしい。

時の流れをもとに戻そうと、マーティはドクと共に55年のあのダンス・パーティの日に戻る。
そして大騒動の末にマーティはスポーツ年鑑を取り戻し、それを焼き捨てるが、85年の世界に戻ろうと
したその時あの稲妻が発生し、ドクを乗せたデロリアンはマーティを残し、どこかへと消えてしまう。
そしてマーティは、あの時85年に帰る自分を見送ったドクを探し出し、助けを求めるのだった--。
(Movie Walker)

この映画の詳細はhttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18116#1こちらまで。

by jazzyoba0083 | 2017-01-02 23:00 | 洋画=は行 | Comments(0)