バック・トゥ・ザ・フューチャーPART 3 Back to the Future Part Ⅲ

●「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART 3 Back to the Future Part Ⅲ」
1990 アメリカ Universal Pictures,Amblin Entertainment,U-Drive Productions.119min.
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、メアリー・スティーンバージェン、リー・トンプソン他
e0040938_16540535.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
Part3と同時に撮られたシリーズ完結編。お見事なマトメ方である。(私自身は何回か観ているのだが
ブログに未記載であったので書いている)近未来、未来、ときたら過去となるわけで、そうなれば
当然西部劇。ビフは悪役で登場し、マーティーを苦しめるという設定になるわけだ。原案を作って
きたボブ・ゲイルとゼメキスは、3作通しでアイデアを持っていて完結編は西部劇、と決めていたのだね。
Part2あたりからタイムパラドクスが複雑になってきて、過去に行く本編ににおいてはついにドクが
黒板を使ってパラレルワールドの存在をマーティーに説明しつつ自分で納得しているという光景も観られる。
これは観客に対して、ここで一旦「整理」という意味でのカットだろう。

本作ではほぼ過去の話で終始していて、ドクとクララの恋愛譚を大きくフィーチャー、このままでは
死んだことになってしまうドクを救い、元の世界に帰る、という冒険を達成しなければならない、と
なる。毎作そうだが、デロリアンがどうやって時空を旅するのだろうと思いを巡らせ、ラストになり
デロリアンが速度を増すに置いてはドキドキしながら見守るのだ。(マーティーの彼女ジェニファーは
Part2でドクにより眠らされたまんまである。ラストシーンに家の前で寝こけるジェニファーと繋がる)

今回は蒸気機関車に押させて、ある速度になると時空旅行が可能となるという設定で、しかもギリギリの
ところに渓谷にかけつつ有る未完成の鉄橋が待っているという仕掛け付き。それにクララがドクを
追いかけて、というシナリオが加わり、もう観客は手に汗を握るのだ。
そして、マーティーだけ乗せてデロリアンは帰ってくるが、今の線路上でやってきた列車と衝突、
車体はバラバラになり、もう使えない。西部の時代に残してきてしまったドクとクララとはもう会えないのか、
と悲嘆にくれていると、空がどっかーんと鳴って、タイムマシンに改造した改造した列車を操る、ドクと
クララ夫妻(!)そしてその子供2人(!!)が登場するという、なんというカタルシス!!
なんど見ても興奮するラストシーンである。

細かい点がPart1や2に繋がっていて、そのあたりは本当に芸が細かいというか、ゼメキスやゲイルや
スピルバーグがまるで少年のような顔をして、「それそれ!」とか言いながら脚本を詰めている
光景が目に浮かぶ。この三部作は、大人が少年に戻ってウキウキ出来、作り手と観客が一体となり
楽しめる佳作群である。無粋なツッコミは御免である。
e0040938_16543517.jpg
<ストーリー:結末まで触れています>
1955年11月12日に取り残されたマーティ・マクフライ(マイケル・J・フオックス)は、
1885年からのドクの手紙を片手に、この時代のドク(クリストファー・ロイド)を訪ね、
1885年にドクが鉱山の廃鉱に隠したデロリアンを壊すためそこに向かうが、デロリアンを
探し出した彼が見たものは、1885年に殺されたドクの墓だった。犯人は、ビフ・タネンの
曽々祖父ビュフォード・タネン(トーマス・F・ウィルソン)。

マーティはドクの危機を助けるべく、1885年の開拓時代へと向かう。マーティは、アイルランドから
移住してきたばかりの先祖、マクフライ夫妻(マイケル・J・フォックス)(リー・トンプソン)の
世話になるが、酒場でマーティはタネン一味にからまれ、縛り首にされかかる。
そんな危機一髪の彼を助けたのは、ドクであった。ドクはマーティから生命の危機を聞き、一刻も
早く1985年に戻ろうとするが、あいにくデロリアンのガソリン・タンクは空っぽだった。

そんなさ中、ドクは当地の新任女教師クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)の命を
助け、彼女と恋におちてしまう。そして9月5日のお祭りの日、ドクはクララをめぐって、タネンと
衝突してしまう。一方のマーティは、タンネンにののしられ、彼と決闘をすることになるのだった。
翌日はふたりが未来へと戻る日、クララに別れを告げたドクは傷心のあまり酒場で一夜をすごす。
夜が明け、そこにタネンが姿を現わす。ドクを人質にとられたマーティは、タネンとの決闘を余儀
なくされるが、銃ではなく、拳と頭とで彼を倒すのだった。

そしていよいよ出発の日、機関車にデロリアンを後押しさせ、その反動で崖からデロリアンを突き落とし、
タイム・トリップしようとする。そんなふたりの前にクララが姿を現わした。失恋のショックで町を
去ろうとした彼女が偶然ドクの真実の愛を聞きつけ、引き返してきたのだ。そして間一髪のところで、
マーティは1985年に、ドクとクララは共にこの時代に残るのだった。
やがて1985年に戻り、ジェニファー(エリザベス・シュー)の無事を確認したマーティの前に、機関車を
タイムマシーンにしたドクとクララの一家が姿を現わすのだった。(Movie Walker)

この映画の詳細はhttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18115#1こちらまで。

by jazzyoba0083 | 2017-01-03 23:00 | 洋画=は行 | Comments(0)