めし

●「めし」
1951 日本 製作・配給:東宝 97分 モノクロ
監督:成瀬巳喜男 原作:林芙美子 監修:川端康成
出演:原節子、上原謙、島崎雪子、杉葉子、風見章子、杉村春子、小林桂樹、大泉滉他
e0040938_15151972.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>

「山の音」に次いで鑑賞した成瀬作品の2作目。「山の音」から3年前、私が
生まれる前年の作品。登場人物が重なり、男女の心のもつれを描くものだから
連続して見なければ良かったな、と反省。ストーリーが混乱してしまった。
(話としては全然違うが原と上原という夫婦の組み合わせは同じなので)

さて、本作は、林芙美子が朝日新聞に連載中に亡くなったため、監修を川端康成が
担当している。故にエンディングの創作は、川端や成瀬、脚色した田中澄江らの
思惑であって、林芙美子が、本作のようにハッピーエンドにしようとしていたかどうかは
不明である。

それにしても、現代の女性の考えと大きく違う当時の「夫婦」という状況や「女性」
というものの社会における立場を考えないと、大きな違和感が残るだろう。

東京出身者が転勤で大阪に暮らす。恋愛結婚とはいえ、証券マンとしての旦那の
稼ぎは良くなく、長屋に住まい、やりくりは大変。夫は帰れば「めし」。
妻・三千代(原節子)は、「このような女中のような暮らしが自分が求めていた
ものでは無いはずだ」と日々の夫婦生活に不満が溜まっている。
そこに、夫の姪っこ、里子(島崎雪子=いい演技だと思う)の登場、夫にシナを
作る姪、それをあまり憎からず思う夫、それを見てまた不満や怒りが湧く三千代。

臨界点に達した三千代は里子を東京に送っていくと称して、実家に帰る。母と
過ごす時間はストレスから開放され、次第に自分も独立して何かをしたいと
考えるようになる。これを打ち砕くのが、職安で偶然出会う旧友の山北けい子
(中北千枝子)であった。戦地から夫の帰還を待つ身であるが、小さい子供と
なんとか食っていかなくてはならない。「あなたのような幸福な奥さんにこんな
惨めな話ばかりしちゃって」と言われてしまう。

と、三千代は大阪に残した夫に手紙を書く。
「あなたの傍を離れるということが、どんなに不安に身を置くことか、やっと
分ったようです・・・」
後日、山北とその子が、駅頭で新聞売をしている姿を見てしまう。こんな女性も
いるのに、自分は・・。

自分は夫のそばにいてこそ幸福をつかめるのだ、それでいいのだ。と考えるように
なっていく。

そんなある日、夫が出張と称して三千代を迎えに来た(らしい)。くたびれた
革靴が玄関にあった。外出して、店でビールを飲む。
夫はお金のこともあり転職を考えていたらしく、妻と相談する、と言ってある、
という。三千代は「いいのに、あなたがお決めになって」というが、夫は
「そりゃね、ボクだって君が苦労しているのはわかっているんだけど」と返す。
そんな会話の中で、三千代は、自分の幸せは、この人と添い遂げることにあるのだ
と納得していく。帰りの列車の中、居眠りしている夫の横で、三千代は夫に書いた
手紙を破いて窓から捨てたのだった・・・。

この映画は主人公三千代のナレーションが入るのだが、ラストはこうだ。
「私の傍に夫がいる。眼を瞑っている。平凡なその横顔。生活の川に泳ぎに疲れ、
漂って、しかもなお闘って、泳ぎ続けている一人の男。その男の傍に寄り添って、
その男と一緒に幸福を求めながら生きていくことにした。
そのことは、私の本当の幸福なのかも知れない。女の幸福とは、そんなものでは
ないのだろうか」

懸命に生きようとする男の姿に、自分の幸せを重ねることで自身の幸福を見出した
三千代だったのだ。(あるいは何処か覚めた諦め、であったか)

どうだろう、現代の女性がこの結論めいたナレーションを聞くと、「そうじゃない
でしょ?」と言いたくなるのではないだろうか。しかし、時代は昭和26年である。
冒頭書いたように、女性、妻、嫁、という当時の社会的立場を考慮すれば、三千代の
ような結論が間違いであると誰がいえよう、というか、その結論こそ、ハッピーエンド
であると、観客には受け入れられたのではないか。(夫のヘタレぶりはもう少しなんとか
せいよ、という指摘は今でも通じるが)
もうひとり、男性で、夫の従兄の一夫(二本柳寛)が、里子とは逆の意味で、三千代
夫婦の愛情をもつれさせるファクター(メタファー)として重要である。

ラストのセリフはどうも川端康成の匂いがする。
それにつけても、主役の二人、いいです。成瀬監督は演技に対してほとんど細かいことを
指示しなかったそうだ。故に、原の顔の表情に伴う目線の上げ下げ、などは原自身の
演技だったようだ。小津作品の原とは違い、2作しか見ていないが、成瀬作品の原は
「艶」というか、もっと言えば「性的」さらに言えば「エロ」を感じる。この作品に
原が適切かどうか、は意見が別れるかもしれないが、原ならではの「めし」が出来た、
といえよう。同じ年に小津作品の「麦秋」が作られているが、同じ原節子でも、成瀬
作品のほうが、圧倒的に色っぽい。
そして上原のヘタレぶり。「山の音」でもそうだったが、天下の二枚目スターだった
んでしょ?この馬鹿っぷりはいい味です。

黒澤作品には欠かせない早坂文雄の音楽。この映画では饒舌過ぎると感じた。終始
流れっぱなしという感じ。一瞬音楽なしになるところでのショック的効果が感じとられる
ところもあるが、やはり饒舌ではなかったか。

成瀬作品、更に見てみたくなりました。
e0040938_15155234.jpg
<ストーリー>

林芙美子の未完の絶筆を映画化した成瀬巳喜男の戦後の代表作のひとつ。繊細にして
リアルな女性描写は、成瀬演出の真骨頂と言われている。
ノーベル賞作家・川端康成が監修を担当。


 恋愛結婚をした岡本初之輔と三千代の夫婦も、大阪天神の森のささやかな横町に
つつましいサラリーマンの生活に明け暮れしている間に、いつしか新婚の夢もあせ果て、
わずかなことでいさかりを繰りかえすようにさえなった。
そこへ姪の里子が家出して東京からやって来て、その華やいだ奔放な態度で家庭の
空気を一そうにかきみだすのであった。
三千代が同窓会で家をあけた日、初之輔と里子が家にいるにもかかわらず、階下の
入口にあった新調の靴がぬすまれたり、二人がいたという二階には里子がねていた
らしい毛布が敷かれていたりして、三千代の心にいまわしい想像をさえかき立てる
のであった。
そして里子が出入りの谷口のおばさんの息子芳太郎と遊びまわっていることを
三千代はつい強く叱責したりもするのだった。家庭内のこうした重苦しい空気に
堪えられず、三千代は里子を連れて東京へ立った。

三千代は再び初之輔の許へは帰らぬつもりで、職業を探す気にもなっていたが、
従兄の竹中一夫からそれとなく箱根へさそわれると、かえって初之輔の面影が
強く思い出されたりするのだった。その一夫と里子が親しく交際をはじめたことを
知ったとき、三千代は自分の身を置くところが初之輔の傍でしかないことを改めて
悟った。その折も折、初之輔は三千代を迎えに東京へ出て来た。平凡だが心安らかな
生活が天神の森で再びはじめられた。(Movie Walker)


この映画の詳細はhttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=135568こちらまで。


トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/25738429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2017-04-28 22:30 | 邦画・旧作 | Trackback | Comments(0)