デス・プルーフ in グラインドハウス  Death Proof (from "Grindhouse")

●「デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (from "Grindhouse")」
2007 アメリカ Dimension Films,Troublemaker Studios. 113min.
監督・脚本・撮影・(共同)製作:クェンティン・タランティーノ
出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シドニー・ターミア・ポワチエ
   ゾーイ・ベル、ジョーダン・ラッド、トレイシー・トムズ、ヴァネッサ・フェルリト他
e0040938_11020885.jpg
<評価:★★★★★★★★☆☆ あるいは ★★★☆☆☆☆☆☆☆>
<感想>
この映画を見るにあたってはいくつかの知識が必要。私はタランティーノの映画は
好きだが、詳しいほうではないので、今回の鑑賞に当たり、少し勉強させて貰った。
(タランティーノファンの方はスルーして下さいね)
そもそも、「グラインドハウス」とはタランティーノとロバート・ロドリゲスにより、
2007年に製作・公開された映画で、2本の作品と実在しない4本の映画の予告編から
構成されている。このうち映画部分はロバートの「プラネット・テラー」と
タランティーノによる「デス・プルーフ(耐死仕様)」。

「グラインドハウス」とは、かつてエクスプロイテーション映画やB級映画を2~3本立てで
上映していたアメリカの(場末の)映画館のこと。エクスプロイテーションとは、観客から
金を巻き上げるような詐欺的映画なことらしい。この辺りはちょっと私も勉強不足だ。

で、この映画と同時にタランティーノの「デス・プルーフ」部分に新たにシーンを加えて
単独興業に供したのが本作、というわけだ。タランティーノのB級映画に対するオマージュが
込められていて(愛情は感じることができる)、前半はこうした場末の映画館によくあったように
フィルムに傷をつけてあったり、音が飛んだりする。ああ、タランティーノはこうした場末的映画が
好きなんだなあ、と思わせる工夫である。
加えて、タランティーノの特徴である「意味のないだらだらした会話」が続くので、タランティーノ
好きで、この会話の後に何が来るかがわかっていないと、「なんじゃこの映画」「意味不明」
という意見も出ることは至極当然でそれほど、「アク」の強い映画である。
本作は大きく二つの別の話から成り立っているのだが、どちらも、はじめは意味がないガールズ
トークがだらだらと続く。
普通の人(私も含め)は、それぞれの「だらだらトーク」に嫌になってしまい、離脱したく
なるであろう。見どころは、2つのパートのカーチェイスシーンというか、車を使った
暴力シーンである。前半の部分は、スタントマンと称するカート・ラッセル扮するマイクが
ドライブインに集まった若い女たちを自分の車に乗せて殺したり、車を追いかけまわし、
えぐい殺し方をする。

後半は、14か月後の別の場所。やはりドライブインみたいなところに
集まってくちゃくちゃしゃべっているハリウッドのおそらくB級映画製作スタッフ(メイクや
ヘアみたいな)の女の子たちvs「耐死仕様」で追いかけまわすマイクの話。
ニュージーランドからやってきた女の子が「バニシング・ポイント」のダッジ・チャレンジャーに
憧れ、来ていた町にその車を売り出している男を見つけ、みんなでたらしこんで、試乗
させてもらうのだが、ボンネットに乗っかってスタントまがいなことをやったりして、相当
むちゃくちゃな試乗をしていた。そこにマイクの突っ込んできて、さんざん追廻して、彼女らを
恐怖のどん底に突き落す。(止まればいいとおもうのだけれどね。ww)しかし、ボンネットに
つかまり続けるニュージーランド人女性ゾーイの吹き替えなしのスタントは見ごたえあり。
しかし、いったん止まったところで女の子の一人が銃でマイクを撃つと形勢は逆転。こんどは
女の子がマイクを追いかけ回す。しかも執拗に、徹底的に。そしてついに車を転覆させ、
出てきたマイクをフルボッコにする。最後にはのどにかかと落とし!(殺しちゃったのかな)
ここに「The End」と!

ハイライトは後半のからラストだろう。タランティーノらしい緊迫とアホラシサに満ちていて
ここは気持ちがいい。全体の出来?としてどうか、と言われると、冒頭の評価に記したように
タランティーノの感性が大好きな人は★8つ以上だろうけど、たまたま見た人は、なんのこっちゃと
★3つ、ということになるのではないか。バカバカしさ(これタランティーノ流だからただのバカ
じゃないのが困るんだけど)とやりすぎ風のバイオレスが、やなりタランティーノの魅力だな、と
いうことは分かった。「傑作」か「くそ映画」か。どういわれようとタランティーノは満足なんだよ、
きっと。ww

タランティーノの作る映画はどういう風合いを持つか、かなりわかっている人でないとこの映画の
面白味は味わえないだろう。だらだら続く会話を字幕を追ってしっかりストーリーを追おうと思わ
なくても、全体に大きない影響はないでしょう。ww
私個人的にはタランティーノの魅力が一層理解できた映画ではあったが、好きな映画か、と問われると
そうでもない、と答えざるを得ない。ま。ジョン・カーペンターの諸作を面白いと思える人はいいかも。
e0040938_11023779.jpg
<ストーリー>
B級映画ばかりを2本立て、3本立てで上映するアメリカでかつて流行った映画館“グラインドハウス”を現代に
甦らせるべく、クエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した
2本立てムービー「グラインドハウス」のうちのタランティーノ版で、独立した1本の作品として再編集された
ディレクターズ・カット完全版。

カート・ラッセル扮する元スタントマンが、愛車を凶器にセクシー美女たちを次々に血祭りに上げるさまと、
そんな恐怖の殺人鬼に敢然と立ち向かうスタントウーマンとの壮絶な死闘をCGに頼らない迫真のカー・
アクション満載で描く痛快スラッシャー・ムービー。
なお劇中でスタントウーマンを演じたゾーイ・ベルは実際にハリウッドで活躍するスタントウーマンで、彼女が
ユマ・サーマンのスタントとして「キル・ビル」の撮影に参加したのが縁で、今回ヒロインに大抜擢となった。

 テキサス州オーステインの人気DJ、ジャングル・ジュリアは気の置けない仲間たちとバーへ繰り出し、
女の子だけの会話に花を咲かせていた。そんな彼女たちを、ドクロマークの不気味な車を駆る顔に傷のある謎の
中年男、スタントマン・マイクが秘かにつけ回していた…。

14ヵ月後、テネシー州で映画の撮影に参加していたスタントウーマンのゾーイ。彼女は空き時間を利用して、
仲間たちとある計画を実行する。それは、売りに出されていた憧れの車、映画「バニシング・ポイント」に
登場した70年代型ダッジ・チャレンジャーに試乗しスタントライドを楽しむこと。さっそくボンネットに乗り、
危険なスタントを始めるゾーイ。やがてそんな彼女たちを、あの男スタントマン・マイクが、新たな獲物に
見定め襲いかかるのだったが…。(allcinema)

<IMDb=★7.1>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:65% Audience Score:72%>

この映画の詳細は




トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/25743128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2017-05-01 23:15 | 洋画=た行 | Trackback | Comments(0)