ブルックリンの恋人たち Song One

●「ブルックリンの恋人たち Song One」
2014 アメリカ Worldview Entertainment,Marc Platt Productions.86min.
監督:ケイト=バーカー・フロイランド
出演:アン・ハサウェイ、ジョニー・フリン、ベン・ローゼンフィールド、メアリー・ステンバージェン他
e0040938_19465913.jpg
<評価:★★★★★☆☆☆☆☆>
<感想>
このところ、重めの映画が続いていたので、アン・ハサウェイが出ていて短めのロマンス、というだけで
チョイスした作品。情緒のみでストーリーやカタルシスなし。音楽の力?が言いたかったのかな。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
疎遠になっていたストリートミュージシャンの弟が、交通事故に遭い意識不明となってしまう。彼の姉で、
人類学博士号を取ろうと頑張っていたフラニーは、モロッコから急遽NYへと帰ってくる。

弟ヘンリーの部屋でジェーム・ズフォレスターというアーティストのポスターがいっぱい貼ってあるのを
見つける。そして弟が行くつもりであったチケットを持ってライブに行ってみることに。
弟は一体どんな音楽にあこがれていたのか、興味があったのだ。
フォークギターを手に静かに、でも熱い歌詞の歌を歌うジェームズの歌に感激したフラニーは
ライブ終わりで出待ちして、ジェームズに、自分の弟の事情を話す。

枕元で、弟に音や感触の刺激を与えてなんとか意識を回復させようと頑張るフラニー、そして
母カレンであった。するとライブの翌日、なんとジェームズが病室にヘンリーを見舞いに来てくれ、
しかも歌を歌って行ってくれた。

その後、フラニーとジェームズは次第に惹かれあい、男女の仲となる。しかし、ジェームズは
ロンドンでのレコーディングやら、曲作りの住まいは山の中の小屋、とかだし、一方のフラニーは
モロッコで人類学の博士号のための研究を続けなくてはならない・・・。愛し合っていても
二人は結局一緒になれないのではないか、そんな予感を抱えつつ数日が流れる。

ある日、いつものように歌を流していると、ヘンリーの意識が戻った!なんと!歌の奇跡か!
良かった良かったなのだが、ラストシーンでは、それぞれの道を歩み始めたフラニーとジェームズの
姿があった。どうやら2枚目のアルバムづくりで悩んでいたジェームズはフラニーと付き合ったことで
いい曲が書けるようになったっぽい。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
なんだよ、二人は結局別れちゃうんじゃないか、愛し合っていながら。それでいいわけ??
納得できんなあ。フラニーとジェームズがデートするブルックリンの夜景が綺麗でした。
ベリーショートのアン・ハサウェイがキュート。弟、意識が戻って良かったね!今度からは
ヘッドフォンして考え事しながら道を歩いちゃいかんよ。ということが残っただけの映画でした。
e0040938_19470924.jpg
<ストーリー>
疎遠だった弟が事故で昏睡状態に陥ったのをきっかけに、ニューヨークの街で彼の足跡を辿り始めた
ヒロインが、弟の大好きなミュージシャンの青年と偶然に出会い、音楽を通して恋に落ちていく
さまを描いたラブ・ストーリー。
主演は「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイ、共演は俳優としてのみならずミュージシャンと
しても活躍するジョニー・フリン。監督は、これが長編デビューのケイト・バーカー=フロイランド。

 モロッコに拠点を置き、人類学博士号取得を目指して研究を続けていたフラニー。ある日、疎遠に
なっていた弟ヘンリーが交通事故で昏睡状態にあるとの知らせを受け、急遽ニューヨークへ帰郷する。
やがてヘンリーの部屋で彼の憧れのミュージシャン、ジェイムズ・フォレスターのライブチケットを
見つけたフラニーは、彼に代わってライブへと足を運ぶ。
その歌に感動したフラニーは、ライブ後にジェイムズと言葉を交わし、彼のファンだった弟が事故に
遭い入院中であることを伝えて別れた。

すると翌日、ツアー中にもかかわらず、ジェイムズがわざわざ病室を訪れ、意識の回復しないヘンリーの
ために歌を歌ってくれたのだった。
さらに、ヘンリーに聴かせるための音を集め歩くフラニーにも寄り添うジェイムズ。いつしか互いに
惹かれ合う2人だったが…。(allcinema)

<IMDb=★5.8>
<Rotten Tomatoes=Tomatometer:34% Audience Score:28%>

この映画の詳細は

トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/25744038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2017-04-27 22:50 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)