ペイチェック~消された記憶~

「ペイチェック~消された記憶~Paycheck」
(2003、アメリカ・パラマウント映画 118分 
監督:ジョン・ウー 出演:ベン・アフレック、アーロン・エッカート、ユマ・サーマン他)

近未来。短期間でハイテク企業のパクリをライバル企業に雇われ作り上げる技術者のマイケル・ジェニング。
雇われていた期間の記憶は消される約束になっている。友人のオールコム社社長から依頼された新しい仕事の「消される期間」は3年だ。しかし報酬は9200万ドル! しかし3年後、自分の手元に送られてきたのは19個のガラクタと、報酬(ペイチェック)のオールコム株9200万ドル分を放棄する、という自筆の書面。なぜ、自分は報酬を放棄し、ガラクタを送ったのか?
自分は何を作ったのか?

上映当時は酷評のむきが多かった映画ですが(何せ、監督が「フェイス/オフ」、「MI2」のジョン・ウーだし、主演が1997に「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でマット・デイモンと共同脚本を書いて自らも出演、アカデミーとゴールデングローブ賞の脚本賞を獲得したベン・アフレック、お相手がタランティーノ監督の「キル・ビル」で名を馳せたユマ・サーマンですから。
でも、私はB級だと割り切って先入観無しで観たので、結構面白かったです。突っ込みどころはたくさんありますが・・・。謎解きのストーリーやジョン・ウーならではのアクションは面白いのですが、「おう、おう、そこまで都合よくいくかよ!」という場面がたくさん。肩のチカラを抜いて観ましょう。
尚、映画の詳細はこちらまで!!
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/2733486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2008-05-16 01:09
タイトル : ペイチェック 消された記憶
ジョン・ウー監督、ベン・アフレック、ユマ・サーマン主演のサスペンス・アクション。テレビ放映を録画していたのを見ました〜! <あらすじ> 情報化が一段と進んだ近未来が舞台。フリーのコンピュータ・エンジニア、マイケル・ジェニングス(ベン・アフレック)は、ハイテク企業の開発部門を渡り歩き、機密保持のため、報酬と引き替えに開発期間中の記憶を抹消するという手続きを繰り返していた。ある日、友人のオールコム社社長の依頼で、同社の極秘プロジェクトに関わり、報酬として同社の株を受け取る代わりに、開発中の3年間の記憶を...... more
by jazzyoba0083 | 2005-12-11 18:46 | 洋画=は行 | Trackback(1) | Comments(0)