ガタカ&ピアノブルース

「ガタカ・GATTACA」
(監督:アンドリュー・ニコル、1997 アメリカ コロムビア/ソニーピクチャーズ 106分
出演:イーサン・ホークス、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ他)

通の間では、評判の高いSF映画。近未来。人間は優性遺伝子を持つ人間だけが誕生を許される時代。遺伝子操作を受けて生まれてくるのです。そんな中、操作を受けずに生まれてきて、心臓に欠陥があり余命30年と宣言されたヴィンセント。
後に遺伝子操作で優秀な人間として生を受けた弟に何をしてもかないません。そんな逆境をなんとか脱して、宇宙飛行士を夢見るヴィンセントは、ある人物に成りすまして、衛星打ち上げ会社に潜入します。
近未来がこうなったら悲しいなあ、という映画でした。映像も奇麗だし、音楽もいい。CGなんてそんなに使ってないのにしっかりSF映画になっています。SF哲学映画、とでもいいましょうか。ヴィンセントに入れ替わりを受け入れるジュード・ロウが、凄く良いです。影のある屈折した青年をやらせると実に上手いですね、この人。
衛星会社に勤務し、ヴィンセントの理解者になるユマ・サーマンも若くて奇麗。このあとイーサンとユマは本当に結婚しちゃうんですね。映画に出てくる自動車が、レトロな三角窓のあるレトロな格好をしているのですが、音がガソリンエンジンじゃなく、電気っぽいんです。そんなところも○ですね。「2001年宇宙の旅」とかお好きな人にはお勧めです。

尚、映画の詳細はこちらまで!!

「ピアノ・ブルース・Piano Blues」
(監督:クリント・イーストウッド、2003年 アメリカ 93分
(出演:クリント・イーストウッド、ファッツ・ドミノ、O・ピーターソン、ドクター・ジョン、ジェイ・マクシャン、他)

イーストウッドの方針で劇場公開しなかったブルース誕生100年を記念して作られたドキュメンタリー。
ピアノで奏でられるブルースがどのようにアメリカで発展して来たかを、イーストウッドのインタビューと貴重なアーカイブ映像を使って綴られる。ジャズ好きにはたまらない作品です。
私はDVDに落として、もちろん永久保存としました。なぜって、今は無き、カウント・ベイシーとピーターソンのデュオ、レイ・チャールズのロングインタビュー、ジェイ・マクシャンやプロフェッサー・ロングヘアの演奏。動いているアート・テイタム、ナット・キング・コール、セロニアス・モンクや、まことに貴重なフィニアス・ニューボーンJr.などなど、よだれがでそうなレアな映像のオンパレードです。その間に、レイやドクター・ジョン、マクシャン、デイブ・ブルーベックなどが自分のブルース歴を語ります。こうやってみるとやはりブルースは黒人のものだなあ、って感じがします。そしてジャズはアメリカが産んだ最高の芸術だということが判ります。素敵な90分でした。製作総指揮はマーティン・スコセッシです。
尚、映画の詳細はこちらまで!!
by jazzyoba0083 | 2006-01-29 18:29 | 洋画=た行 | Comments(0)