リクルート・Recruit

「リクルート・RECRUIT」
(2003年 アメリカ タッチストーン/ブエナビスタ 115分 
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アル・パチーノ、コリン・ファレル、ブリジッド・モイナハン他)

リクルートといっても就職の映画ではありません。”勧誘”とか、軍事用語では”徴用”などの
雰囲気のタイトルです。
MITの優秀な学生、クレイトン(ファレル)は、CIAの”ファーム”と呼ばれる訓練所の教官バーク(パチーノ)に誘われ、彼らの一員になるべく、訓練を受けます。いろんなシーンがテストなのか本当のことなのか判らなく起こります。
このあたりは面白いですね。同級生で愛し合うことになるレイラ(モイナハン)との心理的駆け引き。どこからが本当で、どこまでが訓練か、見ていてもわからず、混乱することも。クレイトンはシェル石油に勤めていた父親が南米で失踪したその訳も知りたくてCIAに入った訳だが・・・。
ラストがチョッと、コケ気味かなあ、全体としては面白かったです。
アル・パチーノの存在感はやはり圧倒的ですね。最近では「セント・オブ・ウーマン」の彼が私は大好きです。
映画で出てくるノートPCのサクサク具合といったら、さぞや物凄いスペックのものを使っているんでしょうな、と突っ込みをいれたくなります。

尚、映画の詳細はこちらまで!!
by jazzyoba0083 | 2006-02-05 16:42 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)