トラフィック・TRAFFIC

●「トラフィック・TRAFFIC」

2000年 アメリカ 日本ヘラルド映画配給 148分 
監督&撮影:スティーブン・ソダーバーグ 出演:マイケル・ダグラス
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ベニチオ・デル・トロほか
2000年度アカデミー賞助演男優賞(デル・トロ)、監督賞、脚色賞、編集賞
受賞作品。


モダンムーヴィーの旗手、ソダーバーグの社会派力作。「エリン・ブロコビッチ」
「オーシャンズ11」「同12」など、結構登場人数の多い映画を撮る人ですね。
アメリカとメキシコを舞台に3つの物語が同時進行する群像ドラマ。
3つの物語を3つの色彩を付けたりして、わかりやすくしているのかな。
特にメキシコのシーンは手振れ多用でドキュメントタッチをだしたりして。
というわけで、3つの話が落ち着くのに私は30分くらいを要しました。
でも、その後は、脚本が良くできていたと思います。ラストもなるほどねえ、
といういい終わり方だと思いました。
ストーリーテリングとしても、すこし複雑なところもありましたが、楽しめる
ものです。結局アメリカの麻薬戦争の絶望的側面を3側面から描いた
ものですが、ゼタ=ジョーンズの旦那(シンジケートのボス)をちくった
売人が言う「おまえらは、戦争が終わったことを知らないで島に
閉じこもっている日本兵と同じなんだよ、結局、この麻薬戦争は終わって
いるんだよ」というセリフが印象的でした。
デル・トロの存在感は圧倒的でした。重いテーマではありますが
エンタテインメントであります。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-02-15 23:22 | 洋画=た行 | Comments(0)