ボルチモアの光・Something the Lord made

●「ボルチモアの光・Something the Lord made」
2004 アメリカ HBO 111分(テレビ映画) 監督:ジョセフ・サージェント
出演:アラン・リックマン、モス・デフ、ガブリエル・ユニオンほか


実話を元にして、面白いテレビ映画を作ることで知られるHBOが作った、
ヒューマンドキュメンタリー・ドラマ。ジョンズ・ホプキンズ大学を舞台に
ブラロック教授と黒人の助手ビビエン・トーマスの、世界初の心臓手術の
陰に隠れた、人種差別と、医学に情熱を燃やした一人の黒人の相克を
時代を追って描いていく。
医者になることを夢みている若き大工ビビエン。優秀ではあったが、
不況でクビに。ジョンズ・ホプキンズ大学(日本では慶応大医学部
といったあたりか)に掃除夫として雇って貰う。彼の医学に対する知識の
深さにに興味をもったブラロック教授と、外傷性ショック治療の成功する。
これが第二次世界大戦の多くの傷病者を救い、外科部長として招かれ、
ビビエンも同行する。
しかし、当時は黒人が白衣を着て病院内を歩くなんてことは、とんでもなく、
ましてや手術室に入るなんてもっての他だった。
しかし、ブラロック教授は、大学の反対を押し切って、彼を使い、先天性
心臓奇形の手術に世界で初めて成功する。
お祝いのパーティーでのブラロックのスピーチで、感謝したい仲間の中に
自分の名前が入っていないことに失望したビビエンは、教授の元を去る
決心をするが・・。
1940年代の黒人差別は想像を絶するもので、ビビエンの父親が
「黒人は解放されたが、自由になったわけではない。おれたちゃ、道具なんだ
よ」と言うが、ビビエンの人生はまさしく「道具」であった。
しかし、医学部を卒業していないビビエンに対し、ジョンズ・ホプキンズ大は
彼の名前が付いた研究室を作り、彼に名誉博士号を送ったのではあるが・・。
実話のみがもつ、重みを持って、観る人を引きつけていく。
ビビエンの苦悩と栄光を、しっかり受け止めるべき映画です。学校で見せたい
秀作。なるほど、エミー賞を3部門で獲得しただけのことはあります。
by jazzyoba0083 | 2006-03-11 22:20 | 洋画=は行 | Comments(0)