プロデューサーズ・THE PRODUSERS

●「プロデューサーズ・THE PRODUCERS」
2005 アメリカ コロムビア・ソニーピクチャーズ 134分
監督:スーザン・ストローマン
製作・脚本・作詞・作曲:メル・ブルックス
出演:ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック、ユマ・サーマンほか。

久しぶりで、映画館で観たミュージカルで、こんなに理屈ぬきで笑えて
楽しめた作品は無い。ミュージカルファンは是非、観るべきです。
それこそ、ザッツエンタテインメントの世界。時間は長いですがテンポが良くて
少しも飽きない。いや、良い映画です。このところ、トニー・スコットなんかの
社会派映画や、実話ベースの重めの映画が多かったので。映画館で、
涙を流しながら大笑いしたのって、何年振り?おバカで、そして良い映画。
御大メル・ブルックスもちゃんと映画に出ているんだけど、そんなお茶目も
楽しめます。

そもそも、この映画は1968年、才人メル・ブルックスが脚本を書いて映画化。
いきなり、アカデミー賞脚本賞を獲ってしまった位、ストーリーは抜群。
これが、2001年からブロードウェイミュージカルに仕立てられて、
なんとトニー賞史上最多の12部門をかっさらった。これを舞台版の振り付け
監督をした、スーザン・ストローマン監督が05年に、再び映画化、
今回の公開となった次第。主演の二人は舞台と同じオリジナル・キャスト。

ストーリーは、誠に判り易いもの。1959年のブロードウェイ。かつての
名プロデューサー、ビアリストックは、今や落ち目となり、金持ちの
老婦人から、出資金と称して金を巻き上げて、当たらないミュージカルを
計画する日々。
ある日、そんなビアリストックの元に現れた垢抜けない会計士のレオ。彼は
帳簿を調べていくうちに、200万ドルの資金を集めて、当たらない作品を
作り、すぐに打ち切りにして、資金を持ってリオデジャネイロにドロンするのが
得策だ、と考えた。
その日から二人は当たらない脚本家、当たらない俳優を探し、当たらない
ミュージカルを作り始める。題して「春の日のヒトラー」。観る人に不快感と
嫌悪を催させるため、配役にはゲイを立て、脚本を本物のヒトラー崇拝
主義者に依頼した。資金は勿論、金持ちの老婦人をビアリストックが
だましてかき集めたもの。そんな二人の事務所にスウェーデン人の女優
ウーラが現れ、二人はすっかりウーラの虜になってしまう。
そんなウーラもキャスティングして、いよいよ「春の日のヒットラー」が初日を
迎えた。
ナチス礼賛に見えた舞台に席を立つ客が出始めたとき、事態に変化が
帰ろうとした客も足を止めて、再び見入る。失敗を目論んだミュージカルは
新聞や雑誌に絶賛され、大ヒットとなり、二人の計画は失敗。
レオは、ウーラと、200万ドルを失敬して、リオに逃亡。ビアリストックは
2重帳簿がばれて、逮捕、裁判にかけられる。
自分を裏切ってウーラと逃げたレオを怨み嘆くビアリストックだったが、
レオとウーラは裁判に証人として現れ、自分のしがない人生を変えてくれた
ビアリストックを称える証言をし、ビアリストックはレオを孤独だった生活を
救ってくれた唯一の友人だ、と褒め称える。感動した裁判官ではあったが、
有罪。シンシンの刑務所に送られる。
刑務所でも、囚人を集めてミュージカルを作り、知事から、犯罪者の更正に
貢献したと、恩赦を受けて釈放される。
そして、再びブロードウェイに戻った二人は、刑務所時代のネタで作品を
書き上げ、上演。これが大ヒット。その後、次から次へとヒットミュージカルを
かっとばす名プロデューサーになったのだった。

全編、メル・ブルックスの50年代らしいメロディーラインとアレンジを持った
曲に溢れて、役者たちも達者で、素晴らしい。ここまで、歌を前面に出した
ミュージカルも最近珍しいのではないでしょうか?

ネイサン・レインとマシュー・ブレデリックの歌と演技がいいですねえ。
安心して聞いていられる歌唱。きわどいセリフの数々も、この作品の中に
落とし込まれると、全然いやらしくなくなるんです。
ユマ・サーマンも頭のネジが数本外れている、女優を上手く演じています。
周辺のオカマ連中も良い味だしてます。

むかしのMGM映画だと、ダンスシーンはカットせず長廻しして、その迫力を
訴えていたものですが、この映画は、逆にカットしてつなぐ事で、テンポや
リズムを出しています。そりゃ、フレッド・アステアやジンジャー・ロジャーズ、
ジーン・ケリーじゃないんだから、それでいいのだ、と思います。
刑務所のミュージカルの冒頭「シンシン~、シンシン~」と唄うシーンが
「踊る大紐育」のパロディであることがわかった人は偉い!

ミュージカルファンは必見。そしてラストのエンドロールは最後の最後まで
観なくてはいけません。お楽しみがあるんです!

尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/3367752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from シカゴ発 映画の精神医学 at 2006-05-10 14:55
タイトル : プロデューサーズ  ~このユダヤねたは最高だ!!
 二人のプロデューサー、マックス・ビアリーストック(Bialystock)とレオ・ブルーム。この名前を聞いただけで、二人がユダヤ人であるというこに気付かないと、この映画のおもしろさは半減する。... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-11-17 20:31
タイトル : プロデューサーズ
 『<最低>のはずが、<最高>の傑作に− それはブロードウェイの神様のイタズラ。』  4/8公開のコチラの映画を試写会で観て来ました♪いやぁ〜最高に楽しませてもらっちゃいましたよぉ〜♪1968年にメル・ブルックス監督のオリジナル版の映画があって、その後2001年4....... more
by jazzyoba0083 | 2006-05-05 18:20 | 洋画=は行 | Trackback(2) | Comments(0)