リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

●「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」
  The Assassination of Richard Nixon
2004 アメリカ セネターインターナショナル 107分
監督:ニルス・ミュラー
出演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ドン・チードルほか

74年に実際に起こった事件をヒントに作られた。 気が小さいというか
自己をまっとうに主張できない男が、社会的に追い詰められていき、
遂には、旅客機を乗っ取ってホワイトハウスに突っ込むしかない、と
信じ切ってしまうまでを、ある種、社会病理学的に描いていく。
「タクシードライバー」のソフト版って感じもする。
一見ごく普通のセールスマンが、次第に狂気を孕んでいく様子を
ドキュメンタリータッチで重ねていく。

映画は、主人公のサム・ビックが、大好きなクラッシック音楽の、中でも
好きな指揮者、レナード・バーンスタインに宛てた手紙を語る形で
進んでいく。1973年、サムは別居をした妻マリー(ワッツ)と3人の子供
との生活を取り戻すため、オフィスの事務機器を扱う店のセールスマン
の職を得た。一生懸命頑張るサムだが、口下手で不器用なサムは、
上手く商売を運べず、いつも上司から、罵られている。
小器用にウソをつくことが、上手い商売のコツでもあるのだが、
ウソが嫌いで、真面目に、平等に暮すことがなによりの信条である
サムにとって、欺瞞に溢れた身の回りが、次第に我慢が出来なくなる。

サムは親友の黒人ボニーと移動タイヤ屋を経営することが夢だった。
銀行に行き、自ら描いたバスの画を見せて融資を懇願するサムだった
が、審査に時間がかかるといわれる。
しかし、約束の日になっても銀行からはナシのつぶて。
その代わりにポストに入っていたのは、マリーとの離婚決定通知書だった。

サラリーマンとして上司を怒らせたサムは、会社をクビになり、かつ融資は
出ず、家族には逃げられ、さらにタイヤ屋を始めることを前提に注文して
あった500本ものタイヤが宙に浮き、詐欺とみなされるが、兄が
なんとか救う。そして兄からも絶縁される。何も良いことがないサム。

テレビでは、ニクソンがおよそ実現しないようなこと、そしてウソと
明らかにわかるような奇麗事を並べていた。サムは次第に、悪いのは
この国の指導者であるニクソンが、と確信していく。そのためには
ニクソンを暗殺するしかないと。

そして、一人で航空機を乗っ取ってホワイトハウスへ自爆特攻を計画
する。
いるよなあ、こういう不器用な人。ただ、実行できない、あるいはしては
いけない自制心が勝っているから、事件にならないだけで、皆が
やりたい放題だったら、この世の中やっていけないですわね。
(最近の子供殺しなんかみてると、そうしたタガが外れて来たような
背筋の寒さを感じるのですが)
タケシの暴力描写にも通じる思想だろうか。
自分の胸に手を当てて考えてみると、誰の心にも「サム」はいる訳で。

ラストのサムの狂気は、殆ど精神病の領域で、少々おぞましかったけど、
ショーン・ペンが、「ミスティック・リバー」で見せたアカデミー賞演技が
ここでも光っている。「キングコング」で注目されたナオミ・ワッツも良い
キャスティングだと思いました。
レナード・バーンスタインへの手紙、というのも本当にあったことなので
しょうか?物語の運びとしてはユニークだったけど、このこと自体が
すでに病気っぽい感じがします。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2006-08-12 18:30 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)