ライフ・アクアティック

●「ライフ・アクアティック」
~The Life Aquatic With Steven Zissou~
2005 アメリカ タッチストーン・ピクチャーズ、ブエナ・ビスタ 118分
監督:ウェス・アンダーソン(製作・脚本も)
出演:ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、ケイト・ブランシェット他


なにやら不思議な映画でした。ファンタジー・アドベンチャーとでも
いうジャンルなのかな。製作会社と配給会社をみるとディズニー系なので、
アニメも使って、なんかディズニーっぽい感じがしました。
好きな人にはたまらん映画なんでしょう。私には少々・・・・????
「イエローサブマリン」な感じもしたな。映画は有名な海洋学者ジャック・
クストーに捧げられている。

世界的に有名な海洋探検家にして海洋ドキュメンタリー監督の
スティーヴ・ズィスー。傲慢で自己中心的なのにどこか憎めいない
魅力を秘めた彼は、先の航海で昔からの大切な仲間を幻の
“ジャガーザメ”に喰い殺されてしまう。
近頃自作映画のヒットがない彼は、仲間の敵討ちと映画のヒットを誓い
、気心知れたクセ者揃いの映画製作集団“チーム・ズィスー”を率いて
探査船ベラフォンテ号に乗り込み、新たな航海へと旅立つ。
と、そこへ、ズィスーの息子と名乗る青年ネッド、取材意図が不明な
妊娠中の女性記者ジェーンらが加わり、旅は最初から波乱の予感。
そして案の定、彼らの前には幾多の困難が待ち受けていた…。

ライバルの海洋調査会社に泥棒に入ったり、海賊に襲われ、
資金を提供している融資会社から派遣されている男が海賊に
人質としてさらわれると、彼を救いに向かい、銃撃戦となる、など
"ジャガー・ザメ"に対面するまでには行くたの困難が待っていた。

最後はハッピーエンドで、やれやれなのですが、やっぱり大人の
マンガ、って感じで、私には、少々向かないタイプの映画だったな。
同じファンタジーなら「ビッグ・フィッシュ」や「ウォルター少年と
夏の日の思い出」のほうが好きだな。

尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/4114245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2006-09-06 21:45 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)