ビー・クール Be Cool

●「ビー・クール Be Cool 」
2005 アメリカ MGM配給 Jersey Films作品 120分
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ジョン・トラヴォルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ボーン他
e0040938_1119571.jpg

10年前に作られてヒットした「ゲット・ショーティ」の続編。
といっても、出てくる人は大きく変っているが。トラヴォルタは
10年の歳を感じさせなく若い。時間は長いがおバカな点と
テンポでひきつけて見せてしまう不思議な映画だ。B級もここまで
やれば立派、という見本みたいな映画だな。

マイアミの取立屋だったチリ・パーマー(トラヴォルタ)は、LAに出て
来て、なんだかんだとありながら(このあたりが前作「ゲット・ショーティー」
に描かれている)映画制作に成功、これが大ヒットして、今や
ハリウッドの大プロデューサー。しかし、チリは映画作りにもう厭きを
感じていて、マイアミに帰って気楽な取立屋に戻ろうと考えていた。
そんな時、インディーズレコード会社の経営者で友人のトミーが、
無名だが有望な新人シンガーがいるから一緒に売り出さないか、と
持ちかける。しかし、その場に押しかけたロシアンマフィアに射殺されて
しまう。

トミーの遺志を継いだチリは、トミー夫人のイーディー(サーマン)と組み、
場末のキャバレーで唄っていたリンダ・ムーン(クリスティナ・ミリアン)を
スカウト、契約をする。しかし、リンダには悪徳プロモーターと結んだ
契約が5年も残っていたのだ。彼らはリンダの足抜けを許さない。
しかし、チリとイーディーはロックの英雄エアロスミスのスティーヴン
タイラーに近づき、彼をおだてて、リンダとステージで一緒に歌わせる
ことに成功する。これでリンダ人気に火がつく。
一方、これまでの契約を反故にしたリンダとチリたちを許さない悪徳
プロモーターはチリたちを消しにかかる。これに、殺されたトミーが
金を借りていたギャングラッパーたちやロシアンマフィアが絡み、また
嵌めたり嵌められたりの合戦が繰り広げられる。

結局、リンダはその年の数々の賞を受賞する大スタートなったのだ。
ストーリーは、前作とほとんど同じ。だから、前作を観ている人は
より楽しい。チリの「俺を見ろ」というセリフや、業界でスターになること
を夢見るギャングの手下がチリのセリフでころりと参ってしまうところ
など。
これだけのスターを集めて、豪華に作られると、見ちゃいますね。
B級映画の極み。ハリウッドの看板に出てくるトム・ハンクスや
ニコールキッドマンにはギャラは払われているんだろうか。
キャデラック大好きなチリの今回の車がホンダのインサイトって
のも皮肉っぽくっていいな。
エアロスミス本人が出てきてしまうところが凄いし、タイラーが
娘(リブ・タイラー)の話をするなんて、業界裏話もここまで来れば、
見事だね。トラヴォルタやサーマンよりもザ・ロックやセドリック・ザ
エンターテナーなどの存在が光っていたのは音楽業界を描いた
ものだったからでしょうか?いかにもハリウッドっぽい映画です。
この映画にも出てくるダニー・デヴィートは、この映画を作った
Jersey Filmsの創設者でもあります。
尚、この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/4278718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2006-10-30 09:46
タイトル : <Be Cool/ビー・クール> 
2005年 アメリカ 120分 原題 Be Cool 監督 F・ゲーリー・グレイ 脚本 ピーター・スタインフェルド 撮影 ジェフリー・L・キンボール 音楽 ジョン・パウエル 出演 チリ・パーマー:ジョン・トラヴォルタ    イーディ・アテンズ:ユマ・サーマン    ラジ:ヴィンス・ヴォーン    エリオット・ウィルヘルム:ザ・ロック    マーティン:ダニー・デヴィート    ニック・カー:ハーヴェイ・カイテル    リンダ・ムーン:クリスティナ・ミリアン    ...... more
Tracked from DVDジャンル別リアルタ.. at 2006-11-28 11:28
タイトル : ビー・クール
映画プロデューサーとして成功した元取立て屋のチリが音楽業界に挑む!破産寸前のレコード会社社長と共に、才能ある無名のシンガーをスターにするため音楽業界に挑む男の姿を描いた作品。ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマンほか出演。... more
Commented by みのり(楽蜻庵別館) at 2006-10-30 09:55 x
TBありがとうございます。 出演者が豪華で楽しかったですね。 ザ・ロックがあんな役するんだ~と面白かったです。
by jazzyoba0083 | 2006-10-05 22:30 | 洋画=は行 | Trackback(2) | Comments(1)