武士の一分

●「武士の一分」
2006 日本 松竹 武士の一分製作委員会 121分
監督:山田洋次 原作:藤沢周平 撮影:長沼六男 音楽:富田勲
出演:木村拓哉、壇れい、笹野高史、小林念侍、緒形拳、桃井かおり
    坂東三津五郎、大地康雄他
e0040938_2040162.jpg

山田監督による、藤沢作品三部作の最終作品だとか。私は「たそがれ
清兵衛」を、大感激をもって観ていて、「隠し剣・鬼の爪」は未見です。
当代一の色男、木村拓哉主演ということもあって、前評判は上々。
いつものシネコンも、年配の夫婦を中心にまあ良く入ってましたね。

で、作品ですが。う~む。私は「たそがれ~」の方が遥かに好きですね。
この映画は木村拓哉の映画だ。確かに木村君は演技は上手い。あれだけ
自然に振舞える人は、今の映画界にもそうはいない。それは認める。
だけど、作品としてのストーリー性が、なんかイマイチなんだなあ。
それと、小林信彦も言っていたけど、これまでは、大自然や四季が
織り込まれて、映像とのシナジーも優秀だったが、今回は下級武士の
家が殆どで、しかも盲人の話、閉塞感がつきまとう。
それだけ、ストーリーが凝縮していた、といえばそうかも知れないし、
家の内外が中心といえども、アングルや照明、カメラワークなど、文句の
つけられない素晴らしさがある。「蝉しぐれ」とはやはり一線を画すな、と
観ていて判る。それはそれでいいんだけどなあ。

山田~藤沢作品にある、「ぐぐっと胸に来る」ところが無かったようだ。
確かに、最期に妻が帰って来ての夕食のシーンは、涙がでたが、
それだけだね。それも、単純明快な夫婦愛だ。明快すぎるので陰が無い。

殿様のお毒見役の下級武士(木村)が、ある日貝の毒で視力を失う。
彼の上司の口利きで三十石の禄は保証される、と聞かされる。
しかし、実は彼の上司は木村の妻が好きで、木村が失明したのを
いいことに、彼女をモノにしようと、禄の保証を家老に進言する、と
いって、その見返りに体を求める。木村のことを思う妻は、涙を飲んで、
要求を聞く。そのことを知った木村は妻と離縁する。

しかし、実際は、お殿様自らが、彼の悲劇を聞き、禄を保証し、一生養生
せよ、と決めたのだった。そのことを仲間からしらされた木村は、上司に
対し復讐を誓う。盲目の身で、剣術の腕を磨き、上司に果し合いを挑む。
上司は江戸の剣術同上の免許皆伝。果たして、「武士の一分」は
守られたのか?

素直な感想として、ある日突然目が見えなくなったのに木村の冷静さには
同意できないなあ。それと、盲目の身で、あんなに早く目開きのような
剣術が使えるようになるのかなあ?

「しみじみ」「ほのぼの」いやなことが残らない映画で、いい映画であることは
確か。でも「たそがえ~」は越えられなかった、と私は思いますが・・・・。

この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/4708955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Sweet* Days .. at 2006-12-10 20:43
タイトル : 『武士の一分(いちぶん)』
原作:藤沢周平 監督:山田洋次 CAST:木村拓哉、檀れい、笹野高史 他 STORY:近習組に勤める下級武士の三村新之丞(木村拓哉)の仕事は毒味役。新之丞はそんな仕事に嫌気が差しながらも、美しい妻、加世(檀れ)と中間の徳平(笹野高史)と平穏な日々を過ごしていた。ある日、いつもの通りの毒味後、新之丞の体に異変が起こる・・・・ 山田洋次監督の藤沢周平時代劇3作目。 前2作の『たそがれ清兵衛』と『鬼の爪 隠し剣』とはまたひと味違ったこの『武士の一分』。 主人公が東北の下級武士という点では同...... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-12-10 21:15
タイトル : 武士の一分
徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-12-10 23:17
タイトル : 映画「武士の一分」
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉)と妻・加世(檀れい)は慎ましくも平和な暮らしを送っていた。ところが、新之丞は役目で食べた貝の毒に当たって失明してしまう。 “毒見役”という役職にスポットが当てられるのが珍しい。台所横の薄暗い部屋で殿様への御膳からひと口だけ口に含む。毒見役に異常が出なけ...... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-12-11 23:17
タイトル : 『武士の一分』
命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大地康雄 □オフィシャルサイト  『武士の一分』 下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)と穏やかな生活を送っていた。 しかし、藩主の毒見役を務め失明。 妻が家禄を守ることと引き換えに、番頭の島田藤弥(坂...... more
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2006-12-12 12:12
タイトル : 「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。... more
Tracked from Akira's VOICE at 2006-12-12 12:36
タイトル : 武士の一分
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。 ... more
Tracked from りんたろうの☆きときと日記☆ at 2006-12-12 21:49
タイトル : 「武士の一分」観てきました♪
☆「武士の一分」 監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、赤塚真人、綾田俊樹、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎 三村新之丞は近習組に勤める三十石の下級武士。 城下の木部道場で剣術を極め、藩校で秀才と言われながらも、現在の務めは毒見役。 不本意で手応えのないお役目に嫌気がさしながらも、美しく気立てのいい妻・加世、父の代から仕える中間の徳平と、つましくも笑いの絶えない平和な日々を送っていた。 そんなある日、新之丞の身を、そして心も揺るがす事変が起こる。 いつものように役目を務める...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2006-12-14 21:52
タイトル : 武士の一分
【映画的カリスマ指数】★★★★★  その゛一分゛・・・しかと心に迫りましたでがんす  ... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2006-12-16 07:39
タイトル : 武士の一分 2006-69
「武士の一分」を観てきました〜♪ 30石取りのお毒見役の三村新之丞(木村拓哉)は、美しい妻・加世(壇れい)と忠義者の中間の徳平(笹野高史)と貧しいが平穏な日々を過ごしていた・・・ある日、新之丞は貝の毒に当たってしまい、視力を失ってしまう・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、徳平見たいな忠義者の中間が・・・ ... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2006-12-16 18:39
タイトル : 【劇場鑑賞134】武士の一分
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。 ... more
Tracked from ふかや・インディーズ・フ.. at 2007-04-10 12:03
タイトル : 身の丈時代劇
山田洋次監督『武士の一分』。 深谷シネマ怒涛の三週間興行。 最後の一週間。   赤塚真人は山田時代劇には欠かせない。 緒形拳演じる剣術の師匠役は、やっぱり田中泯に演じて欲しかった。 木村拓哉は…やっぱり木村拓哉。   男が刀を握る瞬間。 『たそ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-08-13 23:21
タイトル : mini review 07067「武士の一分」★★★★..
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01〜2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほどの病気を負い、武士として役に立たない体になってしまう……。続きを読む 出演 木村拓哉 桃井かおり 坂東三津五郎 小林稔侍 笹野高史 緒形拳 檀れい 赤塚真人 詳細情報 新之丞を虜...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2007-11-17 23:09
タイトル : <武士の一分> 
2006年 日本 122分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次  平松恵美子  山本一郎 撮影 長沼六男 音楽 冨田勲 美術 出川三男 衣裳 黒澤和子 出演 木村拓哉  檀れい  笹野高史  坂東三津五郎  岡本信人      緒形拳  左時枝  桃井かおり  小林稔侍  赤塚真人  赤塚真人... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2007-11-23 17:26
タイトル : ≪武士の一分≫
武士の一分 ¥2,780 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/17) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間121分 監督山田洋次 出演木村拓哉(三村新之丞)、檀れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、岡本信人(波多野東吾)、左時枝(滝川つね)、綾田俊樹(滝川勘十郎)... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2007-12-14 20:26
タイトル : 武士の一分&医龍2
医龍2は鬼頭チームの心臓移植が出来ず朝田チームの心臓移植がOKも 患者は生体肝移植の手術中で心臓の移植は不可能も次のチャンス厳しく 朝田が医師免許の剥奪を覚悟で生体肝&心臓を同時移植の手術を決行も 伊集院の乗った救急車は事故に遭遇して心臓4時間に間に合うかで終... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-01-02 22:28
タイトル : 『武士の一分』’06・日
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな〜『たそがれ清兵衛...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-03-07 20:46
タイトル : 武士の一分
 『人には命をかけても守らねばならない一分がある。』  コチラの「武士の一分」は、藤沢周平原作作品を山田洋次監督が描く三部作の3作目となる時代劇ムービーです。2006年12月に公開されたのですが、早々と年末にTVで放送してましたねぇ〜。  「たそがれ清兵衛」、「...... more
Commented by ミチ at 2006-12-10 23:19 x
こんにちは♪
この作品は木村君ファンで時代劇初心者にも分かりやすいように、比較的単純で分かりやすい作りになっていたように思います。
三部作はどれも好きですが、やはり「たそがれ~」が一番です!
Commented by kimion20002000 at 2007-08-21 00:50 x
TBありがとう。
僕は、少なくとも風景描写に関しては、「蝉しぐれ」の黒土監督の方を、評価しているんですよ。
by jazzyoba0083 | 2006-12-10 12:10 | 邦画・新作 | Trackback(17) | Comments(2)