Mr.&Mrs.スミス

●「Mr.&Mrs.スミス Mr.&Mrs. Smith」
2005 20世紀フォックス提供 リージェンシー映画製作 118分
監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ボーン他
e0040938_17452335.jpg

去年のお正月映画だったですかね。周回遅れでWOWOWにて鑑賞。
ブラピとアンジーの結婚のきっかけとなった映画として知られました。
これだけ濃密な夫婦役をやっていると、恋愛感情を持っちゃいますよね。
美男美女が。お互いに次の相手とのウワサが気になりますねえ。

脚本が違うので一概には言えないけど、あの「ボーン・アイデンティティ」
の監督の作品としては気概を感じない映画だった。というかそういう
たぐいの映画じゃないですね。ハリウッドの金がかかったコメディタッチの
アクションムービーでしょう。
映画を単なる娯楽として割り切って観れない人には辛いかもしれないです。
ただ、ひたすらスッキリしたい、と思う人には面白いでしょう。
だって、あれだけ撃たれて、全部防弾チョッキにあたっている、なんて
在り得ないし、家一軒ぶっ飛ばす火薬ってどんなん?とか、
カーチェイスも、突っ込みどころ満載だしなあ。そんなことハリウッドじゃ
当たり前で、それを承知で楽しみなさいよ、てな映画です。

ブラピファンにはたまらないだろうし、アンジーファンにも楽しい映画。
5~6年前に南米でお互いのミッションの最中に知り合い、電撃的に
結婚した殺しのエージェント同士。
5~6年は、お互いを騙し合い、正体を隠した生活が続いた。しかし、
ある日、同じ男の殺しを同時に指令され、現場でかち合うことに。

お互いのためにミッションは失敗し、それぞれが自分の妻、夫が
ライバルであったことに愕然とする。長年自分を欺いていたことに
腹を立て、同時にお互いの組織から48時間の猶予しか与えられず
再びミッションに失敗すると自分の命がない殺し屋の運命から
お互いを殺すことに必死になる。しかし、どこかにお互いに愛している
心はあるので・・・。

自宅での疑心暗鬼のディナーから始まった、家を壊すかと思われる
銃弾とナイフが飛び交う壮絶な夫婦喧嘩の結果、お互いの愛情を
確認した二人。
それからは、お互いの組織を相手に再び壮絶な戦いが始まった・・・。

アンジーが現場に残した焼けたノートパソコンの増設RAMから
妻の事務所がわかるところ、そんな抜かりはないだろうにね。
組織のBMW3台に追われる1ボックスカー。運転している
ブラピが「反応の悪いクルマだなあ」と嘆くところ。そりゃそうだわさ。

これは美男美女を眺めながら、アクションシーンに突っ込みを入れ
ながら楽しく観るのが正解の映画だな。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで
by jazzyoba0083 | 2007-01-07 22:35 | 洋画=ま行 | Comments(0)