ルーズベルト 大統領の保養地 Warm Springs

●「ルーズベルト・大統領の保養地 Warm Springs」
2005 アメリカ HBO映画 121分
監督:ジョセフ・サージェント
出演:ケネス・ブラナー、シンシア・ニクソン、キャシー・ベイツ他
e0040938_20361144.jpg

良質なドキュメンタリー映画を創るアメリカのテレビ映画制作会社HBOが
2005年に世に問うた、長編伝記映画。この話、アメリカ人には常識なので
しょうが、我々は知らないことが多いのではないでしょうか。
アメリカ大統領で大恐慌から第二次世界大戦まで激動の4期16年を
務めたフランクリン・ルーズベルト。彼が成人してからポリオに罹り、
壮絶なリハビリを経て後大統領になったことは不覚にも知らなかったです。
タイトルはWOWOWが付けたのだろうけど、これからだけでは何のことか
判らない。原題の方がむしろ判りやすく、サブタイトルに大統領の保養地
とかつけたほうが良かったのではないかしらん。

出演者はキャシー・ベイツ以外は知らない皆さんでしたが、なかなか感動的
な出来で、泣かされてしまいました。

政治的野心に満ちたフランクリンが、あるとき(井戸水を飲んだせい?)で
ポリオを発症、下半身マヒに陥る。不屈の人であるフランクリンは
ジョージアにスパがあり、ここがリハビリにいいらしいと聞くと、親の反対を
押し切って、そこのプールでリハビリに励む。ここでリハビリを指導する
運動療法士がキャシー・ベイツである。
夏になると健常者の保養地となるこのWarm Springs、リハビリの患者は
追い出されてしまう。それにポリオがうつると敬遠され、フランクリンに
理解を示していた経営者も、患者たちをこれ以上収容できなくなっていた。
そこでフランクリンは親の信託財産を使い、この保養所そのものを買い上げ
てしまう。

温泉を使ったポリオの療法は、学会にも認められるようになり、多くのポリオ
患者が、快方に向かっていた。
健康な頃のフランクリンが浮気をしていたことに怒り、冷えていた夫婦の仲も
妻が留守の地盤をしっかり守るようになり、愛情もまた復活したのだった。
そして、いよいよ中央政界から大統領選挙に打って出る日がやってきたのだ。

アメリカ大統領としてはただ一人16年も役職にとどまった、フランクリンを
称揚しようという気は全くないが、知らなかったことを知ることは決して
悪いことでは無いと思う。
この映画も金持ちが金にモノを言わせて保養地を買い上げてしまうといった
ことに引っかかると、魅力が半減するでしょう。
事実を知ること、と思ってみるべき良く出来たドキュメントです。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2007-01-13 17:30 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)