ラスト・マップ/真実を探して Around The Bend

●「ラスト・マップ/真実を探して Around The Bend」
2004 日本未公開 ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ提供
カーカム=レウィット製作 ジョーダン・ロバーツ作品 83分
監督・脚本:ジョーダン・ロバーツ
出演:ジョシュ・ルーカス、クリストファー・ウォーケン、マイケル・ケイン他
e0040938_21583679.jpg

WOWOWにて鑑賞。日本未公開のはずだわ。この映画じゃ、客は入らん。
配給がインディーズ系の監督作品を支援する組織と見えて、この監督も
この作品以外に記録がない。

祖父ヘンリー、父ターナー、息子ジェイソン、その息子ザックの男4代の
お話。足の悪い銀行員と息子のザック、遺跡発掘が趣味だった祖父の
ヘンリー。母が交通事故で亡くなったとき、父は家を出て行ってしまった。
ザックはおじいちゃんに育てられたようなものだった。
祖父ヘンリーは孫のジェイソンが銀行家であることが気に入らない。

そんな家庭に30年ぶりに父ターナーがひょっこり帰ってきた。
そして、祖父ヘンリーは、ケンタッキーフライドチキンのレストランの中で
なぞに満ちたいくつかのメッセージを残し、レストランで息を引き取った。

ヘンリーはフライドチキンの袋の中にいくつかメッセージを残していて、
その通りにしてくれ、と書いてあった。遺骨を散骨しながら、思い出の
場所のとむらい旅行に出かけた3人。
祖父ヘンリーの最終目的が何なのか、30年ぶりに現れた父と子の
壊れた関係を修復させようというのか。

最終目的地はアルバカーキだった。そこで、父ターナーは、ジェイソンの
足が悪いのは、自分が子供だったジェイソンを階段から投げ落とした、
その時、おれはラリッていたのだ、と告白する。

許せない息子ジェイソン。しかし、父ターナーも腎不全でもう余命幾ばくも
無い身で、医療刑務所を脱走してきたのだった。
真実を告げ、許しを請いに来たのに違いなかった。そして、旅の途中、
父ターナーも、腎不全でなくなっていった。

ジェイソンとダグはターナーも散骨しようと、ターナーと母が結ばれた
岩山の頂上で、遺骨を風の中に散らしたのだった。その時、親子の
わだかまりは消えたのだろうか?

というストーリー。なんだか良く判らん映画だったなあ。親子の愛情を
描いたらしいことは判ったけど、回りくどくてイマイチ理解不能だった。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2007-01-20 18:30 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)