ドリーム・ガールズ Dream Girls

●「ドリーム・ガールズ Dream Girls」
2006 アメリカ パラマウント+ドリームワークス提供 130分
監督・脚本:ビル・コンドン 
出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー
    ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ他

<2006年度アカデミー賞助演女優賞、ゴールデン・グローブ 
     作品賞、助演男優・助演女優賞受賞作品>

e0040938_051242.jpg

ブロードウェイの大ヒットミュージカルの映画化。1960~70年代の
モータウンサンドの隆盛を、キャッチーなオリジナル音楽と素晴らしい
歌声で圧倒的に描いてみせる。
モータウンサンドが好きな人には特にたまらないだろうな。

1960年代初頭、デトロイトのアマチュアボーカルコンテストにチャレンジ
して、メジャーになることを夢見ていた、ディーナ、エフィ、ローレルの
3人娘。しかしプロの壁は厚かった。そんな彼女らを見つめていた
中古車販売業者のカーティス・テイラー・Jr(ジェイミー)は彼女らに将来性を
見出し、マネジャーを買って出る。そしてまずは地元の人気スター
ジェームズ・アーリー(エディ)のバックコーラスの役を獲得することに
成功する。最初、バックで「アー、とかウーとかいっているのはイヤ!」と
いっていた、リードボーカルのエフィ(ジェニファー)も、グループのため
ということで納得、ステージをこなしていく。

そして、ついに彼女たちだけで売り出すことが決まる。名前も「ドリーム
ガールズ」と変え、リードも歌唱力満点だが、デブでビジュアルではない
エフィから美人のディーナ(ビヨンセ)に変更をする。
しかし、カーティスのこの決定にエフィは大いに不満だった。しかし、
今回もグループのためと我慢し、メジャーデビュー。
その後の彼女らの勢いは猛烈で、一躍全世界から注目される大スターに
なっていった。
ダンサブルなモータウンサウンドがもてはやされた時代も味方した。
映画の中にも「ジャクソン5」を髣髴とさせるグループなどが登場する。

ドリーム・ガールズは人気者になったが、リードを歌えないエフィの不満は
募るばかり。レコーディングでもつい、声が大きくなり、カーティスから
マイクを遠ざけろといわれてしまう。ふてくされたエフィは遅刻したり
仲間に迷惑をかけるようになる。
カーティスはついに彼女をクビにして、別のメンバーを入れる決心をする。
エフィーは、ソロで活躍することも出来ず、うらぶれた生活に転落していく。
一方で、カーティスとディーナは愛し合い、そんな雰囲気もグループに
微妙な影を落とす。

ジェームズ・アーリーがクスリのやりすぎで死んでしまったり、グループと
その周辺がギクシャクし始める。そして、彼女たちは、ついに
ドリームガールズを解散することを決心、解散コンサートを開くのだった。
しかし、そのステージにエフィを招くことを忘れてはいなかった。
ドリームガールズは4人だったのです、と聴衆に説明して・・・・。

もう衆目の一致するところでしょうが、アカデミー賞助演女優賞を獲りかつ
ゴールデングローブで助演女優賞を獲得したエフィー役の
ジェニファー・ハドソンの歌唱力が圧倒的
そして、ドリームガールズの歌がどれもいい
ステージで歌っているシーンなど、唄い終わると拍手したくなる気分。
きっとアメリカでは拍手なんだろうな。
これも皆さんおっしゃっていることだが、エフィーが助演という立場で
ディーナ(ビヨンセ)が主役という役どころが、どうも不自然で中途半端。
これは、脚本家が、ディーナのモデルになったダイアナ・ロスに遠慮したとか。
これで映画がやや散漫になってしまったのが残念ですね。

ストーリーは単純なので、歌も物語も十分楽しめるし、ハッピーエンドなんで、
これもいいですね。人物や時代背景に深く触れていないのは、その分、
歌に時間を費やしたかったからなのでしょう。でも私としては、歌が多すぎて、
ストーリーの進行がスローになるところでは眠くなることもありました。

このコーラスグループのモデルは「シュープリームス」。ディーナのモデルは、
ダイアナ・ロス。
エフィーのモデルは、フローレンス・バラードなのでしょう。
1963年、バラードからダイアナ・ロスにリードボーカルが変更され、このことで
バラードは精神的に不安定になり、トラブルを連発し、1967年グループを
脱退。その後ソロ活動をしたがうまくゆかず、社会保障手当てを受けながら
3人の子を育てた。シュープリームスの元メンバーとステージに立ったりした
こともあったが、1976年、32歳の若さで急死したという。

ミュージカル映画としては良く出来ているとは思いますが、私としては
大絶賛とまでは・・・。
2度目の鑑賞してきました。3月21日
新作を2度見るのも珍しいこと。奥さんが風邪でいけなかったのでもう一度付き合い
ました。2度目もとても面白く観ましたが、ジェニファー・ハドソンの歌声が
メリハリが少なく感じ、しまいにゃ、うるさい、と感じるようになりました。
「判った、判った、あんたは歌うまいよ!
だからもう少し力まないで歌わんかい!」

尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
Commented by oguogu at 2011-03-17 23:50 x
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ。
ははは、最後にはうるさくなってしまいましたかw
彼女の存在感がありすぎる声は、本人の性格も+アルファされて

出しゃばりすぎた歌声に化けてしまうのかもしれませんねぇ。
ですから、ワタシもおかわり(2度見)を止めてみたおかげで、
良い余韻を今でも残せていますw
Commented by jazzyoba0083 at 2011-03-18 23:29
oguoguさん
こんばんは!1度で十分でしょう。基本的には好きな映画なんですが、あの「これでもかヴォイス」にはノックアウト(死語)です。
(悪い意味でね)(´Д`)
by jazzyoba0083 | 2007-02-25 12:30 | 洋画=た行 | Comments(2)