フォーリン・ダウン Falling Down

「フォーリン・ダウン Falling Down」
1993 アメリカ ワーナーブラザーズ映画 118分
監督:ジョエル・シューマカー
出演:マイケル・ダグラス、ロバート・デュバル、レイチェル・ティコティン他
e0040938_222413.jpg

人は皆、内に怒気を含んで生きているが、理性でこれをコントロール出来て
いるわけだ。

この映画の主人公D-FENCEと名乗る男は、ある夏の暑い日、クーラーの
壊れた車を運転している時に渋滞に会い、頭に来て、クルマを捨てて
歩き出す。別れた妻の元にいる幼い娘に会いに行きたかったのだが、
電話するために寄った韓国人が経営する雑貨店で、お金を崩して貰え
なかったことから、怒りに火がついてしまい、店中を荒して、しかも
コーラを買ったお金は払って出て行った。

ここからこの男(マイケル・ダグラス)の狂気の一日が始まる。
銃器の払い下げ店を訪れると、右翼の男を銃殺、銃をしこたまバッグに
いれて、別れた妻の家を目指す。途中でゴルフ場を横切り、ゴルファーに
銃をぶっ放し、豪邸に進入し、管理人を恐怖に陥れたり、しながら。

一方、今日が退職の日の刑事。狂気の男がクルマを捨てていくそのクルマの
後ろにいたのがウンのつき。
結局その男を追うはめになる。言うことを聞かない妻、内勤になったことを
皮肉る部下や同僚たち。しかし、彼は、狂気の男を追うことにする。

そして、男が妻の家に向っていることを突き止め、やがて男と対決することに。
多分ロサンゼルスのベニスビーチあたりだと思うが、海に突き出たピアに
逃げた妻と娘を追う男、追う刑事。男は娘に会いたいだけだったのだが、
すでに正気ではない。男は「撃てよ」と挑発、ポケットに手を入れる。
刑事の銃が火を噴く。しかし、瀕死の男が取り出したのは水鉄砲だった。

たんなる「切れちゃった男」の話かな、と思ってみたけど、結構面白かった。
この男、いろんな状況で怒るし、刑事も最後には妻に怒りを爆発させるのだが、
それぞれの怒りに納得がいくから、こまったものだ。
世の中がこんな男だらけになったらやっていけないわけで、みんなこういう
映画を観て、カタルシスを得ているわけだな。
冗談では観れない映画だ。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/5295056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マイケル at 2014-10-10 15:47 x
いるよね 監督が何を書きたいか理解できない輩
by jazzyoba0083 | 2007-02-27 22:30 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(1)