ヴィクター/ヴィクトリア Victor/Vitoria

「ヴィクター/ヴィクトリア Victor/Victoria」
1982 アメリカ MGM映画 133分
監督・製作・脚本:ブレイク・エドワーズ
出演:ジュリー・アンドリュース、ジェームズ・ガーナー、ロバート・プレストン他
<1982年度アカデミー賞歌曲賞、ゴールデングローブ主演女優賞受賞作>
e0040938_13554090.jpg

「ティファニーで朝食を」「酒とバラの日々」「ピンクパンサー」などで
知られ、ジュリー・アンドリュースの旦那様としても有名なブレイク・エドワーズが
愛妻を主役に据え、自ら脚本・製作までやってしまった、ミュージカルコメディ。
音楽に盟友ヘンリー・マンシーニを迎え、1930年代のパリを舞台に人情喜劇が
繰り広げられる。ストーリーも凝っていて、小ギャグも満載、ドタバタもありで、
歌もいい。楽しいひと時を送れるハッピー・ムーヴィーである。

「女が男に変装して女を演じる」というちょいとややこしい展開。
1930年代のパリ。売れないコロラチュールの歌手ヴィクトリアは、なかなか
オーディションに受からず食事も満足に出来ず、アパートの家賃も払えない。
あるとき、無銭飲食を仕掛けたところを、ゲイのトディと出会い、救われる。

ゲイのトディは、ヴィクターの歌声に注目し、一計を案じる。
それは、ヴィクトリアをポーランドのをグレ人スキー伯爵という男性に仕立て上げ、
彼はゲイで、女装をして唄うことが上手いう触れ込みで、ショービズ界に
売り込む。ヴィクターと名前を変えたヴィクトリアの人気はたちまち爆発。
パリの人気者になる。

そこにシカゴからギャングの親分(ガーナー)が興行の下見にやってくる。
そして、ヴィクターを一目で気に入る。しかし、どうも女にしか見えない。
探偵を雇ったり、部下を使ったりして正体を見破ろうとするのだが、なかなか
尻尾をつかめない。一方、ヴィクトリアも親分を好きになる。
いい加減に自らを偽ることに疲れたヴィクトリアは、親分との生活を優先させ、
正体を明かすことにする・・・。

時代設定、パリという舞台、ショービズの世界、オカマと男装の麗人がいりみだれ
た愛情と友情の世界。そしてマンシーニの素敵な音楽。
ミュージカルというには小品だが、ジュリー・アンドリュースの愛らしさも良く出て、
満足いく出来だ。中でも
オカマのトディを演じたロバート・プレストンが実にいい。
彼がいなければこの映画の面白さも半減だったろう。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/5304149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2007-03-10 12:55 | 洋画=は行 | Trackback | Comments(0)