首都消失 

●「首都消失」
1987 日本 東宝 関西テレビ・徳間書店他製作 120分
監督・脚本:舛田利雄 原作:小松左京 音楽:モーリス・ジャール
出演:渡瀬恒彦、名取裕子、山下真司、大滝秀治、石野陽子、竜雷太
    ぼんちおさむ、丹波哲郎、財津一郎、夏八木勲、岸部一徳ほか。

e0040938_1223015.jpg

1987年の日本SF大賞を獲得した小松左京のパニック小説を映画化。
自衛隊や海上保安庁などが全面協力している。
20年前なのにもっと古い感じがする。このころはすでに、「E・T」や「スター・
ウォーズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などの特撮ものは、
スピルバーグや、ルーカス、ゼメキスなどによる高度なハリウッド作品が私たちの
目に触れており、それからすると、いかにも「痛い」特撮だ。
一時代前の「ウルトラマン」か、と思わせる東宝特撮。「残念」。金もかかって
ないのだろうなあ。
それからすると、「日本沈没」の特撮は、素晴らしいものがあるだろう。
取ってつけたようなモーリス・ジャールの音楽が、頭にこびりついて離れない。

桝田監督は、鈴木清順や蔵原惟繕、大島渚らのヌーベルバーグ派の対岸にいて
ごく日本的な(歌謡曲的な)日活を代表する監督として、脚本も書く才人として
大活躍の人であり、晩年は石原プロと組んで映画やテレビ映画などを
たくさん撮った。マッチの「ハイティーン・ブギ」なんかも撮っていた。
であって、この87年頃は事実上終わっていた人なんだな。なんでもっと若い
監督を使わなかったのだろうか。
あまり悪口を書くと80歳でご健在なので、このくらいにするが・・・。

首都圏を高さ2km、半径50kmの、謎の雲が覆い尽くした。通信は途絶し、
首都機能はマヒ。大阪で知事会議が開催され、この会議を国権の最高機関と
する計画が進む。国際的には国連の信託統治に移行というアイデアも
だされていた。
航空機は、突っ込むと爆発した。中で何が起きているのか?

これを解き明かそうとするのが、電機メーカーの技術開発部長朝倉(渡瀬)だった。
彼の家族も雲の中だ。
朝倉は、筑波にある研究機関の所長大田原(大滝)と協力、部下の岸部一徳
などの努力もあり、雲の実態を調査、なんとかこれに穴を開ける手段を開発
する。
一方、大阪テレビ局のディレクター、田宮(山下)とレポーターのまり子(名取)も
雲の取材に突撃する。とりあえず、静岡まで行き、スルガテレビの中継車を借り、
自衛隊の後ろにくっついて取材を重ねる。
朝倉の娘、朝倉に思いを寄せる名取と恋人の田宮の関係、などが絡んで、
人間模様も描きいれながら、映画は進んでいく。

とにかく特撮がゴジラレベルなので、見ていられないが、20年前の風俗や
クルマのスタイル、風景などが鑑賞できて、(あるいは石野陽子の若さ)
いい点もないではない。120分というのも無駄に長いなあ。ぼんちおさむの
担いでいるENGカメラが、中継用になったり、録画用になったりするし、
中継車にパラボラがないから衛星中継はしていないのだから、ならば
どこかに中継点を持ってマイクロを飛ばしているのか、というとそうでも
ないし、甘い点もある。関西テレビは監修しなかったのだろうか?製作社なのに。

しかし、邦画の持つ、いい意味での「痛さ」が、心地いいこともある。何故だろう?

尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/5617431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2007-05-02 02:10 | 邦画・旧作 | Trackback | Comments(0)