マンハッタン殺人ミステリー Manhattan Murder Mystery

●「マンハッタン殺人ミステリー Manhattan Murder Mystery」
1993年 アメリカ TriStar Pictures,107min.
監督・脚本:ウッディ・アレン
出演:ウッディ・アレン、ダイアン・キートン、アラン・アルダ、アンジェリカ・ヒューストン他
e0040938_21282021.jpg

NY、JAZZ、ウッディ・アレン、殺人、と来ると、本当にミステリーかと思うが、
実はずっこけミステリー。ウッディらしい笑いがあちらこちらに。それにしても
2時間近く、ウッディとダイアンはしゃべり続けている。マシンガンのようだ。
それにウッディは駄洒落を撒き散らしている。これが気が利いていて洒脱なんだな。

劇作家?のラリー(ウッディ)とキャロル(ダイアン)は、少々トウのたった夫婦。
アパートにすんでいるが、向かいの夫婦とたまたまエレベーターの中で知り合い、
お茶に誘われる。早く家に帰ってボブ・ホープの深夜映画を観たいラリーと
お近所付き合いよ、といって長居をしようとするキャロル、そうこの夫婦は長い間
夫婦なのに趣味は一致しないのだ。
そのお向かいの奥さんが次の日に心臓マヒで亡くなる。キャロルは、ダンナが
怪しいとにらみ、妄想膨らます。劇作家仲間やラリーの担当編集者も巻き込んで
素人探偵よろしく、「捜査」をはじめる。ラリーも、止めとけ、警察も心臓マヒって
いってるじゃないか、とたしなめるが、キャロルは止まらない。
最初に会ったとき、お互いに入るお墓も買ってある、と言っていたのに、
コーヒー豆を探してシンクの下を覗くと骨壷があり、中に灰が入っていたことから
怪しいと思い始めたキャロルだったのだ。

勝手にお隣に忍び込み、怪しいものはないか探したり、けっこう危ないことを平気で
やる。でもその結果、カリブの海に行くといっていたのに、パリ行きの航空券を
見つけたり、ますます怪しい証拠をつかむ。
ダンナは若い女がいて、奥さんを殺し、灰にして証拠を隠滅し、二人でパリに高飛びを
決め込もうとしているのではないか、と推理。
ラリーは相変わらず引きずられながらも、妻の暴走を止めようと必死だ。

しかし、町で死んだはずの奥さんの姿をみるにおよび、キャロルは殺人を確信。
奥さんに似た人を殺して、何か得になること計画しようとしていると、仲間と必死で
推理を組み立てる。若い恋人とされる女を付回したり。そしてさらに、奥さんとそっくりな
女性も、殺され焼却炉に投げ込まれるところを目撃してしまう。

考えた仲間たちは、ダンナの犯罪を暴くため、焼却炉に投げ込んだはずの奥さん?を
引き上げて手元にある、20万ドルと引き換えに取りに来いとハッタリの電話をする。

ついに正体を現したダンナは、逆にキャロルを捉えて、取引を要求する。かっこいい
対決シーンは、ダンナの経営する映画館。オーソン・ウエルズの映画が鏡に写っている
ところでのダンナとラリーの対決、そしてダンナの長い間の愛人だった足の悪い
老秘書の登場。彼に若い女に乗り換えられて頭にきていた彼女はダンナに銃を向けた。

結局、お向かいの夫婦の奥さんの姉が未亡人となって莫大な遺産とともにイギリスから
NYの妹夫婦のところをたずねてきて、たまたま本当の心臓発作で亡くなった。
一計を案じた夫婦は、奥さんが姉になりすまして、姉を自分として火葬、遺産をせしめ
ようとしたが、ダンナが遺産の独り占めを企み、奥さんを殺し、若い俳優志望の女と
逃亡しようとしていたのだった。

よくできた都会的な、おしゃれなミステリー?コメディーだったな。先週見た
「ピンクパンサー」(リメイク版)は、おばかな映画だったが、こっちも笑いがあちこちだが
おバカではなく、ヒューモアとウィットに富んでいるさすがウッディの映画だ。
ダイアン・レインが渋くウッディの相手を演じきっている。ウッディの駄洒落、好きだなあ。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/6528094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2007-09-26 22:55 | 洋画=ま行 | Trackback | Comments(0)