ピンクパンサー The Pink Panther

●「ピンクパンサー The Pink Panther」
2006 アメリカ MGM 93min.
監督:ショーン・レヴィ
出演:スティーヴ・マーティン、ケヴィン・クライン、ビヨンセ・ノウルズ、ジャン・レノ他
e0040938_2131103.jpg

ヘンリー・マンシーニのテーマソングが鳴り、ピンクの豹のアニメが動き出すと
フランスのエスプリが香り立つイメージが・・・・。

ピーター・セラーズで当たったシリーズのリメイクだが、今回のスティーヴ・マーティンの
クルーゾー警部はどうだろうか?
いかにも笑ってもらいます的なギャグはあまり好まないのですが、冒頭のパトライトが
屋根から滑り落ちておばあさんに当たるなんて、笑えない。
最大の見せ場?であるカメレオンになってのパーティー会場進入は、まるでドリフだね。
ジャン・レノが、律儀な刑事を上手くやっていた。最初、ジャン・レノに凄く似た他の
俳優かと思うくらい、こんなおバカ映画によく出たもんだ。

サッカーのフランス代表監督殺人事件と、ダイヤモンド“ピンクパンサー”盗難事件の
捜査に乗り出したクルーゾー警部が各地で大騒動を巻き起こす。
 サッカーのフランス代表チームが中国代表に勝利した直後、フランス代表を率いる
イヴ・グルアン監督が何者かに殺される事件が発生する。そして混乱の中、彼が身に
つけていた高価なダイヤの指輪“ピンクパンサー”が消えてしまう。
捜査を指揮するドレイフェス警視は、意外にもドジなクルーゾー警部を捜査に抜擢する。
そうして世間の注目を彼に集中させ、自分はのびのびと捜査を進めて手柄を
独り占めにしようという魂胆だったのだが…。
むちゃくちゃなドジでおバカなクルーゾーが最後に、吹き矢で殺されたサッカー監督を
殺せる立場にいた中国人を指摘、ダイヤを取ったのはビヨンセで、これは愛情の
証としてもらったので正当な所有権がある、とか見事なばかりの解決をしていくのは
お約束。まあ93分がギリだろうな。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2007-09-21 22:30 | 洋画=は行 | Comments(0)