プライドと偏見 Pride and Prejudice

●「プライドと偏見 Pride and Prejudice」
2005 イギリス Universal Pictures,Working Title Films,127min.
監督:ジョー・ライト 原作:ジェーン・オースティン「高慢と偏見」
出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・リンチ他
<2005 アカデミー賞主演女優、作曲、美術、衣装デザイン各賞ノミニー>
e0040938_15393611.jpg

いかにもイギリスの映画らしい。出来といい、尺といい。映像は物凄く美しい。黄金律や
シンメトリー、色の配置、奥行きのとり方、動線と背景の計算など、1シーン1カットの
映像美を楽しむのもいい映画。衣装もいい。ターナーの絵画を観ている感じを瞬間味わった。
なにせ近世の文芸ラブロマンスだけに、全編タルい感じは否めない。
が、ナイトレイの美しさと、ダーシー氏とのもつれた果ての愛はストレートで、良く伝わる。

『18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の5人の子どもはいずれも女ばかり。
女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら家も土地も遠縁の男子が継ぎ、娘たちは
路頭に迷ってしまう。母親はなんとか娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。

そんなある日、近所に独身の大富豪ピングリーが引っ越してきた。にわかに浮き足立つ
5人姉妹。そして舞踏会の夜、次女エリザベスは、ピングリーの親友ダーシーと出会う。
しかし、ダーシーの高慢な態度に強い反感を抱くエリザベス。さらに、あらぬ誤解から
ダーシーへの嫌悪感はますます募っていくのだったが…。』(以上allcinmaより)

この時期のイギリスの身分階級と、社会制度の中での結婚という状況を幾分シェイクスピアもかくや、とばかりのヒューモアも織り込み、それこそ男女の間の「高慢と偏見」それに
もう一つ加えれば「誤解」という愛情を妨げる要因を、乗り越え解決していく様子を5姉妹の
長女と婚約者、次女(ナイトレイ)とダーシー氏(お城を持ってる大資産家)を通して
描いていく。

「ダーシーには婚約者がいるんです。婚約しないと約束しなさい」とナイトレイに宣告する
ジョディ・リンチの叔母さんが、物凄い迫力。でも、そんな障害も二人の愛は乗り越える
んだけどね。恋愛映画なのに時代なのか1つのキスシーンもない。でもどこか猥雑な
臭いのする映画なんだよなあ、さすがにシェイクスピアを生んだ国の映画だけのことは
あるなあ。
e0040938_15403544.jpg

ナイトレイは美しいし、この役にあっていた。ジョディ以外では、5姉妹の父親をやった
ドナルド・サザーランド(『24』のキーファーの実父)はさすがの存在感。いるだけで
意味が伝わる存在だ。長さを我慢できる恋愛映画ファンにはお勧めです。
BBCがテレビ用に3回連続のドラマにしたらしいが、観ていません。そっちのが面白いと
いうことを言う人もいます。
なおこの映画の詳しい情報は

こちら
まで。
Commented by kira at 2007-11-23 19:32 x
こんばんは!
お気に入りの作品なんです♪TBさせてくださいね。
こちらの画像、キーラがとっても素敵♪♪
雨の多いインブランド、霖雨や朝もやなどが効果的に使われていて
全体の雰囲気も好みでした。
TV版もぜひ観てみたいです~。
by jazzyoba0083 | 2007-11-20 22:40 | 洋画=は行 | Comments(1)