冷血 In Cold Blood

●「冷血 In Cold Blood」
1967 アメリカ Clombia Pictures,133min.
監督・製作・脚本:リチャード・ブルックス 原作:トルーマン・カポーティ
    撮影:コンラッド・ホール 音楽:クインシー・ジョーンズ
出演:ロバート・ブレイク、スコット・ウィルソン、ジョン・フォーサイス、ポール・スチュワート他
e0040938_23523014.jpg

昨年のアカデミー賞で主演男優賞を獲った「カポーティ」の中に大きくフィーチャーされていた
実話を元にした彼の小説「冷血」を、R・ブルックスが自らプロデュース、脚本も手がけた。

ベースになったカポーティの「冷血」は、1959年11月14日深夜にアメリカ・カンザス州の
田舎町で起きた豪農一家4人惨殺事件(クラッター一家殺人事件)に関わった、二人の
男、ペリー・スミスとリチャード・ヒコックの「冷血」を描いた。カポーティーは、獄中の2人に
3年間にインタビューし、6000枚の資料を作り6年がかりで完成させた。
原作を読んだが、内容は映画では表されていない、KBI(カンザス州捜査局)の苦労・苦悩や、クラッター家がいかに周囲から愛されていて、罪の無い人々であったかの詳細が大幅に
省かれていて、死刑のシーンが逆にクローズアップされている。しかし、ブルックスは2時間
そこそこに上手くまとめ上げむしろ映像を伴っているだけに、犯人の実像への迫り方は、
「百聞は一見に如かず」の感がある。この年のアカデミー賞4部門にノミネートされている。

カポーティーの取材にこたえるかのように、ブルックスはリアリティにとことんこだわっている。
主演の二人は、実際の犯人に実に良く似ている。犯行が行われた農家のロケも実際に
殺人があった場所で行い、裁判の陪審員も当時の人をそのまま使った。絞首刑台も
実際のもので撮影しようとしたが、さすがにこれは断わられている。

カメラと音楽もいい。カメラは「明日に向かって撃て」「アメリカン・ビューティー」「ロード・
トゥ・パーティション」の3本でアカデミー賞撮影賞を獲得している名手だ。(故人)
息子のコンラッド・W・ホールもキャメラマンとなった。
また、クインシー・ジョーンズも言わずと知れたジャズアレンジャー、プロデューサーだ。
あえてモノクロとした画面の光と影を活かした映像、これに絡む音楽、特に、ペリーが
13階段に行く直前に、自分の人生を回顧するシーンで、外の雨が流れる窓がペリーの顔に
写り、あたかもペリーが泣いているように見えるところは圧巻だ。

事件は1959年11月、カンザス州の豪農クラッター家で起きた。有力な手がかりの無い
状態で、この家の夫妻と、息子、娘が、縛り上げられた上、銃で射殺されるという
凶悪事件が起きた。クラッター氏は普段から家に現金を置かず、小切手で済ます主義で
家には45ドルしかなかった。つまり犯人はたった45ドルのために何の罪もない4人を
殺したのだ。異なった足跡が二つあったことから複数犯という見方は出来た。

捜査に投入されたカンザス州捜査局捜査官らは、手がかりの無さに途方に暮れていたが、
ひょんなことから、二人の男が捜査線上に浮かぶ。それは、有力情報には1000ドルの
懸賞金がかけられた事から、刑務所にいるフロイトという二人の仲間からもたらされた。
彼曰く、ペリー・スミスとリチャード・ヒコックに、かつて自分が働いたクラッター家にはいつも
1万ドルの金の入った金庫がある、田舎だから鍵はかけない風習だ、楽勝の仕事だと
吹いたのだ。すると二人は、この話に興味を持ち、仮釈放と同時に実行に移したのだろう、
という。
これで、あっけなく二人の身元が割れる。そして逮捕もあっけなかった。彼らは、奪った
小切手を換金しては逃亡を繰り返していたが、メキシコに行っても夢は叶うべくもなく、
またカンザスに戻ってきたところを小切手詐欺で捕まった。

結局、どちらかというと常識派であり、直前まで犯行は止めようと言っていたペリーが
殺人の実行犯だったのだ。彼を狂気に走らせたのは、幼い頃の父親との不仲のトラウマ
だった。「1人の無力な人間が2人集まると、良い結果を生み出すこともあれば、このような
結末を生むこともある。"相乗効果の犯罪"2人が融合し第三の人格が犯した犯罪」で
あると分析されている。
ペリーが後天的な犯罪者であるとすればリチャードは、先天的な狂人といえる。
2人に共通するのは、どの凶悪事件にもあることだが、崩壊した家庭であり、両親の愛情
不足であり、満足な教育を受けていないということだ。なかんずく、親からの愛情が
欠けると、子供がどうなるか、という怖さを実にストレートに訴えかけてくる。

この映画の詳しい情報は、いつものallcinemaより
こちらの方が詳しいです。
実際のペリーとリチャードが、配役と如何に似ているかが判ります。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/6985095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by jazzyoba0083 | 2007-12-22 17:45 | 洋画=ら~わ行 | Trackback | Comments(0)