ロスト・イン・トランスレーション Lost In Transration

●「ロスト・イン・トランスレーション Lost In Transration」
2003 アメリカ Focuc Features,Tohokushinsha,American Zoetrope 102min.
監督・脚本:ソフィアコッポラ  製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン 他
<2003年度アカデミー賞脚本賞受賞作品>
e0040938_1044017.jpg

これも賛否が分かれる映画だろうな。なんせ「アカデミー賞脚本賞」を獲っちゃったんだから。
なんでぇ、って私なんぞは感じるが、アメリカ生活が長い息子に言わせるとアメリカで
孤独な生活をしていると判る、ってことだそうだ。
e0040938_10444466.jpg

で、よ~く考えてみると何でこの映画に違和感を感じるのか、というと、この映画は
「英語しか判らない客」が観るものだ、ということ。
e0040938_10453147.jpg

日本人は日本語が判ってしまうし、画面も見慣れた風景。英語には字幕。これじゃあこの
映画の良さは判らない。単に日本が馬鹿にされた、とか誤解されて見られているという
段階で終わってしまう。確かにソフィア・コッポラが描いた東京はどうしようもなくステレオ
タイプであり、旧来の芸者・フジヤマを脱しているものではなかった。京都だって
綿帽子の花嫁は、芸者の象徴だし。まあ、アメリカを描くのにエンパイアステイトビルと
自由の女神&カウボーイで済ます我々と似たり寄ったりだけどね。
e0040938_1046248.jpg

では、ソフィアが云いたかったのは何か。それは都会の孤独、コミュニケーションを
断たれたもの寂しさ、であったと思う。とすると選ばれた東京というのは借景に他ならず、
そこの文化というものはソウルでも北京でもよかったはず。ただ、彼女の場合、子供のころ
オヤジに連れてこられて滞在した東京という異文化を、自分の中の文化の対極にあるもの
としてチョイスしたのだろう。だからそこに描かれた東京がステレオタイプだから、といって
それはあまり意味をなさない。(だから英語しか判らず、日本のことをそんな知らない
欧米人向けの作品、ということだ。それゆえアカデミー賞を獲るわけだ)
非日常の中で感じるエトランジェ(異邦人)の寂しさは日常にいる側にはなかなか理解できない
だろう。これは非日常を感じるための映画だから、だから日本語が判っちゃダメなんだ。
e0040938_10474523.jpg

ストーリーといってあるようなないような。(それで脚本賞かい!)東京を訪れた盛りを
過ぎたハリウッドスター(マーレイ)と、写真家の夫にくっついて東京に来た新婚妻
(ヨハンソン)の言葉の通じない異空間での孤独を、パークハイアットホテルを舞台に
描く。二人がホテル内で偶然知り合い、お互いの傷を癒しあうのだが、惹かれあいつつ
別れていくまでを東京の風景を織り込みながら話は進む。
e0040938_10483333.jpg

新宿とか京都の平安神宮とか出てくるが、「あ、あそこ知ってる、行ったことある」と
思った人はこの映画を楽しむ意味が半分ない。(良い意味で、ですよ)
カンヌとかが好きそうな映画だが、アカデミーを獲ったということはハリウッド的なんだろう。

あらを探すべき映画では更々ないが、新婚妻が京都に向かう新幹線の車中は、
東海道新幹線ではありません。たぶん東北新幹線での撮影だとおもいます。
だってシートがエンジの市松模様なんだもん。東海道新幹線のシートはブルー基調ですよ。
JR東海は、車内での撮影に非常に厳しいので有名。だから東日本か西日本に逃げる訳
なんですね。
e0040938_1049880.jpg

★Walking in Shinjuku:Sofia Coppola&Bill Murlay
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/7039862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-01-04 21:53
タイトル : ロスト・イン・トランスレーション
 『世界中を魅了した"トーキョーのロマンス" ひとときの恋心は、永遠の想い出に変わる』  コチラの「ロスト・イン・トランスレーション」は、東京を舞台にハリウッド俳優のボブ・ハリス(ビル・マーレイ)と若く美しい人妻のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)....... more
Tracked from 【待宵夜話】++徒然夢想++ at 2008-01-06 12:28
タイトル : 『ロスト・イン・トランスレーション』を観たよ。
 この作品でのスカーレット・ヨハンソンからは、「ミルクの匂い」がしてくるような気がする。「乳臭さ」とは、全く別の意味で。 『ロスト・イン・トランスレーション』 原題:"LOST IN TRANSLATION" 2003年...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-01-07 00:59
タイトル : 「ロスト・イン・トランスレーション」
ソフィア・コッポラ監督の2作品目。 2003年度作品。 この監督、フランシス・フォード・コッポラの娘。 この一家、映画産業にかかわってる人が多し。 この作品でソフィア・コッポラが2003年アカデミー脚本賞を受賞。 ゴールデングローブ賞では作品賞まで受賞した話題作。 あらすじ 舞台は東京。 CM撮影に来たハリウッド・スターのボブ。 夫の仕事に同行して来た若妻シャーロット。 異国にいる不安や戸惑いから仲良くなる二人。 ここからネタバレ注意↓ ひらりんが生まれ育ってる東京が舞台。 ロケ地は秋葉原・新宿・...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-01-07 10:34
タイトル : <ロスト・イン・トランスレーション> 
2003年 アメリカ・日本 102分 原題 Lost in Translation 監督 ソフィア・コッポラ 脚本 ソフィア・コッポラ 撮影 ランス・アコード 音楽 ブライアン・レイツェル  ケヴィン・シールズ 出演 ビル・マーレイ  スカーレット・ヨハンソン  ジョヴァンニ・リビッシ    アンナ・ファリス  藤井隆  田所豊... more
Tracked from むーびーふぁんたすてぃっく at 2009-11-09 14:58
タイトル : ロスト・イン・トランスレーション
「ロスト・イン・トランスレーション」 感想 ロスト・イン・トランスレーション ひとときの恋心、永遠の思い出。“トーキョー”であなたに会えてよかった。 ハリウッド俳優のボブ、写真家の妻シャ`..... more
Commented by miyu at 2008-01-06 13:47 x
あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりありがとうございました。
今年もよろしくお願いしますね。
異国ではないのですが、生まれ育った街を離れ
暮らしているとちょっとこの映画に親近感を感じたりもします。
新幹線のところは気付かなかったのですが、
そっかぁ~スゴイところに気付かれますね!
Commented by みのり(楽蜻庵別館) at 2008-01-07 10:42 x
あけましておめでとうございます。 この映画の良さを理解できなかったわたしですが、いろいろな方の意見や感想を読ませていただくと楽しいです。 ことしもよろしくお願いいたします。
by jazzyoba0083 | 2008-01-02 22:45 | 洋画=ら~わ行 | Trackback(5) | Comments(2)