世界最速のインディアン The World's Fastest Indian

●「世界最速のインディアン The World's Fastest Indian」
2005 ニュージーランド・アメリカ New Zealand Film Comission.他 127min.
監督・製作・脚本:ロジャー・ドナルドソン
出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード、アーロン・マーフィー他
e0040938_0125763.jpg

また好きな映画が1本増えた。途中で涙が出てきてしまった。監督は、主人公のドキュメンタリーを作った後30年間構想を暖めてきたというから、その思いが、愛が、映画から溢れている。
ストーリーは単純で極めて判り易い。それに悪人が出てこず、主人公と出会う人がみんな
優しさに溢れている。人間の暖かさを素直に受け止めることが出来る。
名画、という映画ではないが、お気に入りの一作となった。アンソニー・ホプキンス、いいねえ。
e0040938_0133576.jpg

実在のニュージーランドのモータリスト、バート・モンロー(1899~1978)をアンソニー・ホプキンスが演じる。彼が1920年から自作バイク“インディアン・スカウト”で挑戦してきた
数々のスピード記録。国内記録もオーストラリア記録も持つかれだが、やはりスピード記録の
聖地であるアメリカはユタ州のボンヌヴィル・ソルト・フラット・に行って、新記録に挑戦する
ことが夢であった。年金をこつこつとためてバイクに改良を加え、遂に62歳にしてバイクと
共に渡米することに成功する。
e0040938_0141213.jpg

彼の周りを取り囲む人々、うるさい音を朝早くから出して文句は言うが、挑戦には成功して
欲しいと願う隣の夫婦、そして、隣のおじちゃんを尊敬しながら暖かく見守る夫婦の子トム。
カンパをしてくれる年金窓口のオバサン。
e0040938_0144329.jpg
最初はケンカを吹っかけてきたものの、港へ向かうバートを護送してくれるカミナリ族の青年たち。
貨物船の船員、税関の職員、モーテルのオカマさん、バイクを載せるトレーラーをバックヤードで作らせてくれる中古車屋のラテン系店主、ユタへ向かう途中、タイヤが外れて往生していたバートを助けてくれ、お守りと前立腺の薬をくれたインディアン、ガラガラヘビから救ってくれて一夜を共にしちゃった老婦人、お茶を飲みに入ったドライブインで、お茶なんか無いよ、と冷たく言われたものの、持病の狭心症の発作が起きると、「大丈夫か、隣町に病院があるよ」と教えてくれる女マスター。
ヒッチハイクで乗せてやったベトナム休暇兵の兵隊さん(4400に出ていたね)、
e0040938_0154825.jpg

そして、やっと着いたボンヌヴィルで出会った、レースの係りの人、無償でモーテルの部屋を
提供する男たち、テストランで速度制限無しの州道を走っていたバートをナンバープレートが
ない、と言って止めたパトカーの警官も、彼の目的を聞いて、見逃してくれる。バートをスポーツマンオブザイヤーに選出して、カンパを渡す若い女性二人と参加者たち、本当は登録しなければチャレンジレースに出れないのだが、みんなの好意で出場し、そして遂に自分の足にヤケドを負い、転倒しながらも、時速312キロ強の世界最速記録を打ち立てたのだった。
e0040938_0164826.jpg

e0040938_017195.jpg

バートは、その後9回もユタに行き、記録を塗り替え続け1000ccクラスの2輪車の記録としては今でも破られていないという。

「夢を持たないヤツは野菜といっしょだ。・・・キャベツだ」と隣のトム少年に言って聞かすバート。
レース場の係り員に「年を取り過ぎ」といわれ「顔は75でも心は18の少年だ」というバート。
男はこういう単純な熱血成功譚が好きなんだよなあ。単純だといわれても。

淡々とした音楽もいいですね。夢に挑戦する、というお話も勿論いいのだが、バートは周囲の
好意に常に感謝し、恩返しをしたいと願っている。そんな気分のない今の世の中だからこそ
猶、心に響くのだろう。また、時間がたったら観てみたい映画だ。清清しい気分になりたい時に。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/7097030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-01-16 01:11
タイトル : 映画「世界最速のインディアン」
原題:The World's Fastest Indian バイクに乗らなくなって何年か経つけど、心地良い振動と、文字通りに一体となって風を切り裂いていく、あの素晴らしい感覚が、心臓の高鳴りと共に甦る・・ バイクでは随分と危険な目にも会い、常にスリルと恐怖さえも同居してたように思... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-01-19 23:17
タイトル : 世界最速のインディアン…軽量化すべきはパイロット?
先週は忙しかったです{/face_hekomu/} コメント&トラバもたくさんいただいているのですが、放置してしまってスイマセン{/dogeza/} まだまだ忙しさは終わったわけではなくて、今月はヒドイことになっちゃいそうです{/down/}{/down/} 世の中は三連休なようですが、昨日(10月6日・土曜日)も明日(10月8日・祝日)も仕事だし…トホホ{/down/}であります{/face_naki/} 昨日は仕事の後(というか途中?)に会社行事で焼肉を食べました。 実は、私にとってお酒{/b...... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2008-01-21 16:24
タイトル : ≪世界最速のインディアン≫(WOWOW@2008/01/..
年明けからWOWOWで素晴らしい映画やってました 世界最速のインディアン   公式HP   詳細@yahoo映画 何てこった~~~!! 存在自体もこの時初めて知ったんだけど、こんなに良い映画だったとは すっごくお気に入りの作品になったし、これはめちゃめ... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2008-11-09 09:20
タイトル : 世界最速のインディアン DVD
「世界最速のインディアン」のDVDを観ました〜♪ この映画も、公開中に観に行きたくて観に行けなかった映画です。 主人公のバード・マンローって実在の人物なんですね。インディアンってバイクメーカーがあったのは知ってたけど、バートの名前は知らんかったです。 主演のアンソニー・ホプキンスの名演に尽きる映画かなぁ・・・ バートと絡む人は、何故かイイ人ばかりなんだよね。普通、こんなにいい出会いばかりだと、少々胡散臭かったりするんだけど、その辺を感じさせないのがさすがホプキンスの演技って感じですか...... more
by jazzyoba0083 | 2008-01-15 23:33 | 洋画=さ行 | Trackback(4) | Comments(0)