もしも昨日が選べたら Click

●「もしも昨日が選べたら Click」
2006 アメリカ Clombia Pictures,Happy Madison Productions,107min.
監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセイル、クリストファー・ウォーケン他
e0040938_12471149.jpg

映画館で予告編を見て、面白そうだな、と思っていたら、あっという間に撤退していった
映画だった。このたびWOWOWで対面。やはりテレビでよかったわい、と感じたB級映画
でした。プロデュースにアダム・サンドラーが加わっていることから、彼自身こういう映画を
撮りたかったんだろうな。ストーリーは、時間の撒き戻しや早送りを自在に出来るリモコンを
手に入れた男の悲喜劇、というありがち内容。後半、人間ドラマで持ち直すが、前半が
痛く退屈だった。しかし、大人のファンタジーという面から見れば、気軽に見れる一品ではあろう。

建築士のマイケル・ニューマン(サンドラー)は、美しい妻ドナ(ベッキンセイル)と2人の
かわいい子どもたちのためにと懸命に働く日々。いつしかそれは、仕事優先で大切な家族を
顧みない生活となっていった。
そんな時間に追われてばかりのマイケルは、煩わしいリモコン操作に嫌気がさし、どんな電化製品も一台で操れる“万能リモコン”を求めて街に出る。そして、間違えて入った家具屋の
ベッドに横たわると、気になる別の入り口があった。入ってみるといたのは怪しげな従業員
モーティ。彼から、人生さえも早送りや巻き戻しできる不思議なリモコンを手に入れる。
「料金は要らないよ。でも返品は絶対不可だからな」と言われて。
一旦は気味悪くて捨てようとするのだが、どうしても身体から離れなくなってしまっていた。

妻との口論を早送りしたり、犬の吠え声を小さくしたり、忙しい仕事を早送りして仕上げたり。
人生を思い通りに操作し始めるマイケル。そして、ついにパートナーの引退を受けて、社長に
まで登りつめた。しかし未来のマイケルはメタボで、心臓に不安を持っていた。
幼い娘は綺麗な女性になり、結婚式のシーンに突然先送りされたり、息子は立派に跡取りに
なり、建築士として働いていた。しかしマイケル自身は頑固な親父になっていたのだ。
降りしきる雨のなか、家族を追いかけて病室を抜け出てきたマイケルは心臓発作で倒れ、
そのまま死んでいく。「何よりも家族を大切にするんだぞ」といい残して。

ここでベッドの上での暫くの夢だったことが判る。な~んだ、全部夢かよ!そんなのありか!
と観ている人は憤慨するだろう。マイケルはまた幼い子供たちに抱きつき、今の幸せを
噛み締め、仕事いちずは辞めて、家族を大事にしようと本心から思うのであった。
ふとキッチンをみると、あのリモコンが!! モーリーのメッセージは「学んだ人間には
見返りが無くてはね(とかいう意味の)」と添えられていた。
しかし、マイケルは躊躇することなく、リモコンをゴミ箱に捨てたのだった。こっちが本当の
オチであったわけだ。ホーリーは決して夢の中の店員ではなかった、のだ。
まあ、ファンタジーであるんで、マナジリを決して見るものではないので、お気楽に楽しめば
それなりに楽しい映画ではあります。
e0040938_13101667.jpg

                 Kate Beckinsale as Donna Newman in "Click"
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2008-01-10 23:12 | 洋画=ま行 | Comments(0)