大空に乾杯

●「大空に乾杯」
1966 日本 松竹映画 97分
監督:斎藤武市  脚本:白坂依志夫、中野顕彰
出演:吉永小百合、浜田光夫、十朱幸代、川地民夫、広瀬みさ、葉山良二、和泉雅子他
e0040938_1225543.jpg

ハードな内容の洋画を観ていると、こういう古い邦画が、時にとても新鮮で懐かしい。
昭和41年の作品だから、私は中学2年生。ビートルズ来日の年でもありました。世の中
オリンピック不況の真っ只中。映画がそろそろ娯楽の王者の地位をテレビに譲り始めた
頃でしょう。ま、こういう映画を今みる意味といったら当時の風俗を楽しむ、に尽きるでしょう。
次に若い日の女優さんたちの姿。ストーリーはこの当時ではゴールデンコンビだった
吉永と浜田の青春ラブストーリー。大したことはありません。

まず、昭和41年の東京。もう当然首都高は走っているのですが、何処となくのんびり。
園芸大学生の浜田の乗るマツダのオート三輪。吉永の先輩、十朱の所有する赤のダイハツ
コンパーノ・ベルリーナ、若い人たちの乗るトヨタS800、ホンダS600。
浜田は詰襟だ。スチュワーデス(と当時は呼んでいた)の吉永らの搭乗するボーイング727。
e0040938_1234168.jpg

デザインは2世代前だ。機内は全席喫煙OKだ。羽田や伊丹には、YS11がたくさん駐機して
いる。そうそう、吉永のお金持ちの方の彼氏候補は縦目のベンツを手袋をして運転しているの
だが、飲酒運転OK!(法律では当然禁止されていたのだが、映画の中でその状況を許して
しまう緩さ)

ミニスカートにゴーゴーダンス(モンキーダンス)、円筒ボディの電気掃除機。
デートに遅刻してきた浜田のいい訳が「来る電車来る電車満員で30分も待っちゃったよ」と
いうセリフ。そう、当時新宿などの国鉄駅には押し屋という人たちがいましたねえ。

吉永小百合が若い!可愛い!(当然だね)、和泉雅子が高校生を演じている!
e0040938_1243389.jpg

                               吉永小百合21歳!!
スチュワーデスの新人、吉永と教官格の広瀬、自由な生き方が好きな十朱、
広瀬の高校生の妹に和泉。広瀬の許婚で整備士の彼氏に葉山。吉永の家の庭の手入れに
来る園芸大学生(当然苦学生)に浜田。日本では咲いたことの無い新種のベゴニアを何とか
咲かそうと努力する一途な浜田に惚れる吉永。和泉は、姉の許婚の独身寮にあがりこんで
葉山にちょっかいを出したりしていたが、自分の誕生日に、姉の乗る機に病人が出て、
遅くなり、これに不貞腐れた和泉は町に繰り出す。ゴーゴー喫茶で知り合った園芸大学生
に連れて行かれた大学の温室で、浜田と出会い、惚れてしまう。恋敵になる吉永と和泉。
一方、機内の病人(子供)を的確な手際で病院に送り込んだ吉永ら3人は、その子の
祖父からお礼の食事に誘われる。そこには祖父の次男が控えていた。実はお礼と称した
吉永と次男の見合いの席だったのだ。

貧しいけど将来は大きな花畑を経営したいという夢を熱く語る浜田にも惹かれ、毛並みも人柄
もよい次男にも惹かれる吉永。そんなある日、台風がベゴニアを栽培中の大学の温室も
直撃した。徹夜で花を守る浜田、吉永、和泉、十朱。
そして、台風一過、あのベゴニアに遂に花が咲いたのだった。
吉永が選んだ人は・・・。
ラスト、和泉が新人スチュワーデスとなって登場してくる。
何も考えず、ふわふわと観るのにはいい気分の映画。ニュープリントだから色もいいしね。
尚この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/7114258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from RE940の自作DVDラベル at 2011-10-31 21:25
タイトル : 大空に乾杯
1966年 日活 97分 監督:斎藤武市 出演:吉永小百合 浜田光夫 十朱幸代 川地民夫  広瀬みさ  葉山良二 和泉雅子  押見史郎  下元勉 花ノ本寿  桂小かん 佐々木すみ江 小橋玲子 小高雄二  清水将夫  全日空の協力のもとに製作され、当時人気絶頂の吉永小百合が、快活な新人スチュワーデス(現在の呼称はキャビン・アテンダント)に扮して話題を集めた明朗青春娯楽映画。  2ヶ月の厳しい訓練を経て、いよいよ初の飛行任務に就くことになった新人スチュワーデスの滝村ゆり...... more
Commented by 花椿 at 2008-01-21 16:29 x
この大空に乾杯だけど、1966年2月4日に木更津沖に727は墜落し乗客乗員全員死亡、この映画はその直後の2月25日だが、ちゃんと封切りされたのかな、
by jazzyoba0083 | 2008-01-18 23:55 | 邦画・旧作 | Trackback(1) | Comments(1)