リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Sunshine

●「リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Sunshine」
2006 アメリカ Big Beach Films,100min.
監督:ジョナサン・デイトン、バレリー・ファレス 脚本:マイケル・アーント
出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ
    アビゲイル・ブレスリン、他
 <2006年度アカデミー賞<助演男優(A・アーキン)、脚本賞受賞作品>
e0040938_11111821.jpg

アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、てんでにトラブルを抱えていて崩壊寸前。
そんな一家が、ぼろぼろのワーゲンワゴンに乗って、末っ子のオリーヴが出場する
「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストに向かう途中で、さまざまな出来事と遭遇し
家族を回復していく、というロードムービー。インディーズ作品ながら、アカデミー
作品賞にもノミネートされた傑作。「心温まる」とかいう単純な感想が、上手く当てはまらない
現代批判を辛口に内包しているといえよう。

一家の乗るワゴンは、家族と人生を象徴している。ラスト、押し掛けでしか動かない
ワゴンをみんなで押して、それぞれ飛び乗っていく様は、いかにも家族の再生を象徴して
いる。遡るが、途中でギアが入らなくなる、クラクションが鳴りっぱなしになるこのワゴンは
フーヴァー家そのものなわけでが。

家長のリチャードは、「成功への9つのステップ」という理論を組み立て、これを講演したり
しているが、出版の話を何とか成功させようとあがいている。
ママのシェリル(トニ・コレット)は、孤軍奮闘するが、ある日、「自分はアメリカ一のプルースト
研究家だ」というゲイで、シェリルの兄のフランクが、自殺未遂をして、うつになり、一家に
転がり込んで来た。長男のドウェーンは航空学校に入るまでは誰とも口を利かない、と
筆記で会話をするような引きこもりだ。(彼は後に、色覚異常であることが判り、パイロット
にはなれないことがわかるのだが)、そして末っ子のオリーヴは、素直ないい子だが、
カリフォルニアで開催される可愛い女の子を選定する「リトル・ミス・サンシャイン」大会への
参加資格が、ひょんなことから転がり込む。
そしておじいちゃんはヘロインをやる不良エロ老人だ。(気はいい老人なのだが)

オリーヴの参加する大会が、カリフォルニアであることから、アルバカーキから、西海岸
まで、飛行機でいくような距離を、おんぼろのワーゲンワゴンでみんなで行くことになった。
e0040938_111234.jpg

途中で、クルマはさらに壊れるわ、ドウェーンが色覚異常であることが判り、彼が自暴自棄
になるわ、などトラブルは続く。
一番のトラブル?は、おじいちゃんがヤクのオーバードーズ?で死んじゃうこと。途中の
病院で検視はしてもらうが、このままだと大会に間に合わない。そこで一家は病院から
おじいちゃんの遺体を持ち出し、ワゴンに積んで、カリフォルニアを目指した。
しかし途中でクラクションが止まらなくなり白バイに止められ、すんでのところで遺体が
ばれそうになったり。

様々なトラブルを乗り越え2日掛かりで会場に到着するも、すでに受付の3時を5分過ぎて
いた。いじわるな主催者のおばさんは「規則は規則」と受け付けてくれないが、横にいた
スタッフの音響係りのオジサンに救われて、参加は出来ることになった。
でも、出場するのはみんなジョンベネ級の可愛い女の子ばかり。田舎娘のオリーヴは
逆に目立ってしまう。
この事態を見た、兄と父は、オリーヴが恥をかいてしまうから出場は止めろ、と母に
迫るが、これまでオリーヴがしてきた努力をここで止めることは出来ないわ、とステージに
上げる。オリーヴの踊りは、おじいちゃんに教えてもらったマドンナのエロっぽい、とても
子供が踊るようなダンスではないような踊り。会場から非難の声があがり、主催者は
司会者に、踊りを止めるように命令するが、家族が全員ステージに上がってオリーヴを
応援し、最後まで踊りきらせる。シーンとする会場。追い出される家族。
もちろん賞など望むべくもなく、一家は、また押し掛けのワゴンに飛び乗り、アルバカーキ
へ戻っていった。しかし、来たときとは全く違った家族になっていた・・・・。

家族は、「家族である」のではなく、「家族になる」ために、それぞれの理解と努力が必要、
なんてことを感じた次第。
おじいちゃんの「ホントの負け犬は、負けることを恐れて何も挑戦しないヤツらだ」という
セリフがカッコいい!
愛に満ちた、ナイスな映画でした。
この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
by jazzyoba0083 | 2008-02-26 22:40 | 洋画=ら~わ行 | Comments(0)