007/カジノロワイヤル Casino Royale

●「007/カジノロワイヤル Casino Royale」
2006 アメリカ・イギリス MGM,Clumbia Pictures,144min.
監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッシ・ミケルセン、ジュディ・デンチ他
e0040938_1273310.jpg

過去4作にわたってジェームズ・ボンドを演じてきたピアース・ブロスナンに代わり、新たに
抜擢されたダニエル・クレイグ扮する6代目ボンドが初登場するシリーズ通算21作目。
e0040938_12151036.jpg

前の「カジノロワイヤル」は、デヴィッド・ニヴン主演で一連のダブルオーとは全く毛色の
違う作品だったが、今回は、ジェームズ・ボンドがダブルオーの称号をもらったところから
始まる、いわば007の原点を描いた作品。
allcinemaにも多数の投稿があるように、この映画に掛ける思いの大きさが判るが、
私も007ファンの一人として言わせて戴けば、エンタティンメンととしては良く出来ているが、
これは、ショーン・コネリーが作っていた頃の007ではないですね。誰をもってイアン・
フレミングの007とするかは、多数意見のあるところでしょうが、私としては、荒唐無稽
ながらも、洒落た会話が素敵なボンドであり、夢のアストンマーティンを駆るボンドで
あって欲しいわけです。

で、ダニエル君も頑張っていて、素敵ではありますが、全体的に「リアル」になりすぎていて
しかも、かつての東西冷戦構造が無くなり、テロとの対決に移行した構図は、ストーリーが
勢い複雑になりすぎていて、これを描くために時間も長くなるという悪循環に陥る。
なにもこの映画に限ったことではないですが。

この映画も、どんでん返しは効果的に配されているものの、ひねりが1つ多すぎて太い
ストーリーが判りづらくなっているようだ。
本部からお目付け役で送り込まれるヴェスパー(グリーン)、仲間かどうか?のマティス
そしてミスター・ホワイトと。最後のカタルシスが、今ひとつスッキリしなくちゃ、007とは
いえないと私は思うわけです。
e0040938_12155451.jpg

映画の中で、私が一番「お~!」と声を上げたのは、ボンドが、拉致されたヴェスパーを
アストンマーティンDBSで追跡するシーンで、道路に縛られて寝かされていた彼女を
猛烈なスピードで追いかけてきて発見、急ブレーキも間に合わず、1700万円もする
新車のアストンが10回位回転してメチャクチャになるところ。「もったいない!」と。
e0040938_12163794.jpg

それと、ヴェニスで歴史のありそうな家が海に沈むところ。どう撮ったのか知らないけど
良く出来ていたな。でも家の構造に知識のない私らは、ちょいと判りづらかったぞ。

エンタテインメントの塊である典型的な映画、007シリーズは「人間ジェームズ・ボンド」を
描くことを期待していないのであります。
詳しいストーリーなどはallcinemaにて。

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/7524153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-03-17 00:13
タイトル : 007 カジノ・ロワイヤル
 『最初の任務は、自分の愛を殺すこと。』  コチラの「007 カジノ・ロワイヤル」は、007シリーズとしては21作目、そして6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグのお披露目となるワケなんですが、先週12/1公開となりましたね。既にご覧の方も多いかと思いますが、....... more
by jazzyoba0083 | 2008-03-13 23:55 | 洋画=た行 | Trackback(1) | Comments(0)