フィクサー Michaerl Clayton

●「フィクサー Michael Clayton」
2007 アメリカ Samuels Media,Castle Rock Entertainment,120min.
監督・脚本:トニー・ギルロイ
出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スゥィントン、シドニー・ポラック他

       <2007年度アカデミー賞助演女優賞受賞作品>
e0040938_2012492.jpg

アカデミーに7部門ノミネートされながら、結局ティルダの助演女優賞のみに留まった。
今年のアカデミーは作品がみんな地味だったが、この作品も地味だったなあ。味わいは
あるのだけれど。「スゥイニー・トッド」以来のシネコンでの鑑賞だったが、小屋は新作にも
関わらず小さい。地味さ加減がわかろうというものだ。

ストーリのプロットはシンプルなのだが、登場人物が絡んでくると複雑になり、途中で
少々眠くなってしまう。

『ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック&レディーンに所属するマイケル・クレイトン。
(クルーニー)公に出来ない案件を裏で穏便に処理する“フィクサー”を長年務めている彼は、
かつての弁護士職に戻るタイミングを失い、問題山積の私生活でも、ついには従兄弟が抱えた8万ドルにも及ぶ借金を肩代わりする羽目に陥っていた。
そんな中、巨大農薬会社U・ノース社に対する3000億円の集団訴訟でU・ノース社の弁護を
担当していた同僚のトップ弁護士アーサー(トム)が、原告との大詰めの協議の最中、突然
服を脱ぎ出すという奇行に出てクライアントを困惑させてしまう。
そこで上司から事態の収拾を任されたマイケルだったが、やがてアーサーがU・ノースを
敗北に導く決定的証拠を掴んでいることを知ってしまう。
一方、U・ノース社の敏腕女性弁護士カレン(ティルダ)もこの緊急事態に対処するため
秘かに行動を開始するが…。(by allcinema)』
e0040938_20124773.jpg

アーサーは荷物保管業者にダンボール21箱分の証拠文書を預けていた。マイケルは
これを探し出すことに成功、この書類を持ってU・ノース社と対峙する。和解を当然として
解決を急いでいたノース社だったが、マイケルが担当弁護士カレンに突きつけると、
カレンの口からノース社の陰謀が出てくる。これをマイケルの弟でNY市警の刑事に
録音させていたのだった。万事休すのノース社。
e0040938_20132281.jpg

なぜ、マイケルはこの行動に走ったかといえば、アーサーが、ノース社の陰謀で殺されて
いたからだ。弁護士には戻れないけどフィクサーとしての面目は立てたのだ。

冒頭で、マイケルのメルセデスが、彼の目の前で爆破されるところがあり、そこから4日前に
時間を戻し、顛末を解決する手法がとられる。だから、メルセデスの爆破は2回あり、
なるほど感の演出に役立っているというわけだ。
e0040938_2014827.jpg

この映画の詳しい情報は

こちら
まで。
Commented by oguogu at 2010-03-18 23:13 x
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ~。
内容が内容なだけに、地味さは仕方がないですかね?w
農薬会社が、小さな映画館でのみ上映するよう
裏から手を回したのかもしれません(爆
最後の鬼気迫るジョージ・クルーニは実に格好良かった。
by jazzyoba0083 | 2008-04-13 12:50 | 洋画=は行 | Comments(1)