ドレスデン~運命の日~ Dresden

●「ドレスデン~運命の日~ Dresden」
2006 ドイツ アルバトロス・フィルム 150分
監督:ローランド・ズゾ・リヒター 脚本:シュテファン・コルディッツ
出演:フェリシタス・ヴォール、ジョン・ライト、ベンヤミン・サドラー、ハイナー・ラウターバッハ他
e0040938_2363071.jpg

これがテレビ映画として作られた、とWOWOWで解説していたが、そうであれば、頭が
下がる。無防備都市宣言をしていたドイツの東部都市、ドレスデンを1945年2月14,15日
にかけてイギリス軍と米軍による大空襲で焼いた、業火の模様は、リアリティを持って凄い
勢いで迫ってくる。役者たちも、本物の火を使った火災旋風のシーンに必死の演技だった
そうだ。

ドレスデン爆撃は歴史に残る惨事であったが、こんなことがあったことをはじめて知った。
『テレベ河畔のフィレンツェ』と称される美しい古都が、悲惨な運命に晒されたとは。
e0040938_23113930.jpg

1900年ごろの美しいドレスデン。手前の橋が映画のラストを飾る

これを見ると、ナチスドイツも愚かだけど、こんな都市をの800機以上の爆撃機と約4000t
もの榴弾と焼夷弾で粉々にし4万人の非戦闘員を殺したイギリス軍もイギリス軍だ。
(映画の中でもそんなセリフが出てくるが。また東京空襲にも同じ理屈を見出すことが出来る)

『第二次大戦末期の1945年1月。美しい文化都市ドレスデンにも戦火の脅威が迫っていた。
父が営む病院で看護婦として働くアンナは、次から次へと運ばれてくる患者の対応に追われ
ながらも、恋人の外科部長アレクサンダーを献身的に支えていた。そんなある日、アンナは
病院内に身を隠していた兵士ロバートと出会う。
e0040938_2372393.jpg

負傷している彼を脱走兵と勘違いしたアンナは、彼を匿いつつ傷の手当てをする。やがて
ロバートが憎むべきイギリス兵だと気づいたアンナだったが、思いがけず彼に心惹かれて
しまうのだった。』(allcinema)

病院内に身を隠していたロバートは、撃墜されたイギリス空軍の機長。助かった仲間は
村人に殺された。彼のみ逃げて、病院に潜り込んだのだ。
戦争はキライ、ナチもイギリスもキライというリベラルなアンナは、ドイツの脱走兵だと
勘違いして助けるが、やがてイギリス人だと判る。しかし、婚約が近かったアレグザンダー
と今ひとつしっくり来ていないアンナは、病室でカラダの関係を結んでしまう。

アンナの父で病院長のカールは、ナチの地区責任者副官と手を結び、病院の麻酔薬を
ナチに横流しし金を稼ぎ、スイスのバーゼルに将来の自分の病院を建てる計画を立てて
いた。

アンナとアレグザンダーの婚約式に、ドイツ兵に変装して会場にやってきたロバートは
アンナを拉致し、加えて、自分が隠れている時に見つけた麻酔薬の隠し場所からモルヒネを
持ってきて、不正を知っているぞ、と父を脅した。
家のペントハウスに隠れていた二人は、父と婚約者に捕らえられ、アンナはバーゼルに
無理やり行かされることになり、ロバートは縛られて放置されナチが来るのを待つ身と
なった。
e0040938_238740.jpg

そこに大爆撃が始まった。バーゼルに行く列車も動かず、降り注ぐ爆弾に晒される
一行。一方ロバートは自分で縄を解き、脱走に成功、街に行くと、アンナたちと出会う。
父は、不正を詫びつつ爆死。アンナとアレグザンダーそれにロバートの3人は、呉越同舟と
ばかりに一緒に逃げる。駆け込んだ防空壕も酸素不足になり、脱出した3人は、地下道に
入る。しかし、落盤にあい、アンナとロバートは離れ離れになるが、アンナは手で瓦礫を
掻きだし再び一緒に。しかしアレグザンダーとは散り散りになってしまう。
空襲はさらに苛烈になり、街は炎に包まれ、全滅してしまう。

夜が明けて、外に出てみたアンナとロバートが見たものは、完全に崩れ去ったドレスデンの
街並みであった。行方が判らなかったアレグザンダーとも再び合流することが出来た。
呆然と街を歩く3人だった。街の象徴であった、聖母教会はかろうじてその形を保っていた。
e0040938_23132052.jpg

時は移り現代。ロバートはその後イギリスに戻り(な~んだ)パイロットとして生活していたが
北海への飛行の時、行方不明になった、と字幕で説明される。そして画面は実写フィルムに
変り、聖母教会の再建完成ミサの場面に。聖母教会は激しい空襲を生き延びたものの
1500度以上の高熱に晒されたため、ほどなく瓦解。
2005年に、元の姿に復元再建された。そのシーンに現れるアンナ。実写フィルムで
挨拶する市長さんが戦争の愚かしさを訴える。
e0040938_23141415.jpg

爆撃の高熱により瓦解した、再建前の聖母教会

e0040938_23152812.jpg

2005年に、空襲の瓦礫も使って再建された聖母教会

重いテーマだったが戦争と恋物語を同時進行させ、150分厭きさせない。アンナをなにかと
助ける看護婦は、夫がユダヤ人なのだが、空襲の直前、収容所行きの指令がくる。
そんなサイドストーリーも効果的に使われている。しかし、話がやや平板な感じがする。
それとラストのアンナとロバートの恋の行方があっけなかったな。
アンナに子どもが出来たっていってたけど、病院での一夜で出来た子か?アンナは
アレグザンダーと一緒にはならなかったのか?
基本線はラブストーリーで、戦争の悲劇というのはラストの実写フィルムに全部背負わせた
感じがないではないな。
それにしても、こんな惨劇がドイツであったとは歴史好きとしては勉強不足。連合軍はこの
爆撃の後もさらに爆撃を続けたのだという。

『ともあれ英米軍によるドイツへの無差別爆撃で305,000人から600,000人が死亡して
いるが、これら空襲が本当に終戦を早めたかどうかについては論争の多い疑問点となっ
ている。
では、なぜ戦略的価値のない都市がこのような激しい空襲に見舞われたのか。
ある仮説として「ポーランド方面からドイツ国内に侵攻するソ連軍に、米英の軍事力を見せ
つけるため」というものがある。一種の軍事的アピールの一環として、ドレスデンを目標した
というものだ。それに対する明確な答えは存在しない。ただ、多くの人命が意味も無く失わ
れたという事は事実である。』とウィキペディアには記されている。
この映画の情報は

こちら
まで。
トラックバックURL : http://jazzyoba.exblog.jp/tb/7872234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-05-05 00:43
タイトル : 映画『ドレスデン、運命の日』
原題:Dresden 第二次大戦中、日本では京都が爆撃機による空爆を免れたが、ドイツでも歴史的建造物に彩られた文化都市ドレスデンだけは空襲などないと思われていた・・ エルベ川流域の文化と芸術の美しい都ドレスデン、その病院でナースとして働くアンナ(フェリシタス・... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-05-05 10:41
タイトル : DRESDEN
「ドレスデン -運命の日-」 ... more
Tracked from とんとん亭 at 2008-05-05 20:43
タイトル : ドレスデン、運命の日
「ドレスデン、運命の日」 2007年 独 ★★★☆☆ 「みえない雲」で原発事故の恐怖を擬似体験したが、こちらは戦争での空襲の恐怖 を体験できる。 戦争下とはいえ、明るく真っ直ぐに生きる主人公アンナ(ヴォール)の日常や家族、 そして敵兵との恋を軸...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2008-05-07 00:37
タイトル : ドレスデン、運命の日(試写会)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  美しき街を襲った悲劇の一日    ... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2008-05-07 22:56
タイトル : 映画 【ドレスデン、運命の日】
映画館にて「ドレスデン、運命の日」 「ドレスデン空襲」という衝撃の史実を本格的に映画化した初めての作品。 おはなし:第二次世界大戦末期の1945年2月、ドイツきっての文化と芸術の街ドレスデン。看護婦のアンナ(フェリシタス・ヴォール)は、病院に隠れている1人の兵士ロバート(ジョン・ライト)を発見した。アンナは野心的な外科医の婚約者アレクサンダー(ベンヤミン・サドラー)がいるにもかかわらずロバートに惹かれるが、彼は敵であるイギリス兵だった。 戦後も60年以上経つと『ヒトラー〜最後の12日間〜』や『善...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-05-13 18:26
タイトル : <ドレスデン、運命の日> 
2006年 ドイツ 151分 原題 Dresden 監督 ローランド・ズゾ・リヒター 脚本 シュテファン・コルディッツ 撮影 ホリー・フィンク 音楽 ハラルド・クローサー  トーマス・ワンカー 出演 フェリシタス・ヴォール  ジョン・ライト  ベンヤミン・サドラー    ハイナー・ラウターバッハ  カタリーナ・マイネッケ  マリー・ボイマー 第二次世界大戦の末期の1945年1月、美しい街並みのドレスデンにも戦火が迫っていました。 父が経営する病院で看護師として働いてい...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-05-09 17:24
タイトル : ドレスデン、運命の日
 『美しいその街は、 一夜で崩壊した』  コチラの「ドレスデン、運命の日」は、第二次世界大戦末期に連合軍による空爆で壊滅的な被害を受けたドイツの美しい街ドレスデンを舞台に、引き裂かれた家族と恋人たちを描いた真実の物語です。戦争映画としてのメッセージやテー....... more
Commented by みのり(楽蜻庵別館) at 2008-05-13 18:33 x
この映画を観るまではドレスデンの空爆のことなど知らなかったので、映画で勉強しちゃった感じです。 あんなステキな婚約者がいるというのに敵兵を好きになってしまうのって分からないな~と思いました。
Commented by jazzyoba0083 at 2010-05-27 20:50
みのりさん コメントありがとうございます。レスが大幅に遅れましてすみません。ドレスデンの空爆は欧州では知らおれた話なのでしょうが、われわれは殆ど知らないですね。
こうした事実を知るのも映画の楽しみです。ただし、正しい
真実を・・。
by jazzyoba0083 | 2008-04-24 23:45 | 洋画=た行 | Trackback(7) | Comments(2)